すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

ストレスによる吐き気に襲われた際の対処法3選

みなさん、こんにちは。すばるです!

突然ですがみなさん、ストレスによる吐き気を感じたことはありますか?

 

ストレス社会とも言われる現代は、多くの人がストレスを感じながら生活しています。

ストレス耐性は人によって異なり、少しのストレスで済む人もいれば、非常に強いストレスから心身に悪影響が及んでしまうような人もいます。

 

そして、ストレスが体に及ぼす悪影響の1つに、吐き気(気持ち悪さ)が挙げられます。

みなさんの中にも

  • ストレス続きの日々に、毎朝吐き気を感じる。
  • 重要なプレゼンの日の前夜・朝は吐き気を感じる。
  • 病気なわけではないのに吐き気を感じる。

このような悩みを抱える方がおられるのではないでしょうか?

 

そこで、今日はストレスによる吐き気を感じた際の対処法をご紹介していきます。

ストレスによる吐き気に悩む方は、必見の記事ですよ!

 

 

ストレスによる吐き気の根本解決

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/39/397d3d0318b872b79740a62e2d4bb5c8_t.jpeg

ストレスによる吐き気は、その根本となるストレスが解決すれば治まっていきます。

例えば、上の例で挙げたプレゼンのストレスによる吐き気の場合、プレゼンが大成功したらまず間違いなく吐き気は治まっていきます。

(吐き気の原因がストレス以外の場合は別ですが)

 

もちろんストレスによる吐き気の根本解決としては、自身のストレス耐性のアップも挙げられます。

しかしながら、自身のストレス耐性のアップは1日、2日で大幅に変えれるものではありません。

 

そのため、自身の抱えるストレスの解決が、最も現実的な根本解決と言えます。

ここで、例で挙げたプレゼンのような時間が解決してくれるものの場合、下記で紹介していく対処法で対応してもらえれば、とりあえずはOKです。

 

 しかし、断続的に襲われるストレスによる吐き気の場合、なかなか時間が解決してくれることはありません。

ここでいう断続的に襲われるストレスとは、仕事、学校、バイト、人間関係などのストレスを指します。

これらのストレスを我慢したまま、ストレスによる吐き気やその他の症状を耐え続けるのは非常に辛いですよね。

 

あくまで僕個人の意見になりますが、これらのストレスと向き合い続けるよりも1度距離を置く方が良いと思います。

 

仕事がストレスなら転職を考えてみる、バイトがストレスならやめることを考える、人間関係がストレスなら1度その人たちと距離を置いてみる。

もちろん、どれも勇気がいることですし、非常に大きな決断を迫られることでしょう。

 

ですが、ストレスによる吐き気と向かい合い続けて、心身がズタボロになってからではもう手遅れです。

1度距離を置き、時間をかけて自身のストレス耐性をアップした後に、また戻ってくるなり、新たな道を進むなりすれば、それで良いと思います!

 

※ストレスによる吐き気が続く場合は、うつ自律神経失調症なども考えられます。
 ぜひ、早期対応を心がけましょう。

 

 

ストレスによる吐き気の対処法

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/51/519751e2cb78f95833e840ab2e421835_t.jpeg

さて、上で挙げた根本解決を目指していくのが1番ですが、ストレスによる吐き気の具体的な対処法も知っておかないとですよね。

ここでは、突然、ストレスによる吐き気に襲われた際の対処法をいくつかご紹介していきます。

ご自身の状況に合わせて、できるものを行ってあげてください。

 

コラム:吐き気は我慢した方が良い?

吐き気は無理に我慢する必要はありません。

吐くことで気分が楽になったり、症状が落ち着いたりすることもあるので、ご自身が吐いてしまいたいと思った際は無理に吐き気を押さえようとしなくてOKです。

 

なお、吐いてしまった後は、

  • 冷たい水で口の中をうがい
  • こまめな水分補給
  • 楽な姿勢で安静に!

この3点を意識し、不快感を減らしていきましょう!

