すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

調子がベストじゃない日の対処法

みなさん、こんにちは。すばるです!

突然ですが、みなさんは朝起きてなんか体がだるい、どこか体調が悪い気がする、このようなことを感じる日はありませんか?

僕はバイトの翌日を始めとして、大学生になってからこのようなことを感じる日が増えた気がします。

そんなとき、僕はいつも心がけていることがあります。

 

それは…

「今日がベストな1日じゃないなら

 ベストに近づける今日を過ごそう」

というものです。

 

誰だって常にベストコンディションを保つことは難しいです。

今日は少し調子が悪い、そう感じる日もあります。

そんな日は「今日は自分はベストコンディションじゃない」と割り切って、また明日以降ベストな状態に近づけることができるように行動していきましょう。

 

具体的に僕のしていることを紹介します。

①スケジュール確認。優先順位の決定。

まず、その日のスケジュールの確認をし、やらなければいけないことからどちらでもよいもの(本当は今日やる予定のもの、やっておいた方がいいもの)など優先順位を決めていきます。

例えば以下のような感じです。

  1. 大学の講義
  2. 3日後までのレポート課題
  3. サークル
  4. 日用品の買い物
  5. 家の掃除

番号は優先順位を表しています。

 

 

②区切りを入れる。

今日、自分がどこまで頑張るのかというところに区切りを入れます。

ここで区切りを入れるポイントは、これを頑張らなかったときにどんなマイナス要素が自分に来るのか、そのマイナス要素は挽回できるのかというところに注目してください。

例えば、上の例だと1は頑張らなかった場合、その講義で得られるはずだった知識等は自分のものに出来ず、出席点なども失ってしまいます。そしてそれらを取り返すことはかなり難しいです。

一方で、2以降のマイナス要素は明日以降の予定がきつくなるというのが主なもので、それは明日以降の頑張りで挽回できます。3のサークルについてもまた後日楽しむことが可能です。

なので、1と少し頑張って2まではやるという風に今日頑張るラインを決め、2と3の間に区切りを入れます。

 

③ベストに近づける努力をする。

 ②で区切りを入れたことで、本来やる予定だった3以降の時間が生まれてきますよね。

その時間で自分がベストに近づけるように努力をしましょう。

例えば、

身体的疲労ならダラダラとスマホを構うのではなく、しっかり休養を取る。

精神的疲労ならちょっと外の空気を吸うために散歩してみる、ゆったりと浴槽に浸かってみるなどなど。

自分自身に合った方法を見つけておいてあげ、生まれた時間でしっかりと実践してあげましょう。

 

 

〇最後に

調子がベストじゃないとき、何も無理に全てを頑張る必要はないと思います。

どこまで頑張るかをしっかり決めてあげて、それ以外の時間はベストに近づくための時間として使ってあげましょう。

大丈夫。今日全てを頑張れなくてもベストになった明日のあなたならきっと頑張れるはずです!

*本当にしんどいときは休むことだけを頑張ってあげましょう。

 

みなさん、明日から10連休のGWが始まりますよ。

楽しむときは楽しんで有意義な時間を過ごしていきましょう!

GWも毎日記事を書くつもりなので、隙間時間に見てくださると大変喜びます。

それではよいGWを!