すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

新たな壁にぶつかったかもです。

みなさん、こんにちは。すばるです!

水曜日は雨が降っていることが多く感じる今日この頃。

自転車に乗るのは好きですが、雨の日は車が欲しいなぁなんて思っちゃいます。

車がないので、大学生になってからは雨の日に家を出る元気が本当になくなりました。

みなさんは雨は好きですか?嫌いですか?

 

さて、今日なんですが、昨日の続きを書いていきたいと思います。

英語の講義の時間に先生が言われた言葉

「大学受験までの英語はインプットの英語。

社会に出てからの英語はアウトプットの英語。

あなたたちは今何のためにこの講義を受けているかよく考えてみましょう。

ただ席を温めているだけでは意味がないですよ。」

を受けて、僕の思うことを書いていきます。

昨日の記事では、この言葉の前半部分に注目して、インプットとアウトプットについて書きました。

ぜひそちらの記事も読んでいただけると嬉しいです。

 

subaru7s.hatenablog.com

 

今日は先生の言葉の後半部分に注目していきます。

おそらく先生があの言葉を通じて伝えたかったことは、

「アウトプットの英語を練習してるんだから積極的に発言していかんといけんよ。

黙って座って話を聞いてるだけならこの講義を受ける意味がないよ。」

といったことだと思います。

大学のどの講義においても、これは同じようなことが言えると思います。

目的を持って講義を受けなければその講義に意味を見出すことはできません。

 

しかし、僕はここ最近になって、一部の講義に目的を見出せなくなってきました。

原因はおそらく、自身の将来のビジョンに今までなかったものが現れたことと時間を欲している自分がいることにあります。

自分の中に芽生えた新たな将来のビジョン「自分のビジネスを持つ」、これに近づくために時間を費やした方がいいのではないか?

そんな思いが自分の中で日に日に高まりつつあります。

薄々自分の中にこのような思いが出てきているのは感じていましたが、先生の言葉で確信に変わりました。

大学をやめたいとか講義をサボりたいといったわけではありませんが、少し前に比べて講義に対するモチベーションが下がっていることは事実です。

今の僕は先生の言われた席を温めているだけの状態に近い気がします。

(あくまで一部の講義についてですが)

 

時間は有限だからこそ、自分の中に焦る気持ちが生まれてきました。

残り3年で自分のたどり着きたいゴールに到着できるのか。

また新たな壁にぶつかってしまった気がします。

 

親にはまだブログをやっていることを含めて何も言っていないので、今度GWに自分の将来について真剣に話し合ってみようかと思います。

本当は同世代の人と話せるといいんですが、なかなか将来の話が真剣にできる友達は少ないものです。

また、最近同じ専修の友達と目指す方向にギャップを感じつつあるのも話しにくい原因かもしれません。

いつか腹を割って話せるようになりたいものです(笑)

 

最後に

後半の方は愚痴っぽくなってしまいすみませんでした。

自分は講義から何を学んでいくのか、その目的をはっきりさせていきたいものです。

僕の記事で何度も言っていますが、壁にぶつかることは成長のチャンスだと思うので、しっかり向き合って成長していきたいです!

早く少し前のように前向きな気持ちで講義を受けれるようになりたいです。