すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

低血圧の基礎知識と改善方法についてよく知ろう! 

みなさん。こんにちは。すばるです!

突然ですが、みなさんの中に

・体がだるい(特に午前中)
・疲れを感じる(特に午前中)
・日中でも横になりたい

このような悩みを抱えておられる方はいませんか?

 

もしかしたらそれ、低血圧が原因かもしれませんよ。

 

高血圧ほど危険視されない低血圧ですが、上で挙げたような症状を含め、様々な悪影響を体に及ぼす可能性があります。

今日は、低血圧についての基礎知識、低血圧の改善方法についてご紹介していきたいと思います。

 

〇この記事を特に読んでほしい方

・低血圧に悩む方
・朝~午前中が弱い方
・低血圧の自覚はないけど、上で挙げた悩みを抱える方

 

 

低血圧の基礎知識

ここでは、低血圧に関する基礎的な知識についてご説明していきます。

 

低血圧の判断基準について

冒頭でも述べたように、低血圧は高血圧ほど危険視されていないため、高血圧ほど明確な基準はありません。

 

しかし、日本の病院では、

最高血圧 100mmHg以下
最低血圧 60mmHG以下

を低血圧と判断するところが多いようです。

最低血圧は重要視されないことも多く、医師によって低血圧の判断基準は差があります。

 

基本的には、最高血圧100mmHg以下or110mmHg以下が続く場合は、低血圧気味であると判断していいでしょう。

 

 

低血圧の症状について

低血圧の症状については、冒頭に挙げた

・体がだるい(特に午前中)
・疲れを感じる(特に午前中)
・日中でも横になりたい

の他に、

  • めまい
  • 立ち眩み
  • 冷え
  • 動機
  • 吐き気
  • 肩こり

などが主な症状として挙げられます。

 

また、ひどい症状としては失神が挙げられます。

なお、低血圧による失神が起きそうな場合は、膝を抱えてしゃがみ込み、脳に血液が行き届くのを待ちましょう。

 

これらの症状に悩む方は、1度自分の血圧をチェックしてみましょう!

 

※低血圧の症状は貧血とよく似ていますが、低血圧はポンプ作用の問題、貧血は血の質の問題です。
当然、改善方法も異なってくるので、注意しましょう。
低血圧が原因か貧血が原因かは、血液検査ですぐにわかります。

 

 

低血圧の主な原因・タイプ

低血圧の主な原因・タイプとしては、

  1. 本能性低血圧
  2. 起立性低血圧
  3. 症候性低血圧

の3つが挙げられます。

 

それぞれ解説していきます。

 

①本能性低血圧

⇒これは低血圧のタイプとして最も多く考えられるものです。

はっきりとした原因はなく、遺伝体質のために起こる低血圧です。

若い女性ややせ型の人によくみられます。

 

②起立性低血圧

⇒これは急に立ち上がった際の血圧低下によって、めまいや立ち眩みが起きるというものです。

自律神経の乱れが原因で、普段健康な人でも栄養状態が悪いときや疲れが溜まっているときに起こる可能性があります。

 

③症候性低血圧

⇒これは何らかの病気の疾患の1つとして、低血圧が引き起こされてしまう場合です。

心臓ホルモンの疾患の際などに考えられます。

また、処方されている薬の副作用として、低血圧が引き起こされてしまうケースも考えられます。

 

 

低血圧の改善方法

さて、低血圧の基礎知識を説明したところで、いよいよ低血圧の改善方法について、ご紹介していきます。

低血圧に悩む方は必見ですよ!

 

①朝一に体を温める

低血圧の人は、朝、交感神経(活動モード)への切り替えが苦手な傾向にあります。

交感神経への切り替えを手助けしてあげるための1つの方法として、朝一に自分の体温を高めていきましょう!

 

具体的な方法としては、

  • 朝食を食べる。
  • 熱めのシャワー数分。
  • コップ一杯の白湯を飲む。

などが挙げられます。

 

また、起床時間をできるだけ固定し、決まった時間に朝日を浴びることも意識していきましょう!

www.subaru7s.com

 

②適度な運動を!

低血圧の人は、基本的に手や脚などの末端部の血管の収縮力が弱い傾向にあります。

そのため、血液の循環が悪くなりがちです。

 

血液の循環を良くするために適度な運動を取り入れていきましょう。

オススメの運動としては、

  • ウォーキング
  • スクワット
  • 階段昇降

などのふくらはぎの筋肉を鍛えてあげる運動です。

 

ふくらはぎの筋肉は血液の循環に大きな役割を果たしているため、低血圧の方は積極的に鍛えていきましょう。

 

また、手足をグーパーするなども簡単にできてオススメです。

特に、起立性低血圧に悩む方は、布団から出る前にこの運動をしてあげると、予防につながります。

 

 

③チーズを食べる

血圧を上げる食べ物として期待されるものの1つにチーズが挙げられます。

チーズ、中でもチェダーチーズには血圧を上げるホルモンの材料となる「チラミン」が豊富に含まれています。

 

低血圧に悩む方は、間食の際に積極的にチーズを取り入れていきましょう!

 

 

④梅干しを食べる

チーズに引き続き、梅干しも低血圧にオススメの食べ物です。

というのも、高血圧の人が塩分を制限しなければならないのに対し、低血圧の人は適度に塩分を補給していかなければなりません。

 (低血圧の人は塩分が不足しがちです)

 

そこで一役買ってくれるのが梅干しです。

 

梅干しは塩分クエン酸を豊富に含んでいます。

塩分はもちろん、クエン酸も低血圧の人に現れやすい疲労に対して効果的に働いてくれます。

 

ぜひ普段の食事に取り入れていきましょう!

 

 

⑤カフェインを取り入れる

食後に低血圧になりがちな人は、食事の際にカフェインを取り入れることをオススメします。

これはカフェインに血管収縮作用があり、血管が広がって血圧が下がるのを防いでくれるからです。

 

カフェインの含まれるコーヒーや緑茶を食事の際に取り入れていきましょう!

 

www.subaru7s.com

 

 

最後に

今回は低血圧に関する基礎知識と改善方法を主に紹介してきました。

低血圧の自覚はないけど低血圧の症状に当てはまる…という方は、1度病院に行き、血圧を測ってみることをオススメします!

 

低血圧は高血圧ほど危険視されないものの、症状によってはしんどいものがいくつもあります。

今回紹介した改善方法の内、自分に合ったものを実践して頂けたらと思います。

 

特に、

  • チーズ
  • 梅干し
  • カフェイン

の内、苦手としないものは積極的に食事に取り入れていきましょう!