すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

書評:『オー!ファーザー』

みなさん、こんにちは。すばるです!

本日は書評記事の方を書いていきます。

 

本日紹介するのは、僕の大好きな伊坂幸太郎さんの作品、『オー!ファーザー』です。

伊坂幸太郎さんの作品は、映画化されているものが多く存在しますが、こちらの作品も2013年に映画化されています。

 

映画を見られたことがある方も、ぜひ1度原作に目を通してみてもらいたいです!

  

 

個人的評価

・読みやすさ:☆☆☆☆

・興味深さ:☆☆☆☆

・オリジナル性:☆☆☆☆☆

・再読したい:☆☆☆☆☆

・知識:☆☆☆☆

総合評価:A⁻

 

※あくまで個人的評価です。

総合評価についてはS~Dまでで評価しています。

 

 

内容

 

父親が四人いる!?高校生の由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4人に囲まれ、息子が遭遇するは、事件、事件、事件—。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。
伊坂ワールドの第一期を締めくくる、
面白さ400%の長篇小説。

(裏表紙)

 

父親が4人いる!?

ギャンブル好き、女好き、博学卓識、スポーツ万能と、個性豊かな父親4人を持つ由紀夫。

 

由紀夫と4人の父親の周りでは、事件の連続。

事件の数々が結びついていくとき、見えてくるものとは!?

 

四人の父親(!)と一人息子が織りなす

一気読み長編!

 

ようこそ。伊坂ワールドへ。

 

 

感想

まず、この作品の最大の特徴である、4人の父親という設定。

これは非常に斬新な設定だと思いました。

 

登場人物のそれぞれが何かしらの秀でた特徴を持っているというのは、よく見かける設定ですが、それを4人の父親という設定で持っていくのは、さすが伊坂さんといったところでしょうか。

 

また、この4人のそれぞれの特徴

  • ギャンブル好き
  • 女好き
  • 博学卓識
  • スポーツ万能

が、ストーリー展開伏線回収にうまく組み込まれているのも伊坂さんらしさを感じることができました。

 

さて、4人の父親の言葉の中で、名言と感じるものがあったので、2つほどご紹介します。

 

人が生活をしていて、努力で答えが見つかるなんてことはそうそうない。答えや正解が分からず、煩悶しながら生きていくのが人間だ。そういう意味では、解法と解答の必ずある試験問題は貴重な存在なんだ。答えを教えてもらえるなんて、めったにないことだ。だから、試験にはせいぜい、楽しく取り組むべきだ

これは博学卓識、の名言ですが、本当にその通りだと思います。

学生というのは何かと試験を嫌うものですが、決まった答えが存在するというのは案外ありがたいものなんですよね。

 

社会に出れば、答えや正解のない(分からない)ものがほとんど。

確かな答えと正解が存在する試験くらい、楽しんで受けたいものですよね(笑)

楽しむために、試験問題を簡単にしてもらいたいものです

 

 

しょせんは守られた中での、遊びだ。教師の怖さには限界がある。教師も親も大した敵じゃない。そんなのに歯向かって粋がるのは、単なる甘えだっての

これはスポーツ万能、中学校教師のの名言です。

小学校高学年くらいから中学生くらいまでの子供というのは、何かと教師や親を相手に粋がるもの。

 

でも、それができているのは、親や教師が一定のラインを守ってくれているから。

本当の怖さを知らないガキは、何も知らずに自分を強く見せることだけを考えて、今日も生きている。

 

 

斬新な設定、名言、そして忘れてはいけないのが、伊坂幸太郎さんの代名詞とも言える伏線回収

本作品でも、爽快感あふれる伏線回収を楽しませてくれます。

 

こんな細かいとこまで?と思わずつぶやいちゃうくらい、華麗に伏線が回収されていきますが、その伏線回収に魅了されること間違いなしです。

 

伏線回収を楽しませてくれるとともに、もしも父親が4人いたら?といった非現実的な妄想を抱かせてくれる本作品。

ぜひ、伊坂ワールド第一期の締め括りを感じてみて下さい!

 

最後に、本書をオススメしたい人を紹介して終わろうと思います。

〇本書をオススメしたい人

伊坂幸太郎さん好きの方
・ミステリー好きの方
・冒険心を感じてみたい方
・伏線回収を楽しみたい方
・父親の方

 

このような人はぜひ本書を手に取って読んでみてください。

 

 

伊坂幸太郎さんの他の作品の書評記事はこちらから。

www.subaru7s.com

www.subaru7s.com

www.subaru7s.com

www.subaru7s.com