すばるの雑談

健康に関する情報をメインに、趣味や日常など幅広いジャンルでお届けするブログです。

スポンサーリンク

1日1分から!ヨガポーズ「壁への足上げ」で得られる効果がとんでもなかった!?

一日の終わりに壁に沿わせて足を上げる。

 

たったこれだけのことで、

  • 足の疲れとむくみの解消
  • 血流促進効果
  • リラックス効果
  • 消化機能の改善効果

などのたくさんの嬉しい効果を得ることができます。

 

柔軟性や筋力を必要とせず、非常に親しみやすいヨガポーズである「壁への足上げ」

今回は、「壁への足上げ」のやり方のポイントとその効果について解説していきたいと思います。

 

 

壁への足上げ:やり方のポイント

壁への足上げ やり方のポイント


肝心の「壁への足上げ」のやり方をご紹介していきます。

読んで字のごとくですが、いくつか注意すべき点があるので、そこを押さえていきましょう。

 

まずは、「壁への足上げ」ということで、お尻を壁にできるだけ近づけて足をまっすぐ上に上げてください

お尻を壁に近づければ近づけるほど、L字型の状態になり、腰や背中周りの緊張を解放しやすくなります。

 

ただし、注意点として、完全にお尻を壁にくっつける(直角に曲げる)のは、腰回りの循環を妨げる恐れがあるのでNGです。

できるだけお尻と壁を近づけつつも、数センチは壁から離してあげることを意識しましょう。

※このとき、腰の下に小さなクッションを置いてあげると、状態を維持しやすくなります。

 

あとは腕を伸ばして脱力し、呼吸に集中します。

ゆっくり息を吸い、時間をかけて吐き出すを繰り返し、リラックス状態に突入していきましょう。

 

 

時間については、15~20分が十分な効果を得るために必要な時間とされていますが、実際にやってみると、まあまあこのポーズしんどいです(笑)

そのため、できる方は15~20分を目安に行ってあげ、足がしんどいなと感じる方は1分からでも効果ありなので、無理せず行ってあげましょう。

※20分以上の長時間の実践は逆効果になる恐れがあるので、オススメしません。

 

 

壁への足上げの効果

「壁への足上げ」によって得られる効果は多数存在しますが、ここでは代表的な効果を4つほどご紹介します。

 

①足の疲れとむくみ解消効果

「壁への足上げ」によって身体の中心となる軸が整い、身体のコリや張りをほぐしてくれる効果が期待できます。

特に、足からお尻周りの疲れを取るのに最適なポーズなので、一日の終わりに行ってあげることで足の疲れや不快感を解消できます。

 

また、「壁への足上げ」によって、腎臓から生じる循環トラブルの解消も見込めます。

特に、デスクワークが多い方などは足から心臓への循環が悪くなり、足のむくみが生じやすいので、足のむくみ解消も兼ねてぜひやってあげましょう。

 

脚痩せも期待できるポーズで、脚をスッキリさせたい方にもオススメなポーズです!

 

 

②血流促進効果

「壁への足上げ」によって、全身の血流が良くなります。

 

全身の血流が良くなることで、

  • 疲労回復効果
  • 代謝改善効果
  • 肩こり・腰痛の緩和
  • 肌がきれいになる。
  • 睡眠の質アップ

などの嬉しい効果を得ることができます。

 

日常的な健康や美容の悩みは血行不良からきていることが多いです。

とりわけ、冷え性にお悩みの方は積極的に取り入れていきたいポーズになります。

 

 

③リラックス効果

足上げによる脳への酸素供給と深呼吸によって、心拍数が低下して弛緩反応を誘発してくれます。

結果として、副交感神経優位のリラックス状態に突入させることができ、不安やストレスの解消も見込めます。

 

現代人は緊張状態である交感神経優位になりやすく、この状態が睡眠の質低下に大きく影響していると言われています。

そのため、一日の終わりに行ってあげることで、日中の緊張状態から心身を解放し、深い睡眠が期待できるようになります。

 

特に、寝る前に不安やストレスに襲われ、なかなか寝付けないという人には持って来いのポーズです。

 

 

④消化機能の改善効果

「壁への足上げ」のポーズは腸の働きを良好にし、消化機能の働きを改善してくれます。

そして、継続的に行うことによって、栄養の吸収を助けるとともに便秘の改善が期待できます。

 

便秘を始めとした消化器系の悩みを抱える方は、ぜひとも取り入れたいポーズになります。

 

 

まとめ

f:id:subaru7s:20200308141257p:plain

お尻を壁にできるだけ近づけて足をまっすぐ上に上げる。

たったこれだけのポーズですが、「壁への足上げ」は今回紹介した効果を始めとするたくさんの嬉しい効果が期待できます。

 

柔軟性や筋力を必要としないこのポーズ。

ぜひ寝る前に毎日行ってあげ、心身を良いコンディションに導いてあげましょう!

