すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

勉強って何のために?

みなさん、こんにちは。すばるです!

10連休のGWがいよいよ始まりましたね。

twitterの方でもつぶやきましたが、僕はGW初日は家で寝ながらドラマを見たりとゆっくりとした時間を過ごし、体力を回復させていきたいと思います!

みなさんはどんなGW初日を過ごされますか?

新年度が始まって1ヵ月、疲れを感じておられる方も多いと思うので、僕のようにゆっくり休むのもありだと思います。

お仕事がある方は頑張ってください!!(俺の父さんも頑張れ~(笑))

 

さて、今日の話題に入っていきます。

今日はタイトルにもあるように「勉強(中・高の勉強)って何のためにするの?」ということに焦点を当てて書いていきたいと思います。

現在、中・高生の方はこの記事を読んで、勉強のモチベーションアップにつなげてもらえると嬉しいです。大学生以上の方も今一度勉強の目的というものについて考えてもらえると嬉しいです。

 

 

勉強って何のために?

①将来の選択肢を広げるために

僕は中・高における勉強の最大の目的は「将来の選択肢を広げること」にあると思います。

みなさんは、勉強してて「私文系だから数学なんていらない」、「俺理系だから別に古典できなくてもいい」。

こんなことを思ったことはありませんか?

自分の将来なりたいものが何となく決まっていると、それに必要ない教科ってやる意味を見失ってきますよね?

特に高校生以上の勉強は、日常生活の中で直接使うことが少ないので尚更そう感じることでしょう。

僕も塾の生徒に「先生、微分なんて絶対使わないのに何で勉強するんですか?」などとよく聞かれます(笑)

 

では、なぜ必要ないと思われる教科まで勉強しないといけないのか?

答えはもう上に出ています。

そう、「将来の選択肢を広げるため」です。

 

具体例を出して説明していきます。

あなたが高校生のときに法学部に行きたいと思い、文系科目の勉強ばかりを頑張り、数学を始めとする理系科目の勉強を怠ったとします。

もちろん目指す大学のレベルにもよりますが、法学部(文系学部)であれば、文系科目でしっかり得点を稼ぐことによって、センター数学などで少々ミスをしても入ることは可能だと思います。

あなたがこのまま大学でも法律関係の勉強を頑張り、将来、法律関係の仕事に就いていくなら何も問題はありません。

 

ですが、人生とは何が起こるか分からないものです。

もしかしたら、何かがきっかけで工学系の道や医療系の道に興味を持つことがあるかもしれません。

道を変更したいと思ったそのとき、あなたはきっと学部を変えるか、独学で勉強するかの選択をするでしょう。

しかし、高校時代に理系科目の勉強を怠っていたあなたにとって、この選択はなかなか難しいです。

大学生や社会人になってから何かを1から勉強することは想像以上に時間と労力を要します。特に時間の問題がかなりきついです。

将来の選択肢を狭めないためにも高校生までの内に基盤を整えくといいですね。

 

また、仮にあなたがそのまま法律関係の仕事に就いたとしても、理系の知識があることは無駄になりません。

医療関係の弁護など、法律を軸とした中でも選択の幅を利かせることができます。

 

勉強はできないよりも幅広く・深くできる方が、間違いなく将来の選択肢を広げれることになります。

数ある選択肢の中から自分の本当にやりたいことを選べるように、まずは選択肢を増やすことを目指して勉強を頑張っていきましょう!

 

 

②人生力を身に付けるために

そもそも人生力って何?

そんな意見を持たれる方も多いと思います。

僕は人生力とは、忍耐力、思考力、判断力、適応力といった、人生を生き抜いていくための力だと考えます。

一言に人生力と言っても、上で挙げた例を始めとして多数の〇〇力が含まれます。

 

では、この人生力を身に付けるためにはどうすればよいか?

この答えの1つが勉強です。

中・高のときに1番頑張ったことを聞かれると、多くの人は部活か受験勉強と答えます。

つまり、勉強というのはあなたが3年間で最も打ち込むことのできる可能性を秘めたものです。

僕自身、高校3年間の中で最も頑張ったのは大学受験に向けての勉強です。

(もちろん部活も同じくらい頑張りましたが)

本気で打ち込めるものからは数多くのことを学べます。

あなたが勉強に本気になればなるほど、勉強はあなたに多くのものをもたらしてくれます。

あなたの頑張った勉強というのは、必ずあなたの人生をプラスに変えることのできる力を与えてくれます。

 

 

③自分の価値観を持つために

みなさんは自分のことをどのくらい語ることができますか?

僕の完全な持論なんですが、勉強のできる人・頭の良い人ほど自分のことをしっかり語れるように感じます。

これは彼らが自分という存在をしっかり認識しており、また自分の価値観を明確に持っていることが理由だと思います。

自分のことを自信を持って語れる人ってかっこよくないですか?(笑)

もしそんな人間にあなたがなりたいと思うなら、勉強を頑張り、自分の価値観を持つことを目指しましょう。

勉強はあなたに新しい知識を与えてくれます。

その中には興味のあるものから無いものまできっと様々あるでしょう。

自分が何に興味を示し、何に興味を示さないかを見つめていくことで、自分の中に価値観というものが生まれてきます。

ぜひとも自分の中に芽生えた価値観を大切にし、あなたの成長の糧にしていきましょう!

 

 

④その他

上では、僕が特に勉強を通して得られたと感じるものを紹介させてもらいましたが、その他にも勉強を通じて得られるものは多数あります。

あえてここでそれ以上触れるのは避けようと思います。

ぜひみなさんがその目で、その手で、勉強によって得られるものを感じてください。

 

 

最後に

「勉強は何のためにするのか?」

そんな疑問に対して、勉強によって得られるメリット等を挙げ、僕なりの答えを書かせてもらいました。

少しでもみなさんのお役に立てば嬉しいです。

twiiterの方では、ほぼ毎日勉強関連のことをつぶやいているので、ぜひ覗きにきてください。

また、近いうちに教育に関する発信を本格的にしたいと考えているので、楽しみに待っていてください。