書評

書評:『マリアビートル』

書評 マリアビートル

みなさん、こんにちは。すばるです!

本日は久しぶりに書評記事の方を書いていきます。

 

本日紹介するのは、伊坂幸太郎さんの作品、『マリアビートル』です。

こちらの作品は、以前紹介した『グラスホッパー』と同じ「殺し屋小説」シリーズの一冊です。

書評 グラスホッパー
書評:『グラスホッパー』みなさん、こんにちは。すばるです! 本日は約2週間振りに書評記事の方を書いていきます。 本日紹介するのは、当ブログで...

グラスホッパーを読んでいない方は、そちらを読んでから読むと、より本作品を楽しめると思います!

個人的評価

・読みやすさ:☆☆☆☆

・興味深さ:☆☆☆☆☆

・オリジナル性:☆☆☆☆☆

・再読したい:☆☆☆☆☆

・知識:☆☆☆☆

総合評価:S

※あくまで個人的評価です。

総合評価についてはS~Dまでで評価しています。

 

 内容

〇目次

マリアビートル

ついていないから笑う

幼い息子の仇討ちを企てる、酒びたりの元殺し屋「木村」。優等生面の裏に悪魔のような心を隠し持つ中学生「王子」。闇社会の大物から密命を受けた、腕利きの二人組「蜜柑」と「檸檬」。とにかく運が悪く、気弱な殺し屋「天道中」。疾走する東北新幹線の車内で、狙う者と狙われる者が交錯する―。小説は、ついにここまでやってきた。映画やマンガ、あらゆるジャンルのエンターテインメントを追い抜く、娯楽小説の到達点!

(裏表紙)

 

東北新幹線の車内で繰り広げられる殺し合い。

誰かが別の誰かを狙い、その別の誰かがまた更に別の誰かを狙う。

狙う者と狙われる者、そして彼らの思惑が交錯するとき、そこに新たなドラマが生まれる。

ドキドキハラハラを超えた最高峰の娯楽小説!

 

感想

500ページ後半という大変長い作品でしたが、ストーリー展開のテンポの良さ、圧倒的な面白さに引き寄せられ、あっという間に読み終えることができました。

個人的に、伊坂さんの作品は、本作品や『砂漠』『ゴールデンスランバー』のような長めの作品に好きな作品が多いなと感じます。

 

さて、本作品ですが、一言で表せば「殺し屋たちの狂想曲」とでも言いましょうか。

新幹線という限りなく密室の中で、何人いるんだ?というくらい大勢の殺し屋たちがひしめき合う。

そこには、それぞれの思惑あり、緊迫感あり、プライドあり。

緊迫感を感じ、ドキドキを楽しみながらも、伊坂さんらしい独特の登場人物のキャラ設定のおかげで、ユーモアも感じ取ることができる本作品。

 

特に、蜜柑檸檬の2人は個人的に好きなキャラでしたね。

彼らのやり取り、そして頭脳プレイ(?)には思わずクスっとなること間違いなしです!

「殺し」がテーマとなっている作品でありながら、恐怖や残酷さを感じず、1つの物語として楽しめるのは、良くも悪くも伊坂さんの特徴なのかなと思います。

(個人的には良い点だと思ってます!)

 

また、伊坂さんの代名詞とも言える伏線回収は、本作品でも顕在でした。

一見何の脈絡もなさそうなやり取り、ただの無駄話に思えるようなお喋り、実はこれらが伏線となっていて、最後に一気に伏線回収!

相変わらずこの爽快感がたまりません!

本作品中の出来事の中に不要なものはない、そう言い切れるくらい緻密に計算された作品となっています。

読む際は、一つ一つの言動と行動に注意することを忘れずに!

 

クスっと笑えるシーンあり、爽快感あふれる伏線回収あり、大逆転劇ありの本作品。

ユーモアあふれる殺人者たちと一緒に2時間強の旅を楽しんでみませんか?

※冒頭でも話したように、『グラスホッパー』を読んだ後に読むと、より魅力を感じ取れると思います。

 

最後に、本書をオススメしたい人を紹介して終わろうと思います。

〇本書をオススメしたい人

・伊坂幸太郎さん好きの方
・ミステリー好きの方
・ドキドキハラハラを楽しみたい方
・「殺し屋小説」に興味のある方

このような人はぜひ本書を手に取って読んでみてください。

 

⇓伊坂幸太郎さんのオススメランキング

伊坂幸太郎おすすめ小説10選
伊坂幸太郎のおすすめ小説10選をランキング形式でご紹介!本記事を読めば伊坂幸太郎の魅力が丸わかり!伊坂幸太郎作品の中からオススメ本をランキング形式で10冊ほどご紹介していきます!あなたの好きな本も見つかること間違いなし!伊坂ワールドへようこそ!!...
こちらの記事もオススメ!