書評

【書評】ホワイトラビット|更なる進化を遂げた伊坂ワールドがここにあり!

書評 ホワイトラビット

伊坂幸太郎さんの作品『ホワイトラビット』を読み終えたので、書評の方をしていきたいと思います。

伊坂史上最高の「騙し合い」が幕を開ける!

伊坂幸太郎の大ファンな私としては、帯に書かれたこの一文に興味を惹かれずにはいられませんでした。

 

平成29年刊行の最近の作品ということもあり、これまでの伊坂作品の魅力が凝縮かつ更なる進化を遂げた一冊になっています。

ようこそ伊坂マジックの最先端へ!

≫伊坂幸太郎のオススメ小説10選

 

個人的評価

・読みやすさ:☆☆☆☆☆

・興味深さ:☆☆☆☆

・オリジナル性:☆☆☆☆☆

・再読したい:☆☆☆☆☆

・知識:☆☆☆☆

総合評価:A

総合評価についてはS~Dまでで評価しています

 

内容

兎田孝則は焦っていた。新妻が誘拐され、今にも殺されそうで、だから銃を持った。母子は怯えていた。眼前に銃を突き付けられ、自由を奪われ、さらには家族には秘密があった。連鎖は止まらない。ある男は夜空のオリオン座の神秘を語り、警察は特殊部隊SITを突入させる。軽やかに、鮮やかに。「白兎事件」は加速する。誰も知らない結末に向けて。驚きとスリルに満ちた、伊坂マジックの最先端!

警察、籠城犯、泥棒

全てを、疑え!

伊坂史上最高の「騙し合い」が幕を開ける!

 

このミステリーがすごい!第2位

週刊文春ミステリーベスト10 第3位

 

感想

大好きな伊坂幸太郎さんの作品+非常に興味を惹かれる帯・あらすじということで、本作品を手に取りました。

序盤は期待していたほどではなかったかも、視点の切り替えが多くて読みにくいかもといった感想を抱いていたのが正直なところですが…

物語の中盤から終盤にかけては巧みに練りこまれたストーリー構成に圧巻され、気付けばあっという間に読み終えていました。

 

伊坂作品と言えば物語の終盤での爽快感あふれる伏線回収が有名ですが、本作品はそれをもう一段階レベルアップさせた作品であるように感じました。

単に伏線を回収するだけでなく、複数の視点や神視点から一つの事件を語り、面白いように事件の全貌に迫っていく。

更なる進化を遂げた伊坂ワールドを肌で感じることができました。

神視点を含めた様々な視点での物語進行はやや読みにくさを伴ったものの、新たな伊坂ワールドを十二分に感じさせてくれました。

 

また、本作品では伊坂作品の人気キャラ黒澤も登場しますが、これがまた良い味を出していました。

(過去最高に黒澤目立っていたような…)

そのため、これまでに伊坂作品を読んだことのある方であれば、一味違った楽しみ方もできるでしょう。

 

複雑な仕掛けが多数登場することから好みが分かれそうな作品ではありますが、伊坂幸太郎の魅力が詰まった一冊であることは間違いなしです!

伊坂さん初心者の方も伊坂さんファンの方も、ぜひ本書を手に取って伊坂ワールドを感じてみて下さい。

 

〇クチコミ紹介

男性の口コミ
男性の口コミ
前半は話があっちこっちに飛ぶので読みづらさを覚えたが、後半からの種明かしの連鎖が凄まじい!また、作中には読者の疑問に応えるように著者が介入してくるが、それでも作品の邪魔にならないのはまさに伊坂マジックだなぁと。物語の面白さを何倍にもしてくれた。
女性の口コミ
女性の口コミ
本編に関係ない部分での笑いや、思いっきり広げた仕掛けを、最後に一斉に回収していく技、なるほど、これぞ伊坂ワールドだなって思う。そういった意味では本作品も伊坂ワールド全開。全く関係のない話の羅列のようで、段々と繋がっていき、しかも、そこでもどんでん返し。楽しいエンタメ作品だった。

 

最後に、本書をオススメしたい人を紹介して終わろうと思います。

〇本書をオススメしたい人

  • 伊坂幸太郎好きの方
  • サスペンス好きの方
  • 複雑な話をじっくり紐解きたい方

このような人はぜひ本書を手に取って読んでみてください。

 

 

こちらの記事もオススメ!