 

書評:『AX(アックス)』 ~超一流の殺し屋は恐妻家!?~

みなさん、こんにちは。すばるです。

本日は書評記事の方を書いていきたいと思います。

 

本日紹介する作品は、伊坂幸太郎さんの『AX(アックス)』です。

殺し屋シリーズの第三作目であり、つい最近、待望の文庫化がなされた本作品。

 

伊坂さんの魅力が詰まりに詰まった一冊となっています。

 

 

 ⇓殺し屋シリーズ一作目『グラスホッパー

www.subaru7s.com

  ⇓殺し屋シリーズ二作目『マリアビートル』

www.subaru7s.com

 

 

 
 

個人的評価

・読みやすさ:☆☆☆☆

・興味深さ:☆☆☆☆☆

・オリジナル性:☆☆☆☆☆

・再読したい:☆☆☆☆☆

・知識:☆☆☆☆

総合評価:A⁺

 

※あくまで個人的評価です。

総合評価についてはS~Dまでで評価しています。

 

 

 内容

〇目次

AX

BEE

Craton

EXIT

FINE

 

 

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克己もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克己が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐために仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。物語の新たな可能性を切り拓いた、エンタテインメント小説の最高峰!

(裏表紙)

 

超一流の殺し屋として知られる兜。

 

その一方で、家では妻を恐れてビクビク過ごす日々。

常に妻の機嫌を伺い、口答えなんてとんでもなしのその様子は、息子にも呆れられるほど。

 

最強の殺し屋が最も恐れるのは妻だった!?

『殺し屋』であり、『一人の父親』の物語ーー

 

 

感想

本作品はまず何といっても、登場人物の人物設定が最高ですね。

 

「最強の殺し屋」と聞くと、もはや怖いものなしのように感じますが、それが家では普通の父親を超え、妻に全く頭の上がらない父親に。

このギャップに引き込まれていったように感じます。

 

兜の妻に頭が上がらないエピソードは数多く存在しますが、個人的に好きなエピソードを一つ紹介します。

 

 

 

同じ殺し屋である蜜柑(マリアビートルに登場)との会話の中で、「一家の大黒柱が仕事終わりの夜食にカップラーメンは情けない」という話に。

 

しかし、兜は…

カップラーメンなんて食べれるわけがない。

ビニールを破る音、蓋を開ける音、お湯を入れる音、全てがうるさくて翌朝、妻に文句を言われると思ったら、気が気でない。

 

蜜柑「なら、おにぎりかバナナか」

 

兜「時として、妻が夕食(夜食)を作って待っててくれることがあるが、その際、意外に妻の手料理が多く、おにぎりもバナナも口に入れる気にならない。

そして、おにぎりやバナナは意外に日持ちしない。」

 

蜜柑「つまり?」

 

兜「最終的に行きつくのは魚肉ソーセージだ。

あれは音も鳴らなければ、日持ちもして、腹にもたまる。ベストな選択だ。」

 

 

超一流の殺し屋が、家ではここまで気を遣ってビクビクしているのです。

 

少々の恐妻家でも、ここまで歪んだ思考には辿り着きませんよね(笑)

それを裏では「最強の殺し屋」として知られる男が。

と、まあこのギャップが本作品の圧倒的魅力かと。

 

 

加えて、個人的に感じた本作品の魅力が「ラスト約30ページでの圧倒的どんでん返し」です。

 

伊坂さんの作品といえば終盤にかけての伏線回収が有名ですが、本作品は、伏線回収より最終盤での一瞬のどんでん返しといった感じでした。

そのため、終盤にかけてじわじわ面白さが伝わってくるというより、その一瞬に面白さが凝縮されていたように思います。

 

 

これまでの伊坂さんの魅力に加え、新たな世界観を見せてくれた本作品。

 

『殺し屋』としての兜、『恐妻家』としての兜、『一人の父親』としての兜。

どれも一癖も二癖もあり、最高でした!

 

最後に、本書をオススメしたい人を紹介して終わろうと思います。

〇本書をオススメしたい人

伊坂幸太郎さん好きの方
・終盤のどんでん返しが好きな方
・妻に頭が上がらないエピソードありの方

 

このような人はぜひ本書を手に取って読んでみてください。

 

※最初に紹介した殺し屋シリーズ、『グラスホッパー』、『マリアビートル』を読んだ後に本作品を読むと、より面白く感じること間違いなしです。

 

 

⇓特にオススメな伊坂さんの作品。

www.subaru7s.com

www.subaru7s.com

 

情報過多な現代社会が生み出すストレスとは!?デジタルデトックスで心の不調を改善しよう!

  • 不安やストレスによく襲われる。
  • やる気が出ず、無気力状態が続く。
  • 頭がスッキリせず、疲労を常に感じる。

こんな症状に悩む方はいませんか?

 

実はこれらの症状は、あることをしてあげるだけで大幅に改善され、健康的な脳と安定した心が手に入ることが分かっているのです。

 

・集中力や記憶力アップ
・理解力やIQアップ
・忍耐力やコミュニケーション力アップ
・幸福度アップ
・不安やストレス減少

といった数多くの嬉しい効果が得られるあることとは何か?

 

ずばり、デジタルデトックスです。

 

 

今回はデジタルデトックスが、現代人の抱えるストレス等の心の不調に有効な理由をお話していきます。

 

 

 

情報過多の現代

情報過多


現代病とも言われるストレスですが、そもそもなぜ現代人はストレスに悩まされるのでしょうか?

