ブログ関連

アフィリエイト収益爆伸びのための心理学テクニック9選【具体例付き・即応用可能】

アフィリエイト 収益 心理学 
ケロ君
ケロ君
ペン先生、アフィリエイトで収益が全然発生しないよ~
ペン先生
ペン先生
ケロ君、それは君の文章に問題があるんだよ!
ペン先生
ペン先生
アフィリエイトで収益を上げようと思ったら文章で読者をひきつける必要があるんだ。
ケロ君
ケロ君
えー、そんな魔法のような方法があるんですか?
ペン先生
ペン先生
よし!じゃあ今日はアフィリエイトで稼ぐための人を操る文章術について話していこうか。
ケロ君
ケロ君
楽しみ!よろしくお願いします!

 

本記事では、

  • セールスライティングで使える心理学
  • アフィリエイトで稼げるようになるための心理学

について解説していきます。

計9個の心理学テクニックを具体例を交えながら解説していくので、本記事を読み終えた後には即レベルアップが可能になります。

本記事を熟読すれば、アフィリエイト収益が爆伸びするかもしれませんよ!

・ブログ初心者の方
・アフィリエイト記事の書き方が分からない方
・pvは伸びてきたけど、アフィリエイトはイマイチという方

 

アフィリエイト収益爆伸びの心理学テクニック9選

アフィリエイト 収益 心理学

アフィリエイト収益爆伸びのための心理学として、以下の9個をご紹介していきます。

どれも再現性が高いものばかり、加えて具体例付きなので、すぐに自分のブログに応用可能となっています。

1、プロペクスト理論
2、カリギュラ効果
3、権威への服従
4、ウィンザー効果
5、ハンドワゴン効果
6、アンカリング効果
7、フレーミング効果
8、希少性の原理
9、決定回避の法則

 

①プロペクスト理論

プロペクスト理論は、人は得をしたいという思いよりも、損をしたくないという思いの方が倍強いという理論です。

より分かりやすく言えば、人間は成功するより失敗を避けたいということです。

 

アフィリエイトで使える具体例

アフィリエイトでは、”成功”や”期待感”といったものではなく、”機会損失”や”リスクの少なさ”を訴えると良いということです。

つまり、「この商品はお得ですよ!」よりも「この商品を買わないと損ですよ!」の方が、倍以上の効果が見込めるというわけです。

・〇〇保証付き
・初回半額キャンペーン中

といった文言も、購入者側の”損””失敗”といった感情をなくすために有効的に働きかけています。

 

②カリギュラ効果

カリギュラ効果は、禁止されればされるほど余計にその行動をやりたくなってしまう心理のことです。

「この箱は絶対に開けないでください」と言われたら、中身はなんだろう?と開けたくなってしまうあの心理です。

 

アフィリエイトで使える具体例

YouTubeのCMなどでよく見かけると思いますが、「効果が出過ぎて本当にやばいので、本気で痩せたい人以外は絶対に使用しないでください」などはカリギュラ効果の典型的な例です。

このように上手に禁止表現を取り入れることで、上の例であればダイエットを目指す方は強く興味を惹かれます。

〇カリギュラ効果として使えるワード

・悪用厳禁
・他言厳禁
・効果が絶大すぎて買い過ぎには要注意!
・〇〇な人以外は絶対にしないでください。

 

③権威への服従

権威への服従は、権威のある人の意見に従ってしまう心理のことです。

「あの人の言うことは正しい!」、「あの人が言っているんだから信用できる!」といった感じですね。

 

アフィリエイトで使える具体例

アフィリエイトでは、商品やサービス紹介の際に、権威ある名前や有名人を登場させるようにしましょう。

例えば、

  • 「俳優の〇〇も使用中のこちらの商品」
  • 「△△美容クリニック院長も愛用」
  • 「◇◇推薦!社会人一年目が絶対に読むべき本」

などといった感じです。

権威性を高めることはGoogle E-A-Tを高めることに繋がり、記事自体の評価アップにも繋がっていきます。

ぜひ意識的に実践していきましょう。

>Google E-A-Tとは何か?E-A-Tを高める方法について

 

④ウィンザー効果

ウィンザー効果は、当事者よりも第三者の言葉の方が信憑性や信頼性が増すというものです。

 

アフィリエイトで使える具体例

アフィリエイトでは、口コミや他人のレビューの引用がオススメです。

自分一人で「この商品はいいですよ~」と宣伝するより、第三者の方々が「○○な良さがあった!」「この商品を使ってこんな変化が現れた」などと宣伝した方が、読者側は商品を信頼できます。

 

例、健康関連のサプリ

男性の口コミ
男性の口コミ
このサプリを使い始めて、朝のだるさや倦怠感が少しずつなくなっていきました。今では朝からスッキリとした気分で一日をスタートできます。
女性の口コミ
女性の口コミ
最初は本当に効くのかな~と半信半疑でしたが、使い始めて一週間くらいで日中の疲労感がなくなってきました。おかげで仕事が捗りますし、もう手放せませんね。

※口コミやレビューは「具体的な数字」「購入前の心境」が書かれているものをセレクトすると、より成約率アップを狙えます。

 

