すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群(IBS)との向き合い方を知ろう!

みなさん、こんにちは。すばるです!

突然ですが、みなさんは過敏性腸症候群IBS)という言葉を聞いたことありますか?

 

過敏性腸症候群というのは、小腸や大腸に病気などの異常が見つからないのに、便秘や下痢、腹部の不快な症状が続く病気のことです。

10~40代の特に女性の方に多く見られる病気で、一般の人の約10%~15%過敏性腸症候群であると言われています。

 

今日は、この過敏性腸症候群について詳しく解説するとともに、過敏性腸症候群の向き合い方について自分なりの考え方を述べていきます。

※本記事の最後に過敏性腸症候群の治し方に関する記事も貼ってあるので、よろしければそちらもご覧ください。

 

過敏性腸症候群ってどんな病気?

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/23/233794da47a8e84e439f4152a2b69f93_t.jpeg

冒頭で過敏性腸症候群の概要について話しましたが、ここでは更に詳しく解説していきます。

 

まず、過敏性腸症候群と一口に言っても

  • 便秘型
  • 下痢型
  • 交代型

など、様々なタイプのものがあり、
一般に、男性は下痢型女性は便秘型の症状であることが多いとされています。

 

具体的症状としては、

  • 排便に伴う腹痛及び排便後緩和する腹痛
  • 排便頻度の変化(便秘、下痢)
  • 腹部の違和感(腹部膨隆、腹部膨満)
  • 排便後の残便感

などが挙げられ、二次的症状としては頭痛、吐き気、疲労感、抑うつ、ガスなども共に挙げられます。

 

また、寝ているときに発作が起きることはほとんどなく、発作のほぼ全ては起きているときに不定期に繰り返されていきます。

すぐに良くなるケースもあれば、時間の経過とともに症状が重くなったり、症状の種類が変化する場合もあります。

 

なお、過敏性腸症候群の原因ですが、はっきりとしたものはまだ明らかになっていません。

しかし、考えられる原因としては、

  • 感情的要素(不安、ストレスなど)
  • 様々なな物質
  • ホルモンの乱れ
  • 食事

などが挙げられ、これらのうちの何かまたは複数が引き金となって、症状が現れるとされています。

 

とりわけ、ストレス社会と言われている現代は、ストレスが引き金となるケースが多いです。

重要な仕事の朝、テスト前日、他にも楽しみであるはずの修学旅行やデート前、これらのタイミングで発作が起きてしまうケースは非常に多いです。

※本人がストレスではなく、楽しみと感じていることも、発作の引き金となることがあります。

 

ここまでの解説を経て、これまで過敏性腸症候群の自覚はなかったけど、もしかしたら自分、過敏性腸症候群かも?という方もおられると思います。

 

以下、過敏性腸症候群の向き合い方について触れていきます。

 

 

過敏性腸症候群の向き合い方

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/44/44d17bd20656c7ee051bcd02c3df7bff_t.jpeg

実は、僕自身、過敏性腸症候群かなと感じる時期がありました。

病院に行ったわけではないので、本当に過敏性腸症候群だったかは分かりませんが、ちょうど僕が中学生の時期でした。

 

僕に現れた具体的症状としては、旅行や遠征時及び部活の練習試合の朝の排便頻度の変化でした。

 

まず、旅行や遠征時ですが、基本的に便秘に悩まされていました。

僕は、ほぼ毎日決まった時間に便が出るタイプの人間(汚い話みたいですみません)ですが、旅行や遠征になると途端に便秘になっていました…

2日~4日程度、便秘ということもあり、お腹に違和感を抱えたまま数日過ごすことも少なくありませんでした。

楽しいはずの旅行や遠征でこれらの症状が現れるのは、正直何ともきつかったです。

 

反対に、部活の練習試合の朝は下痢に悩まされていました。

こちらは単純に、その日怒られることの不安やストレスによるものだったと思いますが、メンタル豆腐だった僕は、練習試合の朝はトイレに籠ってからスタートしていました(笑)

 

 

このように、過敏性腸症候群(?)に悩まされた時期のある僕ですが、とある言葉に出会ってから気が楽になりました。

 

その言葉がこちらです。

過敏性腸症候群のあなたは誰よりも優しく、誰よりも素敵な人なだけです』

 

そして、この言葉に出会ってどこか救われた僕が、今、過敏性腸症候群に悩むみなさんに自分なりのメッセージを届けたいと思います。

 

 

過敏性という言葉も含まれるこの病気。

過敏であるということは、あなたがそれだけ周りの変化に気付いてあげられるということ。それが症状として身体に現れるのは、あなたがそれだけ深く物事を考えてあげられるということ。

 

そんなあなたは、周りの人の抱える悩みや辛さを誰よりも気付いてあげられるはずです。

そして、誰よりも真摯に受け止め、一緒に寄り添ってあげれるはずです。

 

あなたはそんな優しさを持った素敵な人です。

 

過敏性腸症候群に悩み、自分を嫌いになることもあるかもしれません。

楽しいはずの時間をこの病気のせいで心から楽しめない、そんなこともあるかもしれません。

 

でも、そんな自分を責める前に、まずは自分のことを認めてあげてください。

あなたは弱いのではなく、誰よりも優しく、誰よりも素敵なだけ。

そして、強くなれる可能性を持っている人です。

 

自分を認めてあげ、そのうえでゆっくりとストレスに耐えられる自分を目指していきましょう!

 

 

過敏性腸症候群の治し方に関する記事はこちら。

www.subaru7s.com