 

その最たる理由は情報過多であると言われています。

メディアやインターネットの普及に伴って、現代は恐ろしいまでの量の情報が氾濫しており、これが現代人のストレスに大きな影響を与えているというわけです。

 

実際に、「情報量」の増加に比例して、「うつ病患者」も増加していることが知られています。

 

 

情報過多がストレスを引き起こす理由

情報過多 ストレス


「え、情報過多がストレスに繋がるの?」

「情報多い方が生活が豊かになるんじゃないの?」

このような疑問を持つ方も多いと思います。

 

情報過多がストレスに繋がる理由は様々ありますが、

  1. 脳のオーバーヒート
  2. ネガティブな感情の吸収

この2つが主な理由として挙げられます。

 

 

脳のオーバーヒート

まず、情報が増えたということは、単純に脳への負担が増加したことを意味します。

情報の増加=脳の処理量の増加ですからね。

 

加えて問題になってくるのが、デジタルデバイスの普及に伴うマルチタスク作業の増加です。

 

・テレビを見ながらご飯。
スマホYouTubeを見ながら作業。
・テレビを垂れ流しながらスマホを構う。

一昔前とは異なり、現代ではこれらは当たり前になってきました。

 

このマルチタスク状態の時、脳で何が起きているかというと…

テレビ⇒食べる⇒テレビ⇒食べる⇒…といった感じで、脳の使う場所を高速で切り替える「タスクスイッチング」が行われており、脳に大きな負担をかけてしまっているのです。

 

つまり、周りから見たらマルチタスクとして同時に二つのことをこなしているように見えますが、脳内ではものすごい負担をかけながら1つずつ高速で処理をしているというわけです。

 

実際に、タスクスイッチングは

・集中力40%ダウン
・IQ10ダウン
・注意力が低下し、ミスが1.5倍に
・作業スピード40%ダウン

といった悪影響を引き起こすことが知られています。

 

 

そして、このようにして脳への負担が増加していくと、脳は

  • 一つのことに没頭できなくなる
  • ストレスホルモンの過剰分泌
  • 不安やストレスを処理する容量を失う

と最悪の状態に陥ってしまうのです。

 

一つのことに没頭できなくなれば、次々に不安やストレスが脳裏をよぎるようになりますし、ストレスホルモンが過剰分泌されれば、無気力状態やイライラ状態に陥りやすくなります。

そして何より、キャパオーバーの脳はこれらの状態を正常に処理できず、不安やストレス、心身の不調が積もり重なっていく。

 

これが情報過多によって、ストレス等が引き起こされるメカニズムです。

 

 

ネガティブな感情の吸収

テレビのニュースやSNSなどの情報の多くには、ネガティブな感情が付随しています。

  • 有名人の病気や死去
  • 事件や災害について
  • 不正や不祥事の発覚
  • 他人の誹謗中傷のようなもの

など、これらはどれも私たちの心を明るくしてくれるものではありません。

 

そして、何より問題なのは、ネガティブな感情を知らず知らずのうちに受け取ってしまう点です。

何気なくニュースを見ているときや無意識にSNSを漁っているとき、このとき私たちの脳内には大量のネガティブな感情が流れ込んできています。

 

つまり、普段の生活の中で、私たちは無意識のうちに脳内をネガティブな感情でいっぱいにされているのです。

 

脳内がネガティブな感情でいっぱいになれば、当然、不安やストレスは感じやすくなります。

また、前向きな気持ちにもなりにくいので、無気力状態にも陥りやすいです。

 

大量の情報が引き起こすネガティブな感情にも注意が必要です。

 

 

デジタルデトックスをしよう!

デジタルデトックス


情報過多がストレス等の心の不調の原因になっていることは分かって頂けたと思います。

 

この心の不調を解決してくれるものこそ、デジタルデトックスです。

デジタルデトックスというのは、デジタル機器(スマホやテレビ、パソコンなど)と一定の時間(期間)距離を置くというものです。

 

デジタルデトックスを行ってあげることで、脳のオーバーヒートや脳内へのネガティブな感情の流れ込みを防ぎ、大幅にストレスを減らすことができます。

脳に余裕を持たせられ、不安やストレスも生まれにくい状態にしてくれるデジタルデトックス

 

もちろん、一日中完全にネット断ちするというのも良いですし、必要最低限以外デジタル機器に触れない、夜のSNS禁止などの自分ルールで行ってあげるのもOKです。

 

デジタルデトックスで心の不調を改善し、QOLの向上を目指しましょう!

 

検索流入に悩むブロガー必見!検索流入アップを狙えるオススメリライト術!

ブロガーであれば、誰しもが自分のブログを多くの人に見てもらいたいものですよね。

ブログのpvを上げる方法はいくつかありますが、代表的なものにリライトで検索流入アップを目指すというものがあります。

 

今回は、ブログ毎日更新を一年続けてきた僕が、オススメのリライト術をご紹介していきます。

※本記事は検索流入がなかなか伸びない方向けの記事になっています。 

 

  • seoの基礎知識
  • リライトの基本
  • どんな記事をリライトすれば良いのか
  • どのジャンルの記事でも使えるリライト術

これらを伝えていくので、現在検索流入で伸び悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい!

新規記事を書く際にも役立つ知識満載ですよ。

 

 

 

そもそもどの記事をリライトすれば良いの?

