すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

宇宙兄弟から学ぶ人生の生き方

みなさん、こんにちは。すばるです!

突然なんですが、今日から5日間程度
「漫画から学ぶ人生の生き方」シリーズ
というのをやっていきたいと思います。

 

なぜ、このような記事を書こうと思ったか…?

単純に自分が何かシリーズ系の記事を書きたいと思ったからです(笑)

シリーズ系の記事って面白そうだなと思ったので、実験的な意味も含めて書かせてもらいたいと思います。

以下、簡単に概要を書かせてもらいます。

 

概要

僕の好きな漫画から名言を1つ取り上げます。

そして、それについて僕が深堀りしていきます。
この深掘りについては完全に僕の主観で書かせてもらいます。

漫画を通じて人生について考え、
学びを深めようというのが
このシリーズの目的です。

ちなみに漫画の詳細についてはあまり触れない予定です。

ただ気になったものについてはぜひ読んでもらいたいですし、共感できる部分についてはコメントなどもらえると喜びます。

 

 

宇宙兄弟から学ぶ人生の生き方

それでは記念すべき第一回。
今回紹介するのは宇宙兄弟南波六太の名言です。

俺の敵は だいたい俺です

 

僕らは気づけば何か「敵」と戦っている。

それは
会社の上司かもしれないし、
学校の先生かもしれない。
はたまた目の前の勉強や仕事かもしれない。
見えない何かが敵という場合もある。

 

人生の中でどこか生き辛さを感じるときは
だいたいこの敵が原因だ。

生き辛さを与えてくる敵だが、
僕らは戦わずにはいられない。

敵と戦うことで、自分の本当の敵が自分自身だということから目を背けようとしている。
僕らは本当の敵が自分自身だと認めることを
どこか恐れている。

 

自分自身が敵だと認めてしまえば、超えられない壁を相手にすることになる。
敵を打ち破ろうと頑張れば頑張るほど
敵もまた強くなる。

その無限ループを恐れているのである。

 

だが、成長のためには向き合う必要がある。

敵の大半は自分自身であるという現実に。

 

一生打ち破れない敵かもしれない。
それでも昨日の自分(敵)より強くなろう。
今日の自分(敵)はまた強くなっている。
日々戦い続けたその先に
きっと真に強い自分に出会える。

 

敵は他の何者でもない自分自身だ。

昨日の自分を超えよう。

その積み重ねが僕らを強くする。