ブログ関連

Googleアドセンスは減点方式による採点!?採点方式から見るアドセンス合格法

アドセンス 採点基準 減点方式

みなさん、こんにちは。すばるです!

先日の記事で、Googleアドセンスに合格したという報告をさせてもらいました。

アドセンス はてなブログ
Googleアドセンス合格しました! はてなブログで『サイトの停止または利用不可』に悩む人向けみなさん、こんにちは。すばるです! 本日、大学から帰ってメールを開いたところ、GoogleさんからGoogleアドセンス合格メール...

twitterではたくさんの祝福のリプを頂き、本当に嬉しい限りでした。

 

さて、上記の記事内で触れていますが、僕は『サイトの停止または利用不可』に苦しめられ続け、『価値の低い広告枠』については結果としてスルーすることができました。

しかし、『価値の低い広告枠』の通知が来てからも戦えるように、アドセンスに関する勉強は進めていました。

今回はその勉強の中で得た知識を、忘れないうちに書き留めておこうと思います。

 

アドセンス合格を目指す方のお役に立てれば嬉しいです。

※今回紹介させてもらうものは、あくまでネットで拾ってきたものやそれに基づく僕の推測などであり、100%正しいものばかりではありません。

 

アドセンスは減点方式による採点!?

比較的多くのサイトで見かけたのですが、アドセンスの採点方式はおそらく加点方式ではなく、機械による減点方式で行われているというものです。
(以下、この仮定のもと話を進めます)

つまり、どんなに良いサイトに見えても、何か1つの大きな欠陥があると不合格になってしまうということです。

 

逆に言えば、各項目で減点を食らわないように気を付ければ合格は十分に狙うことができます。

 

僕の調べた限りで気を付けていくべき項目は、以下の5つです。

そして、個人的には番号が若いほど減点度合いが高いと予想しています。

  1. 禁止コンテンツの有無
  2. 各コンテンツへのアクセス
  3. 1コンテンツ当たりのボリューム
  4. コンテンツの重複
  5. サイトデザイン

以下、1つずつ詳しく説明していきます。

 

1、禁止コンテンツの有無

これはアドセンス合格を目指す上で、1番注意を向けなければいけない部分だと思います。

どんなに良いサイトに見えても、禁止コンテンツが含まれていたらまず合格はできないでしょう。

 

具体的に、禁止コンテンツとは

・不適切な記事
コンテンツポリシーに違反する記事
例、危険または中傷を含む記事)

・著作権を無視した画像や動画の使用

などが挙げられます。

 

特に画像については、フリーのものかどうかをしっかりと確認し、そうでないなら別のものに差し替えるか、出典を明記するようにしましょう。

 

2、各コンテンツへのアクセス

これはpv数があるかどうかではありません。

  1. Googleに自分の記事が全て認識されているか
  2. サイトから全ての記事へ飛べるか

この2点です。

pv数がアドセンスの合否に影響することはほぼ間違いなくありません

 

これについてはサーチコンソールの活用をオススメします。

サーチコンソールで自分の記事がインデックス登録されているかの確認をし、もしされていないものがあればインデックス登録のリクエストをしましょう。

はてなブログ等で途中から独自ドメインに切り替えた方は、インデックス登録されていない記事が存在する可能性が大いにあります。

 

また、記事数が多い方は

  • サイトマップの送信
  • カテゴリー分け

をしておくことで、Googleやユーザーに記事を見つけてもらいやすくなりますので、ぜひ積極的に行いましょう。

 

3、1コンテンツ当たりのボリューム

これは端的に言えば、1コンテンツあたりにどれだけ有益な情報が詰め込まれているかです。

要するに、1コンテンツあたりで有益な情報が少ない場合は減点対象となりやすいです。

雑記ブログで合格が難しいと言われているのはおそらくこれが原因かと…

 

個人的に考える対策としては

  • 文字数を増やす。
  • 情報の根拠を明示。
  • 受け手の求める情報を考える。

などです。

 

文字数については何文字以上が良いということはないと思いますが、多ければ多いほど有益な情報が含まれる可能性は上がります。

イメージとしては

1000文字の記事で有益な情報の割合が80%
⇒1000×0.8=800

2000文字の記事で有益な情報の割合が60%
⇒2000×0.6=1200

このような感じで、文字数が増えていくと1コンテンツに含まれる有益な情報量は上がります。

ブログにおいて求められるのは、情報の網羅性>文字数の多さです。

理想は少ない文字数で情報を網羅してあげることですが、ブログ始めたてで難しい場合は文字数で網羅性をカバーするのもOKです!

【関連記事】ブログの文字数の目安とは?

 

また、情報の根拠となる文献や外部サイトを記載することで、情報の信憑性が高まり、有益な情報と判断されやすくなります。

他サイトと類似の記事はオリジナル性に欠け、減点対象になりやすいので、十分に気を付けましょう。

 

4、コンテンツの重複

これはGoogleに、サイトの中に同じような記事があるよ~と判断されてしまうことです。

一部で言われている「記事数が多過ぎない方が受かりやすい」というのはこれが原因です。

 

なお、注意すべき人としては、

  • 記事数が多い人
  • ブログの運営報告記事が多い人
  • 似たようなタイトルが多い人
  • 「~シリーズ」の記事がある人

が挙げられます。

 

そして、これらの対策としては、

  • タイトルの変更
  • 重複記事候補を下書きに戻す
  • 不要なURL、インデックスの削除

が挙げられます。

 

特に、タイトルの変更によって受かったという方もおられるので、まずはタイトルの変更から入ってみるのをオススメします。

※僕は記事数も多め(96記事)で、似たようなタイトルも多い中受かったので、コンテンツの重複の判断要因はなかなか難しいです。

 

5、サイトデザイン

これは広告枠として運用する際に、サイトが見やすいものかどうかです。

やはり、見にくいサイトというのは広告枠としての価値が低いと判断されやすいようです。

WordPressに比べてはてなブログ等が合格しにくいのは、サイトデザインの面が大きいと思います。

 

簡単にできるものとしてはメニューバーの設置です。

  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ
  • カテゴリー

は、サイドバーやフッターなどに設置しておくと良いでしょう。

サイトデザインに関しては、始めの内は自分と同じブログ(テーマ)を使っていて見やすいと感じる人のデザインを丸パクリでOKです。

ブログに慣れてきたら徐々にオリジナル性を出していくようにしましょう。

 

めちゃくちゃきれいなデザインを目指す必要はないと思いますが、最低限のユーザーへの配慮がしてあると減点を受けにくくなります。

 

まとめ

アドセンス合格のためには、減点を受けにくいサイト作りを心がけていきましょう!

特に引っかかりやすい部分としては、

3、1コンテンツあたりのボリューム
4、コンテンツの重複

の2つだと思います。

ぜひ本記事でご紹介している内容を試していただけたらと思います。

 

また、お問い合わせプライバシーポリシーの設置などがしてあると、合格率は高まります。

下記のチェックリストもぜひ参考にしてみて下さい!

☑プライバシーポリシー設置
☑お問い合わせ設置
☑アナリティクス連携
☑サーチコンソール連携
☑サイトマップ送信(/sitemap.xml)
☑ドメインの転送
☑URLの末尾に/を追加


☑重複したタイトルの変更
(重複コンテンツを避けるため)

☑似た記事の削除
☑サーチコンソールを用いてのインデックス登録
☑プロフィールの設置

※区切り線より上は僕の実践したこと、下は実践はしてないですが、やった方が良いとアドバイスを頂いたものです。

こちらの記事もオススメ!