どの記事からリライト


リライト、すなはち過去記事の書き直しですが、やたらめったらリライトを行ってあげれば良いというわけではありません。

もちろん時間に余裕があれば、以下で紹介するリライト術や他の方が紹介しているリライト術を全ての記事に試してあげても良いのですが…

 

実際問題、「そんな時間ないよ~」という方がほとんどだと思います。

 

だからこそ、ブログ自体のpvを上げるためには、リライトに優先順位をつけてあげる必要があります。

ここでは、そのポイントについて解説していきます。

 

 

〇検索順位ごとのクリック率

1位:21.12%

2位:10.65%

3位:7.57%

4位:4.66%

5位:3.42%

6位:2.56%

7位:2.69%

8位:1.74%

9位:1.74%

10位:1.64%

(Internet Marketing Ninjas2017より)

 

少し古いデータになりますが、こちらは検索順位ごとのクリック率を示したものになり、当然下に行けば行くほどクリック率は低下しています。

 

そして、このクリック率から伺えることですが、基本的にseo対策には

  • 1位と2位の間
  • 3位と4位の間
  • 10位と11位の間

と3つの壁が存在します。

 

この壁を乗り越える、すなはち、

  • 2、3位の記事⇒1位に
  • 4~10位の記事⇒3位以内に
  • 11位~の記事⇒10位以内に

とすることができれば

pvは大きく伸びていきます。

 

 

そのため、リライトする記事というのは、

  • 3つの壁のどれかを超えれそうなこと
  • キーワードボリュームがそれなりにあること

この2つの条件を満たしているものから選んであげることをオススメします!

※なお、11位~の記事をリライトする場合はできるだけ20位以内のものから優先してあげることをオススメします。

 

良くない例としては、

・明らかに勝てそうにない1位の記事があるにも関わらず、2位の記事を必死にリライト。

・ほとんど検索されそうにないキーワードで11位~の記事を10位以内に入れようとする。

などです。

 

これらは、時間の無駄もしくは時間の割に成果が得られにくいため、優先順位としては後回しにしてあげることをオススメします。

 

 

検索流入アップのためのオススメリライト術

検索流入アップ リライト術


リライトすべき記事も見えてきたということで、ここからはいよいよ検索流入アップのためのリライト術をご紹介していきます。

 

なお、今回は

  • タイトルの見直し
  • 見出し関連の見直し
  • 本文の見直し

についての基本的な部分をお話していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

 

タイトルの見直し

・キーワードが入っているか
・左詰めの状態で入っているか
・文字数は適切か(28~32文字あたりがベスト)

 

簡単かつ短時間ででき、効果絶大のリライト術は「タイトルの見直し」です。

とりわけ、キーワードが左詰めで入っているかというのはしっかり確認しましょう。

 

キーワードが入っているか

このキーワードですが、例えば、「睡眠」に関する記事を書いたとして、「睡眠 質 上げる方法」というキーワードで一定数検索があったとします。

この際、タイトルに「睡眠」だけ入っていて、「質 上げる方法」が入っていないのはseo的に非常にもったいないです。

 

至急「睡眠 質 上げる方法」を全部入れたタイトルに変えてあげましょう!

 

 

左詰めの状態で入っているか

なお、左詰めというのは、「緑茶 効果」などのキーワードで一定数検索があった場合、

A、「魅力的な効果がたくさん!今日から緑茶を飲もう」

B、「緑茶には魅力的な効果がたくさん!緑茶でストレスやうつを改善」

 

これらのタイトルでは、「緑茶 効果」の順に並んでいるBの方が、seo的には評価が高いということです。

細かい部分になりますが、ぜひチェックしておきましょう。 

 

 

文字数の調節等

その他、余裕があれば文字数の調節を兼ねて、より読者が興味を引くようなタイトルにしてあげるとなお良しです。

なお、タイトルの文字数は28~32字程度が良いとされていますが、キーワードが組み込まれていて興味を引くものであれば、そこまで気にする必要はありません。

※極端に短い、極端に長いタイトルはNGです。

 

読者の興味を引く方法として簡単にできるものは、数字をタイトルに入れてあげるというものです。

「~~3選」「5つの~~」などといった感じで数字をタイトルに入れてあげると、タイトルがスッキリするのでオススメです!

 

 

 

✅見出し関連の見直し

・大見出しに左詰めでキーワードが入っているか
・大見出しの下に関連画像を入れる。
・画像にalt属性を指定。
・大見出し直後の文にキーワードを入れる。

 

大見出しに左詰めでキーワードが入っているか

まずはタイトル同様、大見出しに左詰めでキーワードが入っているかを確認しましょう。

全てのキーワードを入れるのが難しい場合でも、最低1語(核となるキーワード)はどの大見出しにも入れることを推奨します。

 

なお、当然大見出し以外の見出し(中見出し、小見出し)にもキーワードは入れてあげた方がseo的には評価が高いです。

 

とはいえ、全ての見出しにキーワードを盛り込むのは難しい場合もあるでしょう。

その際は、大見出し>中見出し>小見出しの順で見出し内のキーワードは評価を受けるので、最低限大見出しにはキーワードを盛り込むようにしましょう。

 

はてなブロガーの方はこちらも参考に!

www.subaru7s.com

 

 

大見出しの下に関連画像を入れる。

次に、大見出しの下に関連画像がなければ入れ、入っている場合でもalt属性の指定がされているか確認しましょう。

 

文字数が少なければ問題ありませんが、検索される記事を目指すとなるとどうしてもある程度の文字数になってきます。

その際に、文字だけだと読む側の離脱率が高まってしまうので、ぜひ大見出しの下に関連画像は入れてあげるようにしましょう。

※画像の入れ過ぎも離脱率の上昇に繋がるので注意が必要です。

 

 

画像にalt属性を指定

加えて、画像は入れているけど、alt属性の指定はしていないという方。

ユーザー目線は問題ありませんが、Google等の検索サイト側からすれば、何の画像か分からず評価の仕様がありません。

 

ぜひalt属性の指定をして、「この画像は〇〇だよ~」というのを、検索サイト側に教えてあげましょう。

※「alt=”〇〇〇〇”」で指定してあげればOKで、〇〇〇〇は大見出しコピーでも問題ありません。

 

 

大見出し直後の文にキーワードを入れる

これらに加えて、大見出し直後の文はキーワードを含む文から話を広げてあげることをオススメします!