⑤ハンドワゴン効果

ハンドワゴン効果は、他人と同じ行動を選択することで、安心感を得ようとする心理のことです。

「他の人がやっているからやろう」、「他の人がこっちを選んだから私もこっち」などと行動を選択することはよくありますよね。

 

アフィリエイトで使える具体例

アフィリエイトでは、その商品やサービスに人気があること(多くの方が購入・使用していること)を全面的にアピールしましょう。

具体的には、

  • 〇〇賞受賞の話題の商品
  • 累計△△本売り上げた人気の商品
  • 20代の4人に1人が使用中の人気サービス◇◇

このようなアピールが効果的です。

よくよく見ると、CMでもよく目にする決まり文句ですよね。

 

⑥アンカリング効果

アンカリング効果は、最初もしくは同時に提示された特徴や数値が印象に強く残り、その後の判断に影響を与える心理のことです。

例えば、

最初に「〇〇60%配合」といった情報を目にすると、次に「〇〇80%配合」といった商品を見かけたとき良い商品に感じる。

最初に5万円の商品を見ると、次に見た商品が1万円だった際に安く感じる。

といった感じです。

 

アフィリエイトで使える具体例

アフィリエイトでは、自分が本当に売りたい商品(本命商品)の前に、それより特徴が劣るものや値段が高いものを先に紹介するというのが有効です。

特に値段は、ユーザー目線非常に気にする部分なので、上手くアンカリング効果を用いて心理的抵抗を下げる必要があります。

 

⑦フレーミング効果

フレーミング効果は、表現を変えることで印象を変える心理効果のことです。

例えば、

  • 合格率90%
  • 不合格率10%

事実としては同じことを表していますが、前者の方がプラスの印象を受けますよね。

模試でA判定だったのに、「う~ん、不合格の可能性が10%あるな」などと言われたら溜まったものじゃありませんよね。

 

アフィリエイトで使える具体例

ユーザー側からしたらあまり好むものではありませんが、マーケティング業界で使われているフレーミング効果を用いた文章を紹介します。

本商品を購入した95%が効果を実感し、買って満足したと回答しています。

【フレーミング効果の部分】

・母数や調査層が分からない。
⇒実は少ない母数で男性or女性、若者or老人を対象にした調査かもしれない。

・効果が出るまでの期間が分からない。
⇒本商品以外の別の要素が原因かもしれない。

このように、データや事実を巧みに使いこなして印象操作を行うのが、フレーミング効果です。

※明らかな嘘や誇張はNGです。

 

⑧希少性の原理

希少性の原理とは、希少性が少ないほど需要が減り、希少性があるほど需要が増えるという心理です。

マーケティングであれば使われていない場面を見ないくらい有名な手法です。

 

アフィリエイトで使える具体例

アフィリエイトでは、

  • GW限定
  • 100個限定
  • 次回入荷予定なし
  • この値段で買えるのは今だけ!

などのフレーズを使い、「このタイミングで買わなければ…」といった心理を誘発するようにしましょう。

とりわけ、”数量””時間”の希少性に訴えるのは非常に有効な方法です。

 

⑨決定回避の法則

決定回避の法則というのは、選択肢が多ければ多いほど、選択ができなくなっていく心理のことです。

例えば、家電選びに行った際、選ぶ候補が何十個もあったら選択するのが非常に難しいですよね。

選択肢の多さは興味こそ引くものの、実際の選択には不利益を被ります。

 

アフィリエイトで使える具体例

アフィリエイトでの応用例は、単純にユーザー側の選択肢を狭めてあげようというものです。

「エレキギターオススメ30選」といった記事は、エレキギター好きの興味は引くものの、記事を楽しんで終わりになりやすいです。

ユーザー側の購入を考えるなら、「エレキギターオススメ5選」と数を抑えた記事にした方が成約率は高まります。

 

アフィリエイトに心理学を応用して収益アップを!

アフィリエイト 心理学 収益アップ

このようにアフィリエイト心理学を応用していくことで、読み手を引きつけ、収益アップを狙うことが可能です。極めれば収益爆伸びも夢じゃありませんよ!

今回は代表的な心理学テクニックをご紹介していきましたが、その他にも多数の心理学テクニックが存在します。

※例えば、本記事のタイトル”9選”というのも、切りのいい数字よりも端数を使った方が信憑性が向上するという「端数効果」を用いています。

 

そのため、更に心理学について学びたいという方は、こちらの「影響力の武器」がオススメです。

少し値段は高めですが、多数の心理学テクニックが網羅されており、値段以上の学びを得ることができます。

 

また、読みやすい本としてはメンタリストのDaiGoさん著人を操る禁断の文章術もオススメです。

様々な場面において、書くべき内容とその書き方が一目で分かるようになり、自身のスキルアップに大きく貢献してくれる一冊です。

 

なお、これからアフィリエイトを始めるという方は、A8.net、もしもアフィリエイトが個人的にオススメです。
※どちらも無料で登録可能です。

【参考記事】ブログ・アフィリエイト初心者にオススメのASPはこの2つです

ぜひ今回紹介した心理学テクニックを活用してみて下さい。


 

 

こちらの記事もオススメ!