雑談

自転車のタイヤのキャップが持つ役割とは?無いと何が問題なのかを徹底解説!

自転車 タイヤ キャップ 役割

自転車の空気入れをしようとしていたら、あれキャップがない…

意外とこのような経験がある方は多いのではないでしょうか?

 

小さくてちょっとした機会になくしてしまうことも多い自転車のタイヤのキャップですが、実は重要な役割を持っています。

今回は、自転車のタイヤのキャップが持つ役割について徹底解説していきます。

 

自転車のタイヤのキャップが持つ役割とは?

結論から言えば、自転車のタイヤのキャップがなくてもすぐには困りませんが、長期的に見ると問題が発生してしまいます。

というのも、自転車のタイヤのキャップがなくなったからといって、すぐに空気が抜けて自転車に乗れなくなるなんてことはまずありません。

 

しかしながら、この小さな部品には水分をタイヤの内部に入れず、弁の役割を持つ「虫ゴム」を保護するという働きがあります。

虫ゴムに水が入ると、虫ゴムがボロボロになって空気が抜けやすくなるため、タイヤが早くにダメになりやすいです。

 

つまり、タイヤのキャップは、ないからタイヤの空気がすぐに抜けるということはないものの、タイヤの寿命を延ばす意味ではあった方が絶対に良いと言えます。

 

自転車のタイヤのキャップの入手方法

自転車のタイヤのキャップがなくなっていたんだけど、どうすれば…?

 

そんな方は

  • ネット
  • 自転車屋
  • ホームセンター
  • ダイソーなどの100均

などで購入することが可能です!

ネットはやや高めなので、直接購入しに行くのをオススメします!

 

ちなみにですが、自転車屋によっては中古のタイヤキャップをタダでくれるところもありますよ。

自分はこの前なくしたときに最寄りの自転車屋でタダでもらいました!

 

まとめ

自転車のタイヤのキャップはなくてもすぐには困りませんが、タイヤの寿命を考えると絶対に付けた方が良いアイテムです!

普段からよく自転車を利用する方ほどしっかり付けておくことをオススメします。

 

購入場所を検討中の方はまずは近くの自転車屋に行ってみましょう。

 

こちらの記事もオススメ!