 

例、

大見出し「睡眠の質を上げる方法」

(関連画像)

睡眠の質を上げる方法として、〇〇が良いということが△△大学の研究によって明らかになりました。その方法というのが、・・・

 

不自然なくキーワードを本文中に入れ込むこともできるので、可能な範囲でリライトするようにしましょう。

 

 

 

本文に関する見直し

・指示語の代わりにキーワードを!
・キーワードはできるだけ近接で使う。
・<strong>タグは多用しない。

 

さて、いよいよ本文に関するリライト作業に入っていきます。

 

指示語の代わりにキーワードを!

まず第一にですが、特定のキーワードで検索順位の上位を取ろうと思ったら、当然そのキーワードが一定数以上、本文に散りばめられていなければいけません。

やはり、上位の記事ほどキーワードが明確化されていますからね。

 

その際に、指示語(「あれ」「これ」「それ」)を使用するのは非常にもったいないことです。

もちろん読みやすい文章が第一なので指示語も必要ですが、基本的には指示語の代わりにキーワードを使ってあげるようにしましょう。

 

 

キーワードはできるだけ近接で使う

加えて、キーワードはできるだけ近接で使うように意識しましょう。

 

例えば、ルービックキューブ 魅力」のキーワードで一定数検索がある場合、

×…ルービックキューブは老若男女問わず楽しめる、気軽に始められるなど、たくさんの魅力があります。

〇…ルービックキューブはたくさんの魅力があります。例えば、老若男女問わず楽しめる点や値段が安く気軽に始められる点などです。

といった感じで、できるだけキーワード内の言葉同士を近付けて使うようにしましょう。

 

 

<strong>タグは多用しない

また、<strong>タグの多用(太字)もNGです。

<strong>タグは読者側はもちろん、検索サイト側にもこの部分が重要だよ~というのを伝える役割があります。

 

その際、<strong>タグが大量だっだらどうでしょう…

 

「いや、重要な部分多過ぎてどれか重要か分からないよ!」と検索サイト側からツッコまれちゃい、評価を下げられてしまいます(笑)

ノートに色ペン使いすぎて、どこが重要か分からなくなる現象と同じですね!

 

色ペンは適度に使ってあげるからこそ、重要部分が明確になるのです。

そのため、<strong>タグを多用している際は、検索サイト側にアピールしたいキーワードのみに絞って使うようにしましょう。

 

※デザイン的に太字にしたいという際は、<span class="bold"></span>のタグを使用することで、読者側だけに視覚的に強調してあげることが可能です。

 

 

最後に

f:id:subaru7s:20200308141257p:plain

検索順位を上げるためのリライト術を紹介してきました。

どれも基本的なものばかりですが、検索順位を上げるのに貢献してくれること間違いなしです。

 

ぜひ今回紹介した項目を一つずつチェックしてみて下さい!

リライトで記事の検索順位を上げ、ブログのpvアップにつなげていきましょう。

 

マイクロバーストで一日中やる気や集中力を持続させ、一日を有意義なものに!

  • やる気が続かない…
  • 集中力が続かない…
  • 一日をダラダラと過ごしてしまう…

こういった悩みを抱える方は多いですよね。

 

これらの悩みを解決するのに運動が良いというのはよく聞く話だと思いますが、今回は中でも、やる気や集中力を一日中持続させる運動テクニックをご紹介していきます。

一日の作業効率を上げたい方や一日を充実したものにしたい方は必見ですよ!

 

 

マイクロバーストの効果

やる気や集中力を一日中高い状態で保ってくれる、マイクロバーストと呼ばれるテクニックをご紹介します。

肝心のマイクロバーストですが、一定時間ごとに細く運動を繰り返して行うというものです。

 

簡単に言えば、夕方に30分ジョギングや1時間ジムといった感じでまとまって運動するのではなく、1~2時間おきに5分程度の運動を行ってあげるというものです。

 

このマイクロバーストですが、

  • 食欲増進の防止効果
  • 高い集中力を一日中キープできる。
  • 一日を通して感じる疲れが少なくなる。
  • やる気やモチベーションが一日中持続する。

など、多くの嬉しい効果が得られる事が確認されています。

 

 

やる気や集中力のアップ効果

実際に行われた研究では、20歳から50歳の男女30人を対象に、以下の3つのパターンを試してもらい、やる気や集中力等を測定しました。

  • 朝に30分ウォーキングして、6時間の座り仕事を行ったグループ
  • 1時間おきに5分間のウォーキングを6回繰り返して、6時間の座り仕事を行ったグループ
  • 運動はしないで、6時間の座り仕事を行ったグループ

 

この実験からどのようなことが分かったのか?

 

・運動をしたグループの方が、運動をしなかったグループよりはるかにやる気や集中力が高かった。

・朝まとまった運動をしたグループは、その直後一気に幸福度や活力が高まり、その後やや緩やかになった。

マイクロバーストを行ったグループは、一日を平均して最も高い水準でやる気や集中力等を維持していた。

これらのことが分かりました。

 

つまり、運動がやる気や集中力、幸福度に効果があることはもちろん、細かく分けて運動を行った方が一日を通して高いパフォーマンスを発揮できることが本研究から明らかになったのです。

 

 

疲労感が減り、食欲増進の防止効果もあり!