 

 

ガムを噛む

私たちがストレスに襲われると、ホルモンのバランスが崩れ、ストレスホルモンが分泌されていきます。

このストレスホルモンを抑えることこそ、ストレスによる吐き気を改善するためには非常に大切なことですが、その方法として、咀嚼運動(何かを噛むこと)が効果的であることが明らかになっています。

 

とりわけ、現代人は食生活の変化もあり、「噛む」という行動から遠ざかりがちです。

意識的に咀嚼運動を行うためにもガムを噛むというのは、非常に良いことです。

 

また、国立生物工学情報センターの研究によると、

『食後30分間、砂糖なしのガムを噛むことで、食道への胃酸の逆流を減少させる効果が期待できる』

ということが明らかになっています。

 

ストレスを受けている際は、胃酸の逆流も起きやすくなっており、そこから吐き気・嘔吐につながることもあります。

予防的意味も込めて、食後30分間、ガムを噛むのはありですね!

 

加えて、ミントガムであれば、ミントの味やにおいが吐き気の抑制に一役買ってくれます。

ミントが苦手でない方は、ミントガムによるリラックス効果も狙っていきましょう!

 

 

ツボ押しをする。

ストレスによる吐き気にはツボ押しも有効です。

普段からよくストレスに襲われるという方は、ツボのある位置を覚えておくことをオススメします!

 

まずは、以前下記の記事でも紹介した自律神経を整えるのに効果的なツボ合谷神門です。

www.subaru7s.com

 

 

①合谷  

合谷は、手の甲側、親指と人さし指の骨の分かれ目のやや人さし指にあるツボです。

また、合谷は、自律神経の乱れだけでなく、

  • 風邪のひき始め
  • 頭痛があるとき
  • 便秘気味なとき
  • 気持ちを落ち着かせたいとき         

などに効果的なツボです。

https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/tsubo/images/stress201306_image02-pc.jpg

 

②神門

神門は、手首の横じわの小指側の少しくぼんだ場所にあるツボです。

また、神門は、自律神経の乱れ以外に、

  • 精神的緊張を感じるとき
  • 強い不安を感じるとき
  • ストレスを感じているとき

などにも効果的なツボです。

https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/tsubo/images/stress201306_image01-pc.jpg

 

※画像は『明日にサがつく健康情報サイト サワイ健康推進課』より引用

 

 

これらと合わせて吐き気によく効く内関のツボもオススメです!

③内関

内関は、手と手首の境目にあるしわの真ん中から指3本分ひじ側へ進んだところにあるツボです。

また、内関は吐き気に効くだけでなく、

  • 乗り物酔い改善
  • 精神安定効果
  • 胃の不快感の改善

などにも効果的なツボです。

https://www.riseisha.ac.jp/risei-sinkyu/tsubo/img/12_illust.gif

 

※画像は『りせい鍼灸接骨院|今月のツボ通信』より引用

 

 

ストレスによる吐き気を感じた際は、これら3つのツボを押してあげましょう!

場所を選ばずに行えるので、覚えておいて損はなしです。

 

 

冷たい水or生姜湯を飲む

まず、冷たい水についてですが、胃のむかつきが抑えられて、吐き気の症状が改善していきます。

冷たい水であれば多くの場所で入手可能なので、飲み物に迷ったら冷たい水を少しずつ飲むようにしてあげましょう。

※一気飲みは反対に吐き気を誘発してしまうことがあるので、避けましょう。

 

また、家にいるときであれば、生姜湯もオススメです。

生姜には吐き気を抑えてくれる効果があるとともに、胃腸の働きや消化も助けてくれるため非常に効果的な飲み物です。

 

吐き気が辛いとき、無理に食事を摂る必要はありませんが、水分補給は忘れずに行っていきましょう!

 

 

最後に

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/da/da6469e90e5f96b9ea997249d9f17d12_t.jpeg

ストレスによる吐き気に悩まされる際、断続的なものであれば、そのストレスから1度距離を置くことも視野に入れてあげましょう!

 

一時的なものであれば、今回紹介した

  • ガムを噛む。
  • ツボ押しをする。
  • 冷たい水or生姜湯を飲む。

のうち実践できるものを行い、吐き気の緩和を図りましょう!

時間に余裕があるときであれば、横になって楽な姿勢で過ごすことも良いです。

 

 

また、ストレスの影響を受けやすい方は、日ごろから自身のストレス耐性のアップを目指していきましょう。

手軽にできるものとしては、寝る前の瞑想などがオススメです。

 

ぜひ、習慣化を目指してストレスに負けない心を作っていきましょう!

 

www.subaru7s.com