すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

1人暮らし男子大学生がオススメする節約術

みなさん、こんにちは。すばるです!

突然ですが「お金が欲しい~‼」なんて思うことはありませんか?

僕はしょっちゅうあります(笑)

 

お金が欲しいと思うときはだいたい何かに
お金を使いたいときですよね。

買い物だったり、旅行だったりと

そんなとき、もちろん仕事を(バイト)を頑張るのも良いですが、節約を頑張るという選択肢もあります。

 

今日はタイトルにもある通り、1人暮らしの男子大学生がオススメする節約術について書いていきたいと思います。

(やや1人暮らしの方向けの記事になりますが、そうじゃない方も参考になる点はあると思います。)

 

 

 

家計簿は必ずつけるべし

僕は節約を行っていく上で最も大切なことは
家計簿をつけることだと考えます。

そもそもどこで自分がお金を使っているのかを理解していないと、節約のしようがないですよね。

家計簿には以下のメリットがあります。

  1. お金の流れに敏感になる。
  2. 細かい出費がなくなる。

 

1から詳しく書いていきます。

家計簿をつけることで、常に自分の使ったお金が視覚化されている状況になります。

すると、「今月はお金使い過ぎたな~」
といった思いに至りやすいです。

この思いは節約の行動への後押しとなります。

加えて、出費の分析が行えるので、節約の計画を戦略的に立てることができます。
これについては上でも書きましたが、家計簿をつけていないとそもそもできないですよね。

 

また、家計簿をつけることで細かい出費が
なくなっていきます。

これは僕の実体験に基づいています。

僕は高校までは自動販売機でよく飲み物を買っていました。
しかし、大学に入ってからは明らかに自動販売機を利用する頻度が減り、飲み物を持ち歩くことが多くなりました。

理由としては、イチイチ家計簿をつけるのがめんどくさいからです。
家計簿を細々とつけるのがめんどくさいからこそ、こういった細かい出費はなくなっていきます。

(まあこれについては性格にもよりますが…)

 

なお、家計簿はスマホのアプリを使うのがオススメです。
手軽につけられる上に、つけ忘れも少ないので、僕はずっとスマホのアプリでつけています。

 

節約の第1歩として家計簿は必ずつけるべし

家計簿なくして節約の道はない

 

節約の目的をはっきりすべし

節約をするという行為の裏にはお金を貯めたい、何かにお金を使いたいという思いがあります。

その思い、すなわち節約の目的を
自分の中で明確にしましょう。

 

これを行うことによって、具体的にどのくらいの節約を行えばよいのかというのが見えてきて、節約生活にメリハリがでてきます。

何より、ただ漠然と節約を心がけていると
モチベーションの維持が難しいです。

そして、節約のモチベーションが崩れた際に大量の出費をしてしまう恐れがあります。
いわゆる衝動買いってやつですね。

 

そうならないためにも節約の目的は
はっきりさせましょう。

 

食材はある程度まとまって買うべし

出費の多くを占めるものとして食費がありますよね。

この食費を抑えるためのコツとしては、
ある程度まとまって食材を買うことです。

理由としては、僕らは食材を買いに行くたびについつい余計なものに手を伸ばしてしまうことがあるからです。

 

僕は去年の夏、水分の消費が激しく、ほぼ毎日のように買い物に行っていました。
すると、水分だけ買えばOKなのに、実際はアイスなども買ってしまっている自分がいました。

塵も積もれば山となるではないですが、去年の夏の僕の食費は大変なものになってしまいました。

 

牛乳を買いに行ったはずがお菓子にも手が伸びていた。

そんな経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

まとまって食材を買うことで、そういった余分な出費を抑えることができます。
とりわけ、暑くなってくるこの時期は、水分のまとめ買いをしておくことをオススメします。

 

 

娯楽費の上限を設けるべし

生活をしていくうえで必要な出費ではないが、人生を楽しむためには必要な出費。

それがずばり、娯楽費です。

ぶっちゃけ大学生なんかは、この娯楽費によってその月の出費が決まると言っても過言ではないです。

飲み会、カラオケ、ボーリングなどなど。

 

僕自身、娯楽費は必要不可欠な出費だと考えていますが、やはりここを抑えないと節約が行えないのも事実です。

 

そこで僕がやっているのが、月初めにその月に使える娯楽費の上限を決めるということです。
あとはその上限に向けて、その月の娯楽費を調整していくといった感じです。

例えば、節約を頑張りたい月は娯楽費の上限を低めに設定します。
そのうえで、飲み会などのお金がかかりやすいものは避け、スポーツなどの比較的お金がかかりにくいものを楽しむといった感じです。

 

娯楽費の上限を定めて、それに合わせた娯楽を
行うというのは意外と楽しいのでオススメです!
何よりかなりの節約につながります。

 

 

最後に

1人暮らし男子大学生の行っている節約術について、簡単にではありますが紹介させてもらいました。
より具体的な節約術についてはまた記事にしようと思うので、楽しみにしていて下さい。

 

収入に目を向けるだけでなく、

支出に目を向けるのも

お金を有効活用する1つの方法です!