上記の研究では、一日の仕事後の疲労感もマイクロバーストを行ったグループが最も少なかったという結果も得られています。

同じ時間仕事をしているにも関わらず、疲労感を軽減できるのですから、マクロバースト恐るべしですよね。

 

その他、食欲増進の防止効果も確認されており、マイクロバーストはダイエットにも効果的です。

なお、食欲増進の防止効果というのは、食欲がなくなるといったものではなく、ストレスによるドカ食いや無駄な間食をしなくて済むようになるということです。

 

とりわけ、ダイエットに挑戦中で、「運動した反動でたくさん食べてしまう…」という悩みを抱えている方はマイクロバーストにトライしてみることをオススメします!

 

 

マイクロバーストで一日を有意義なものに!

一日という時間は皆平等です。

ダラダラと過ごした一日もやりたいことを全力でやった一日も、同じ一日という時間に変わりはありません。

 

しかしながら、どうせなら後者の一日を選びたいですよね。

 

やりたいことを全力で行うためのやる気や集中力を維持してくれるマイクロバースト

1~2時間おきに少し外に散歩に出かけたり、室内でスクワット等をしてあげるだけでOKです。

 

ぜひマイクロバーストで一日を有意義なものにしていきましょう! 

 

 

 

 ⇓やる気が出ない状態に悩む方はこちらを参考に!

www.subaru7s.com

 ⇓一日だけでなく、人生そのものを大きく変えたい方はこちらを参考に!

www.subaru7s.com

 

ACE COLLECTION(エースコレクション)『Lady』歌詞解説 ~夢のために別れを選んだ男女の切ない想い~

みなさんはACE COLLECTIONというアーティストを知っていますか?

 

AbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」の主題歌:『70億にただ1つの奇跡』、映画「明日、キミのいない世界で」の主題歌:『約束のしおり』などが有名なアーティストであり、

  • イケメン4人組バンド
  • デジタルでの音楽配信
  • CDを出しておらず、テレビでの露出も少ない。

と、何ともプレミア感の高いACE COLLECTION。

 

今回は、そんな彼らの曲の中でも僕の一押し曲、3rdシングル『Lady』をご紹介したいと思います。

 

 

ACE COLLECTION『Lady』:MV


ACE COLLECTION - Lady 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

まずは、MVがこちら。

全体的に薄暗いシーンが多く、歌詞が小さく出ては消えてを繰り返すなど、切ない世界観が伝わってきます。

 

MV内では、仲の良さそうな男女(カップル)が登場し、非常に親密な様子が伝わってきますが…

やがて、二人は離れ離れに。

 

大好きな彼女だからこそ、一緒にいられないことの切なさ・辛さがひしひしと伝わってくる本MV。

 

幸せになれるはずだった二人を引き裂いてしまったものとは何か?

 

 

ACE COLLECTION『Lady』:歌詞解説

MVでの謎を紐解くためにも、歌詞の意味に迫っていこうと思います。

 

まずは曲名の『Lady』ですが、これはレディー、すなはち女性という意味で、ある女性のことを想って歌った曲とみて間違いないかと。

このある女性というのは、MVに出ていた女性とみてよさそうですが、男性は彼女に対してどんな想いを曲にしたのか…

 

※歌詞の解釈は個人的なものですので、予めご了承ください。

 

 

現実逃避

 

薄暗い夜だって

僅かな星の明かり辺り

見渡しても何もない

街灯がこっち見て光ってる

寂しい夜に1人空を見る

あーだのこーだの言ったって

やるしかないことは決まってて なのに

やりたくないことは理由つけて

逃れようと必死になって

 

(ACE COLLECTION『Lady』/作詞:たつや◎ 作曲:たつや◎)

 

薄暗い夜の中、ぼんやりと空を眺める男性(主人公)の様子が伝わってきます。

ぽつんと街灯だけが光っている誰もいない夜の中で、男性は寂しさに心が蝕まれてしまっています。

 

やるしかないことは分かっている。

でも、やりたくないが積み重なって何とかそこから逃げ出したいと考える男性。

いわゆる、現実逃避状態ですね。

 

無気力状態で心が空っぽになっている男性。

どうやら何か大切なものを失ったのではないかと推測できますね。

 

 

過去と現在の対比

 

Ah Ah Ah…今日も月が綺麗ね

Ah Ah Ah…Hey Lady

 

(ACE COLLECTION『Lady』/作詞:たつや◎ 作曲:たつや◎)

 

誰かと一緒に見ている空は非常に美しく感じますが、一人で見ている空は非常に寂しく感じてしまうものです。

この歌詞の前半部分は彼女とともに空を見上げていた過去を表しており、後半部分は1人で空を見上げている現在を表していると推測できます。

 

「月が綺麗ね」と言いながら彼女と見上げていた空。

「月が綺麗」という言葉には、『あなたのことが大好きですよ』という意味も含まれている言われており、彼女のことが大好きだった男性の様子が伝わってきます。

 

一方、現在パートでは、隣にはもういないはずの彼女を「Hey Lady」と、ふと呼んでしまいたくなる男性の様子が伝わってきます。

 

彼女が隣にいて幸せだった過去と、一人ぼっちで寂しい現在。

現在も彼女のことを想っている様子から、男性の失った大切なものは「彼女」ではないかと推測できます。

 

 

幸せそうな彼女に嫉妬

 

