すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

読書のすすめ

みなさん、こんにちは。すばるです!

今週からぼちぼち春の新ドラマが始まってきましたね。

ドラマ好きの僕としては毎日の楽しみが増えてうれしいです。

みなさんはドラマとか見ますか?

もし何かオススメのドラマやこのドラマ今見てるよ~みたいなのあれば、twitterやブログのコメントで教えてほしいです!すごく喜びます。

(オススメの映画なども大歓迎です)

 

さて、今日の話題に入っていきます。

今日は僕の趣味である読書についての話をしていきたいと思います。

 

まず、僕の読書の習慣について少し話したいと思います。

僕は基本的に毎日寝る前の30分、1日休みの日でまとまった時間があるときに読書をします。寝る前の読書はスマホから目を休ませることにもなるので、個人的にはオススメです!

また、あまり冊数の話をするのは好きではありませんが、春休み中にはだいたい20冊程度の本を読みました。

読む本のジャンルは様々ですが、ミステリー小説や健康に関する本は最近特によく読みました。あとはドラマ化や映画化された作品、感動系の作品も結構手に取ります。

 

読書は楽しいだけでなく、数多くのメリットが存在します。

個人的に読書をすることで特に得られると思うメリットを書いていきます。

①知識量が増える。

本を読むことで大なり小なり自分の知らない知識に出会うことができます。

本の種類によって、生活に直接役に立つ知識から日常では使うことのないような知識まで様々ですが、確かに何らかの知識を得ることはできます。

例えば、僕が春休みに読んだ健康関連の本からは、生活の一部である食事、運動、睡眠などに関する知識を得ることができました。これらは実際に僕の生活の中で役に立っています。

ミステリー小説からは殺人のトリックやそれに関する知識を得ました。これが日常生活で役に立つことはありませんが(あったらやばいです(笑))、話のネタにはなるかもしれません。

博識の人というのはそれだけ話の幅が広いので、話が合いやすいし、話してて面白いですよね。(僕も博識になりたいです)

知識はどんなものでも無駄になることはありません。知識を増やすことで友好関係も広がるかもしれませんよ。

 

②視野が広がる。

読書をすることによって、様々な人の考え方、その人の視点というものが見えてきます。また小説であれば、登場人物からインスピレーションを受けることもあるかと思います。

そうしたものはあなたに新しい視点を与えてくれ、あなたは物事を多面的・多角的に見る(考える)ことができるようになります。

これによって視野が広がれば、あなたは身の回りの様々なことに気付くことができるようになります。これがあなたの心にゆとりを生み出し、生活に余裕を生んでくれることは間違いないでしょう。

誰しも心に余裕を持って生活をしたいものですよね。

視野を広げることはその生活の実現のきっかけになることでしょう。

 

 

他にも、読書にはストレス軽減(「読書を6分間すると、ストレスが約3分の2軽減される」というデータあり)や集中力の増加など数多くのメリットがあります。

 

 

もし、みなさんがこの記事を見て読書いいなと思ったら、一緒に読書習慣始めてみませんか?

別に毎日読む必要はないと思いますし、時間も自分の好きな範囲でいいと思います。

読む本についても自分の好きなものを読めばいいと思います。

好きなジャンルがあればそればかり読むもよし、好きな作家さんができたらその人の本ばかり読むもよし、読書の楽しみ方は人それぞれだと思います。

無理にいろんな本に手を出そうと、興味のない本を手に取る必要はありません。

「自分のペースで自分の好きなものを読む」

これが一番大切なことだと思います。

読書仲間が増えることを心からお待ちしております(笑)。

またブログでオススメの本などは紹介していけたらと思います!

〇最後に

この記事を読まれた方の中には、「活字とか読むの無理」「一方的に読書進めてくるのきついわ」といった意見を持たれる人もいると思います。

今回紹介した読書で得られるメリットについては、他の方法でも十分に得ることができます。

例えば、①についてはテレビやスマホでニュースを見る。②については映画を見る、いろんな人と会話を楽しむ。このような方法でも挙げたメリットは十分に得られます。

 

読書は苦手、嫌いだけど読書で得られるメリットについては少し興味がある。

そんな方は無理に読書をするのではなく、別の方法を選べばいいと思います。

そのうえで、いつか読書自体に興味が出てきたら、そのときは迷わず読書の世界に飛び込んでいきましょう。

あなたに合った本は必ずあるはずです。