健康・ストレス

ダイエット挑戦中の方必見!無駄な買い食いを防ぐための方法

無駄な買い食いを防ぐ

ついついお菓子やファーストフードに手を出してしまう…

ダイエットや健康的な食生活を目指す人にとって、天敵とも言えるこの行動。

 

この行動に自己嫌悪を感じる方も多いですよね。

この行動の根本にあるのは、ずばり無駄な買い食いです。

 

今回はこの無駄な買い食いを防ぐための方法をご紹介していきます。

非常に簡単な方法なので、無駄な買い食いをしてしまいがちな人は必見ですよ!

 

無駄な買い食いに関する研究

ブライアン・ワンシンクという食心理学者が行った、無駄な買い食いに関する研究をご紹介します。

 

本研究では、120の参加者を3つのグループに分け、人間はどのような状況において健康的な食品を選ぶようになり、お菓子やファーストフードといったあまり健康に良くないとされる食べ物を避けることができるのかということを調べています。

結論から言えば、人間は自分の目の前に来たものを我慢するのはたいへん難しく、事前準備が大切であるということです。

 

そもそもですが、人間が自身の欲求を我慢できる確率は50%程度と言われており、偶然に近い確率でしか自身をコントロールできないのです。

つまり、どうすれば我慢できるかよりも、欲求を目の当たりにする前にどのような行動を取れるかを考えることが重要ということです。

 

では、その事前準備は何をすれば良いのか?

 

本研究では、スーパーやコンビニに行く前に

  1. 事前に一口りんごを食べてもらったグループ
  2. 事前にひとかけらのクッキーを食べてもらったグループ
  3. 特に何もしなかったグループ

と、120人の参加者を3つに振り分けました。

 

そして、それぞれのグループにスーパーに買い物に行ってもらったところ…

りんごを食べたグループはクッキーを食べたグループよりも28%、特に何もしなかったグループよりも25%、野菜やフルーツなどの健康的な食品を買う確率が高かったのです。

 

その他、りんごを食べたグループ、特に何もしなかったグループ、クッキーを食べたグループの順で、低カロリーなものを選ぶ傾向が強いことも分かりました。

つまり、本研究から、無駄な買い食いを防ぐためには事前に健康に良い食べ物を口にすると良く、反対にお菓子等を食べてから買い物に行くと、無駄な買い食いをしてしまう傾向が高まってしまうことが明らかになったのです。

 

買い物前のマインドセットを大切に!

買い物前に健康的なものを口にする、すなはち、健康に対するマインドセットを作ることで、無意識のうちに健康に良い食品を選びやすくなります。

それだけでなく、脳内に健康的なイメージを刷り込んでおくことで、お菓子等に対する誘惑にも強くなります。

 

無駄な買い食いによって、ダイエットに失敗したり、食生活が崩れてしまったりするみなさん。

買い物前に健康をイメージする行動を取り、マインドセットを作ってあげるようにしましょう。

  • 本研究のようにりんごを食べる。
  • コンビニに行く前に軽くナッツ類をつまむ。
  • サプリメントを飲んでから買い物に。

など、自身が健康に気を遣っているイメージを持てるものであれば何でもOKです。

ぜひ試してみて下さい!

 

⇓その他、日常生活に潜むダイエットの落とし穴についてはこちらから。

ダイエット 日常生活 落とし穴
日常生活の中に潜む意外なダイエットの落とし穴を知ろう!ダイエットしてるけど、なぜかうまくいかない… このような悩みを抱えている方はいませんか? それ、もしかしたらダイエッ...
こちらの記事もオススメ!