夜空の中にひたすら君探して

僕がいなくても幸せそうな君に嫉妬して

あの日丘の上で2人で語った

夢の続きを僕は追いかけている

 

(ACE COLLECTION『Lady』/作詞:たつや◎ 作曲:たつや◎)

 

いつも当たり前のように隣にて、大好きだった彼女。

男性は今でも彼女を失った心の傷を埋めれていないのに、彼女の方は幸せそうな様子。

 

自分がいなくても幸せそうな彼女に嫉妬してしまう男性。

この気持ちは痛いほどよく分かりますね。

 

恋人と離れ離れになったとき、幸せになってほしいと願う反面、自分のいない世界で幸せそうな表情をしてほしくない。

そう思うのは男性の独占欲のようなものでしょうか。

 

自分といない彼女に幸せになってほしくない。

彼女のことを想う男性の気持ちが素直に描かれている歌詞になります。

 

そして、二人で語った夢とは何だったのか?

 

 

夢を語った丘の上

 

薄暗い夜だって

僅かな星の明かりが

あるだけ十分なのかもね

あの日の丘の上もほんのり

月明かりが僕ら照らすくらいだ

もう少しだけ暗かったっけ

その分光るありったけの星

2人だけで話す未来図

 

(ACE COLLECTION『Lady』/作詞:たつや◎ 作曲:たつや◎)

 

男性が彼女と一緒に夢を語り合ったあの日。

 

おそらくですが、夢のために二人は一緒にいられなくなったのかと思います。

男性が夢を追いかけるためには、二人で一緒にいることが困難なことだったのではないかと。

 

しかしながら、このときの二人の様子からは、明かりなど必要ないくらいにキラキラと輝いていたことが伺えます。

 

夢を叶えて彼女のもとに戻ってくる。

きっとそんな思いを男性は持っていて、女性もそれを信じていたのではないでしょうか。

 

 

夢と恋愛の天秤

 

卒業してから2年が経って

今君はなにをしてるの

君があの日月灯りに

照らされて泣いたりするから

僕は今も君に会いたい

でもその気持ちは押し殺して

食いしばって生きてる

 

(ACE COLLECTION『Lady』/作詞:たつや◎ 作曲:たつや◎)

 

卒業から2年という部分から、学生時代のエピソードで、今はお互いに別のステージで頑張っている様子が伝わってきます。

 

彼女側の様子からもお互いに好きでたまらなかったということが伺えますが、恋愛という二つの大きなものを天秤にかけた末、別れを選んだのでしょうね。

お互いに大好きだけど、男性ののためには別れを選ばざるを得なかった…

 

男性側は二年経った今も彼女を思い続けている、会いたいと思っている。

でも、夢に向かって頑張ると決意したあの日を無駄にしないために、後押ししてくれた彼女の思いを無駄にしないために、今も歯を食いしばって夢を追い続けようとしているのかと。

 

 

彼女が好きだからこそ今も夢を

 

たまにもう終わらせたくもなるけど

あの瞳に嘘はつきたくないから

あの日丘の上で二人で語った

夢の続きを君に見せたいから

夜空の中にひたすら君探して

何もしなくても

輝いてる星が羨ましくてさ

あの日丘の上で2人で語った

夢の続きを僕は追いかけてる

Ah Ah Ah Hey Lady

 

(ACE COLLECTION『Lady』/作詞:たつや◎ 作曲:たつや◎)

 

夢を諦めてあの頃の彼女との幸せな時間に戻りたい。

これが男性側の本心なのでしょうね。

 

でも、あの日の彼女の涙を覚えているからこそ、辛いながらも自分の夢を後押ししてくれた彼女を想い、大好きな彼女に夢の続きを見せるために今も頑張っているのでしょう。

夢と恋愛、彼女のことが好きだからこそ、彼女を想い続けているからこそ、男性は今も夢の方を追いかけ続けているのかと。

 

 

ACE COLLECTION『Lady』:まとめ

お互いを想い合い、大好きだった男性とその彼女。

男性が夢を追いかけるために、夢と恋愛を天秤にかけて、別れることを選んだ二人。

 

男性は今も彼女を想い続け、時として、辛く感じることも現実から逃げ出したくこともある。

だけど、彼女とのあの日の決意を無駄にしないために、彼女を想いながら今も夢に向かって頑張っている。

 

 

これが、『Lady』の歌詞に込められたストーリーなのかと思います。

 

夢と恋愛、二つの大きな選択肢の中から夢を選んだ男女。

お互いに想い合っているいるにも関わらず、一緒になれない2人。

 

切なく、心にグッとくる曲になっているので、ぜひ聴いてみて下さい!

 

毎日更新一年を達成して思うこと ~読者の皆様方、本当にありがとうございます!~

みなさん、こんにちは。すばるです!

本日は土曜日ということで、今週の振り返りと小話の方をしていきます。

と言いたいところですが…

 

実は今日は、僕にとって特別な日なのです。

 

そう、今日は僕がブログを始めて毎日更新366日目(うるう年の関係)、つまり毎日更新一年を達成した日になります。

(パチパチパチパチ)

 

ということで、今日は去年の3月29日にブログを始めてから毎日更新を一年続けてきた僕が、いろいろと思うことを語っていきます。

お付き合い頂けたら喜びます!

