すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

テレビの今後を考えてみた ~YouTube躍動の背景~

みなさん、こんにちは。すばるです!

突然ですが、
みなさんは普段テレビを見ますか?

僕は昔はよく見ていたのですが、1人暮らしを始めるようになってから見る機会が激減しました。

 

最近では、テレビで見るのはドラマくらいなものですね。

しかもドラマについては録画で見ることがほとんどなので、リアルタイムでテレビを見ることはもうほとんどありません。

 

このような状況になったのは間違いなくYouTubeの影響によるものです。

今日は、YouTubeがテレビに与えた影響とテレビの今後について、記事を書いていこうと思います。

 

 

 

YouTube躍動の理由

今や僕にとって、YouTubeは生活の一部になったといっても過言ではないです。

1日の中で見ない日はないYouTube

 

みなさんの中にも、毎日YouTubeを見ているという方は多いのではないでしょうか?

 

ここではYouTubeが支持される理由について考察していきます。

 

 

①圧倒的手軽さ

YouTubeスマホなどのネットにアクセスできるものがあれば、いつでもどこでも好きなだけ楽しむことができます。
(通信料等の問題はありますが…)

 

動画時間も短いものから長いものまで様々存在するのも、私たちが手軽にYouTubeを楽しめる要因の1つです。

 

暇さえあればYouTubeという若者が多いのも、
おそらくこの手軽さゆえのことでしょう。

 

 

②圧倒的コンテンツ量

YouTubeには膨大な数の動画があります。

そして、それらは瞬間瞬間で更新され続けていきます。

 

この圧倒的コンテンツ量のおかげで、僕らユーザーは飽きることなくYouTubeを見続けることができます。

とりわけ、YouTubeには関連動画という機能があり、それもまた中毒性をうむ要因の1つです。

 

少しだけと思ってYouTubeを見始めたら、関連動画を見続けて時間があっという間に過ぎていた

 

こんな経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

 

③創造性の高さ(オリジナリティ)

現在、YouTuberと呼ばれる方は数多く存在します。

 

そして、彼らの作る動画というのは非常にオリジナリティあふれた動画となっています。

そのオリジナリティ溢れる動画に魅了され、彼らのファン(チャンネル登録)になる人は多数います。

 

ユーザー側からすれば、チャンネル登録によって見る動画の候補が増え、結果として、これがYouTubeへの滞在時間の増加につながります。

 

 

YouTubeがテレビに与えた影響

テレビというのは上で挙げたYouTubeが持つような魅力はあまり持ち合わせていません。

もちろん、テレビにはテレビで

  • 家族団らんのきっかけになる。
  • ニュース等から有益な情報が入りやすい。
  • 完成度の高いバラエティー番組。

など、多くの魅力があります。

 

しかし、近年、特に若者にはYouTubeの持つ魅力の方が支持されています。

 

同じ映像というフィールドで勝負している以上、互いに影響を及ぼし合う部分は多かれ少なかれあります。

テレビはYouTubeの躍動によって、若者を始めとするテレビ離れという深刻な被害を受けたのです。

 

 

テレビの今後と問題点

テレビの発展以上のスピードでYouTubeが発展していくことはほぼ間違いありません。

加えて、時代が進むにつれてYouTube世代の幅は広がっていきます。

 

これらによって、テレビ離れをしていく人の数は更に増えると予想されます。

更に言うならば数十年後には、そもそもテレビというコンテンツ自体が消えているんじゃないかとさえ思ってしまいます…
(こちらについてはあくまで個人的見解です)

 

以下、テレビ離れが進んだ際の問題点について書いていきます。

 

①家族団らんの時間が減る。

テレビの魅力としては、やはり大人数で楽しめることにあると思います。

僕も実家にいた頃はよく家族でクイズ番組などを楽しんでいました。

 

テレビ離れが進むことで、この家族団らんの時間が減るのは非常に危険なことに思います。

 

親と子の間に壁が生まれ、将来、非行に走る子どもが増加する恐れがあります。

加えて、現在問題視されている引きこもり問題についても増加が予想されます。

 

 

②ニュースへの関心が減る。

 テレビ離れが進むことによって、ニュースを見る機会がどんどん減ります。

そして、ニュースへの関心が減ることによって、身の回りで起きていることを知る機会がなくなっていきます。

 

ネットが普及した今となっては、スマホで手軽にニュースを見ることができますが、どうしてもチェックするニュースに偏りが出てしまいます。

とりわけ、テレビ離れによって政治への関心が薄れていくことはほぼ間違いないでしょう。

 

テレビ離れは、世の中のことに関してまるで無知な人間を生み出す危険性をはらんでいます。

 

 

最後に

テレビにはテレビの、
YouTubeにはYouTubeの良さがあります。

受け手側である私たちがそれぞれの良さをうまく享受できるといいのですが、なかなか難しいのが現状です。

 

最近あまり見なくなっているとはいえ、テレビにはいつまでも居残り続けてほしいものです。

とりあえず、僕自身ニュースは見なければと思う今日この頃です。