すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

人生、生きてるだけで99点あるんじゃねって話

みなさん、こんにちは。すばるです!

 

 今日話す内容はタイトルにある通りです。

「人生、生きてるだけで99点あるんじゃね」って話です。

 

昨日、すごく久しぶりにスマホを持ち込まずにお風呂に入りました。

普段はYouTubetwitterを見たり、ゲームをしたりしながらお風呂に入りますが、昨日はいろいろと考え事をしながら1時間ほどお風呂に入りました。

 

そんな中で思ったのが上の内容です。

 

 

人間、生きてりゃたくさん失敗するし、挫折も味わう。

予期せぬ出来事に出くわすこともあるだろう。

 

だが、1番大切なのは「生きている」という事実だ。

生きているということはとても尊いことだ。

 

生きていれば大概のことは挽回できる。

 ・模試で失敗 

   ⇒次回や本番で結果を残せばいい。

 ・借金を抱えた

   ⇒必死に働いて返していけばいい。

 ・病気になった

   ⇒病気と向き合い、元気になったら

    やりたいことをやればいい。

 ・リストラされた

   ⇒また新たな仕事場を探せばいい。

 

無責任な言葉も多く感じるかもしれない。

だが、少なくとも死んでしまったらもう何も挽回できない。

 

きっと人生というのは、誰しもが生きているだけで99点という点数を与えられている。

そして、残りの1点をどう獲得するかを模索して必死に生きていくものだと僕は思う。

 

生きているということはそれだけ希望や可能性を持っているということだ。

 

僕らは常に希望や可能性を胸に生きていることを忘れてはいけない。

 

 

だからこそ、今、何らかの理由で人生に絶望を感じている人に伝えたい。

 

「生きろ!

 生きてさえいればどうにでもなる」

 

どうか自分を責めるようなことだけはしてほしくない。

 

今日を生きた自分を褒めてほしい。

未来に自らの希望と可能性を繋ぎとめたことを褒めてほしい。

 

そのうえで残りの1点を模索するために必死に足掻こう。

 

 

僕も今その1点を模索するために歩き続けている。

さあ、一緒に歩みだそう!