すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

悩みの大半は走ることで解決 ~走ることで負のスパイラルをぶち壊せ~

みなさん、こんにちは。すばるです!

昨夜、twitterでこのようなツイートをしました

 

今日はこのツイート中で触れている「走ることで大半の悩みは解決される」ということについて、より詳しく話をしていきたいと思います。

 

健康の4本柱

本題に入る前に健康の4本柱という話をします。

突然ですが、みなさんは健康でいるために大切なことは何だと思いますか?

様々な意見が出てくると思いますが、一般的には次の4つが挙げられることが多いです。

  1. 食事
  2. 運動
  3. 睡眠
  4. メンタル(ストレス耐性)

そして、一見独立しているように見えるこれら4つの要素は、実は大きなつながりを持っています。

 

寝不足の日は食欲もあまり湧かず、
まして体を動かす気になんてならない。
更にいつもに比べてストレスを感じやすい。

みなさんもこんな経験はありませんか?

 

このように4つの要素のうちどこか1つでも欠けてしまうと、他の3つにも悪影響が及んでしまいます。

いわゆる負のスパイラルに陥ってしまうわけです。

 

このことからも健康でいるためには、これら4つの要素それぞれが充実していることが求められます。

 

 

なぜ、走ることで救われる?

さて、いよいよここから本題に入っていきます。

悩みや辛さを抱えている方というのは、いわば健康の4本柱4、メンタルに問題が生じているわけです。
(何も悪いことではありません。
 誰しもが抱えうる問題です。)

そして、上で書いたように健康の4本柱の1つに問題が生じ続けると、負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

負のスパイラルに陥ると、最初は仕事上の悩みだけだったのが、睡眠不足食欲不振になったりし、そこからまた新たな悩みを抱えるといったことが考えられます。

そうならないためにも私たちはどこかでこの負のスパイラルを断ち切る必要があるわけです。

ここでは、負のスパイラルを断ち切るのに効果的な方法として、「走る」というのをご紹介します。

 

※あくまで、負のスパイラルを断ち切るための1つの方法として、ご紹介します。
悩みや辛さを抱えている人に「走れ」という内容ではないです。

 

以下、ツイートで挙げた3つの理由について詳しく触れていきます。

 

①息が上がる辛さが辛さの上書きをしてくれる

僕は現在ジョギングの習慣化を目指して、隙間時間に走ることを心がけています。

元々体を動かすのが好きなので、ジョギングは楽しさだったり、気持ち良さだったりを感じます。

しかし…その反面、
息が上がるのは本当に辛いです。

 

そうなんです!

走るのって辛いんです

 

ぶっちゃけ走っているときって、他の悩みや辛さを考えている余裕とかなくなります。
もう目の前の、走って息が上がる辛さのことしか考えられなくなります。

 

つまり、少なくとも走っている間は、今自身の抱える辛さを走る辛さが上書きしてくれることによって忘れさせてくれます。

 

 

②汗をかくことでストレス解消・軽減

走ることによって思い切り汗をかくことができます。

運動によってかく汗には、ストレス解消・軽減、免疫力アップ、新陳代謝の上昇などの数多くの効果があります。

最高のデドックス効果が期待できる運動の汗。

 

走ることによってかく汗には、
短期的なストレス解消・軽減はもちろんのこと
デドックス効果による長期的なストレスケアも期待できます!

 

③走り切った後の達成感

何かで達成感を感じようと思ったら、ある程度の時間を必要とすることが多いです。

その点、「走る」というのは短時間で達成感を感じることが可能です。

30分や1時間走った後、その走るという辛さを乗り越えた先には圧倒的な達成感が得られます。

 

悩みや辛さを抱えている方は、自分の中でマイナスの感情プラスの感情を上回っているわけですが、
走ることでそこに達成感という圧倒的プラスの感情を注ぎ込むことができます。

 

悩みや辛さを解決するには
マイナスの感情を減らすことも大切ですが、
プラスの感情を増やすことも立派な解決法です。

 

 

 最後に

「走ることで大半の悩みは解決される」というテーマのもと、書かせてもらいました。

荒治療ではありますが、「走る」というシンプルな行動によって、大半の負のスパイラルはぶち壊せます。

ぜひ、悩みや辛さを抱える方は試してみてください!

 

「走る」という行動に抵抗を感じる方は

・音楽を聴いてみる
・お風呂にゆったり浸かってみる

などといった自分に合ったストレスケアをぜひ模索していきましょう!

 

また、ポジティビティ比を高めることも悩みの解消には非常に効果的です。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

www.subaru7s.com