すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

LINEとの上手な付き合い方

みなさん、こんにちは。すばるです!

突然ですが、みなさんは普段「LINE」を
使いますか?

おそらくスマホを持っている方の多くが入れているであろうこのアプリ。


ちょっとした用事を伝達したり、友達同士で気軽なやり取りを楽しんだりするのに持ってこいのアプリですよね。

いわゆる手軽さが売りのLINE

 

しかし、その手軽さゆえに、時としてそれがストレスとなってしまうこともあります。

今日はそうならないためのLINEとの上手な付き合い方というのを記事にしていきたいと思います。

 

 

 

LINEにストレスを感じるのはなぜ?

LINEにおいてストレスを感じる1番の原因は、何か返さなければならないという使命感に襲われることです。

どうでもいい内容でも何か反応しないといけない、会話を打ち切るタイミングが分からない。

こういった経験ありませんか?

これらを感じてしまうとき、あなたは間違いなくLINEからストレスを受けています。

 

また、既読機能やその手軽さゆえに返信スピードを要求されることも多々あります。

大学生だと、自分が作業中のときに相手から「〇〇のプリント送って!」みたいなLINEはよくあります。

もちろんお互い持ちつ持たれつですが、やはり作業の中断を強いられる際にはストレスが溜まってしまいます。

 

このように、便利なアプリであるLINEですが、ストレスが溜まりやすいことも事実です。

 

LINEとの上手な付き合い方

ここからは本題である、ストレスを抱えることなくLINEと付き合っていくための方法を紹介します。

①LINEのルールを相手に伝えておく。

これはLINEを連絡目的ではなく、雑談等の目的で頻繁に利用する際に有効です。

僕自身、雑談目的でLINEを使うことは多々あり、毎日のように連絡を取り合っている子もいます。

そんなとき、僕は相手に自分のLINEのルールをしっかりと伝えるようにしています。

僕の場合は

  • 返信できるのは基本夜のみ
  • 寝るのが早いから夜遅くの返信は厳しい

という二点を基本的に伝えるようにしてます。

 

これによって、相手の方も日中や夜遅くに返信が来なくても気負うことはありませんし、僕の方も自分のペースで返信できます。

このおかげで、僕はLINEによる手軽なやり取り(雑談等)をストレスを感じることなく行えています。

 

②作業中は通知を切る。

これは作業の手をLINEによって中断されてしまう人にオススメの方法です。

作業中は通知を切ってしまい、
作業に集中しましょう。

作業効率も上がりますし、
何より時間を有意義に使うことができます。

 

注意しておくべき点としては、よく連絡を取り合う相手には作業中、通知を切っていることを伝えておくことをオススメします!

これによって、①同様、即返信できなくても相手に不快感を与えずに済みます。

 

③相手のことを考える。

自分同様、相手にもLINEとの向き合い方というものがあります。

そこはしっかり尊重してあげましょう。

返信が遅いからといってイライラしたり、不安に感じたりするのではなく、気長に相手のペースでの返信を待つことも大切です。

相手には相手のペースがある。

 

この認識を持っておくことで、返信を待つ際に必要にストレスを抱えることもなくなります。

それでも返信を待つ際にストレスを感じてしまう場合は、1度LINEでの距離を置くのもありかと思います。

 

お互いがお互いのペースで。

これがLINEをする際の理想形です。

そのためにもまずはこちらから

相手のことを考え、尊重していきましょう!

 

 

最後に

便利なメッセージアプリであるLINE。

ぜひともストレスを抱えることなく、
楽しく活用していきましょう。

全然関係ないですが、10年後とかってメッセージのやり取りの仕方はどんな感じになっているのでしょうかね?

電話⇒メール⇒LINE⇒

この次には何が来るのでしょうか?