 

 

何かを継続することはそれだけで素晴らしい

毎日更新一年を達成して一番に思うことは、「何かを継続することはそれだけで素晴らしい」ということです。

 

僕自身、ブログを一年続けてきましたが、ブロガーとしてはまだまだ未熟ものです。

  • 読者:180人
  • 月間PV:20,000~30,000
  • 月間収益:PVの30%~40%程度

こちらが僕の現状のブログレベルで、twitterを眺めていると、僕より短い期間でこれ以上の実績を残している方は山ほどいます。

 

 

しかしながら、僕は思うんです。

実績云々はもちろん大切ですが、それ以上に、継続してきたことにもっと大きな意味があるのではないかと

 

ブログでもそうですし、他の何かでもそうですが、「何かを続ける」というのは非常に難しいことです。

ブログであれば、素晴らしい実績を残す人がいる中で、やめてしまった人はその何倍、何十倍もいるのが現実です。

 

だからこそ、「何かを続ける」というのは、それだけで大きな意味になるのではないかと。

 

「何かを続ける」ことは難しいからこそ、それができれば、自分の個性に大きなプラスをもたらしてくれます。

つまり、自分という人間の証明になります。

 

例えば、ブログに料理レシピを毎日投稿しているなんて聞いたら、「お、この人は普通の人と違うな」と思いますよね。

 

別にこれは、ブログでも、資格の勉強でも、趣味に関することでも、何でも良いと思います。

自分にとっての何かを継続していれば、それは自分にとっての強みになり、自分という人間に自信を持てるようになります。

 

 

これは僕自身も非常に実感していることであり、ブログを始めるまでの大学一年生の頃は、普通にバイトして、普通にサークルして、普通に単位を取って、それなりに友達もいてと、いわゆる”普通の大学生”でした。

 

それが悪いことだとは思いませんが、周りとの違いを感じれなかったのも事実です。

つまり、自分という人間を説明する”何か”がなかったのです。

 

しかしながら、ブログを一年間継続してきたことで、僕は自分にとっての”何か”を手に入れ、自分に自信が持てるようになりました。

 

 

そんな実感があるからこそ、ブログやその他、何か継続しているものがあるけど、結果(実績)が出ないことに悩むみなさんに伝えたいです。

その継続は決して無駄ではないですよ!

 

挫折しそうになることはきっと何度もあると思います。

ですが、そのときにもう少しだけ頑張ってみようと思えたら、間違いなくそれは成長に繋がっていきますよ。

 

 

今後の「すばるの雑談」について

毎日更新を一年続けてきたわけですが、今後の自身のブログ運営に関して考えていることがいくつかあります。

 

それがこちら。

  1. ブログ関連の記事の執筆
  2. いくつかの記事及びカテゴリーの整理
  3. 更新頻度について

 

①ブログ関連の記事の執筆

僕はこれまでpv報告を始めとするブログ関連の記事を書くことはほとんどありませんでした。

しかしながら、「毎日更新一年ブロガー」という肩書も手に入ったことですし、僕自身が一年間ブログと向き合う中で得たノウハウのようなものを記事にしていけたらと思っています。

 

目から鱗の素晴らしいノウハウがお伝え出来ることはないかもですが…

 

僕みたいな立場の人間だからこそ、伝えられるものもあると考えています。

seo関連の情報やリライトに関してなど、同じブロガーのみなさんのお役に立てるものをお届けできるように頑張ります!

 


②いくつかの記事及びカテゴリーの整理

この記事が366記事目となり、この一年で様々な記事を書いてきたわけですが、僕にとってはどれも思いで深い記事ばかりです。

しかしながら、記事数やカテゴリーの増加に伴い、自分目線からも読者やサイト目線からも記事を探しにくくなっているのは事実です。

 

そこで、一年という一区切りのこの機会に、あまりアクセスを集めなくなっている記事やカテゴリーについては少しずつ整理(削除)していけたらと思っています。

 

頑張って書いてきた記事を整理するのはかなり悲しい気もしますが、その分更に良い記事を積み上げていければと思います。

 

 

③更新頻度について

去年の3月29日にブログを始めてから一年、一日も休むことなく更新を続けてきたわけですが…

一年という区切りも付いたことですし、今後の更新頻度については、「無理のない範囲で毎日更新」としたいと思います。

 

来年度からは3年生になり、講義自体は少し余裕が出てくるものの、テスト前や実習期間は今年度以上の忙しさが予想されます。

 

その際は、無理して毎日更新にこだわるではなく、余裕のあるタイミングで自分の満足いく記事を上げれたらと思っています。

とりわけ、ブログ2年目に突入ということで、一つ一つの記事のクオリティアップを目指していけたらと考えています。

 

 

とはいえ、ブログをやめるという選択肢は現状ありませんし、少なくとも春休み期間中は毎日更新を続ける予定です。

毎日のちょっとした隙間時間に当ブログに足を運びに来て頂けたら、喜びます。

 

 

最後に

ブログを始めてからの一年。

長かったようであっという間の一年に感じます。

 

去年の3月29日が昨日のことのように思い出せる反面、いろいろなことがあったなとたくさんの思い出が脳裏をよぎります。

アドセンスに合格できたこと。
・初めてスマートニュースに載った日のこと。
・初めてバズって3日で20,000pv近くいったこと。

他にも数えきれないくらいたくさんの思い出が。

 

改めて一年間続けて来れて良かったなと思います!

 

はてなブログの読者のみなさん、twitterを通じて僕の記事を見に来てくださるみなさん、その他この一年で僕のブログに足を運んで下さったみなさん。

本当にありがとうございます!

 

ブログ2年目に突入しても頑張っていくので、今後ともよろしくお願いします。