すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群(IBS)の治し方を知ろう!

みなさん、こんにちは。すばるです!

先日、下記の記事で過敏性腸症候群との向き合い方について自分なりの考えを述べさせて貰いました。

www.subaru7s.com

 

この記事を通じて、過敏性腸症候群について知ってもらえたり、この記事が過敏性腸症候群に悩む方の前を向くきっかけになったりしたら嬉しいです。

さて、本日はこちらの記事に続いて、過敏性腸症候群の治し方という部分に焦点を当てて話していこうと思います。

(できれば上の記事を読んだ後に本記事を読んで頂けると喜びます)

 

※僕は医学関係の人間ではなく、あくまで僕が独自に調べた内容を自分なりにまとめさせて頂いています。予めご了承ください。

 

 

過敏性腸症候群の治し方

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/23/234ff3153501c033782b98e19aa69950_t.jpeg

ここから本格的に過敏性腸症候群の治し方について話していきますが、ここでは薬による治療などは割愛させてもらいます。

あくまで、家で自分でできる治し方という部分に焦点を当てて話していきますので、本当に辛く悩む方は、通院による治療を視野に入れてもらえればと思います。

 

生活習慣の改善

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/76/76bf8a3ed10e3d57c5fc2405ce0c61db_t.jpeg

過敏性腸症候群と分かるまたは過敏性腸症候群かなと思ったら、まず生活習慣の改善から行っていきましょう。

生活習慣を改善することで、ストレスを溜め込みにくい身体を目指しましょう。

 

具体的な生活習慣の改善としては、

  • 規則正しく3食を摂る。
  • 暴飲暴食を控える。
  • 栄養バランスに注意を向ける。
  • 適度な運動を行う。
  • 十分な休養・睡眠を行う。
  • 規則正しい就寝時間・起床時間。

など、食事、運動、睡眠の3観点を気を付けていきましょう!

 

とりわけ、食事睡眠については、ちょっとの崩れが発作を引き起こしてしまうこともあります。

めんどくさいと感じる部分もあるかもしれませんが、食事及び睡眠関連の時間はできるだけ固定してあげることをオススメします!

 

また、食事に関しては、刺激物(カフェイン等)、アルコール、高脂肪の食べ物をできるだけ控え、お腹に優しい(消化しやすい)食べ物を積極的に摂るようにしましょう。

とは言え、あれもダメ、これもダメと我慢しすぎると逆にストレスとなってしまいます。

 

完全にNGとするのではなく、減らす方向で考えていくと、ストレスを抱えることなく向き合えます。

 

 

日記をつける。

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/0d/0d88fa958b190baa5c5c3435676a191f_t.jpeg

これは自己肯定感を上げるために行います。

 

まず、日記をつけると言っても、その付け方は自由です。

日記帳を買って毎日寝る前に書くも良し、ブログやtwitterなどで行うも良しです。

前者であれば誰にも見られることなく行えますし、後者であれば同じ悩みを持つ者同士共感し合えるかもしれません。

自分のやりやすい方法で行ってあげてください。

 

 

では、日記には何を書いてあげれば良いの?

 

これについては、まず、その日にあった良かった出来事をとにかく書いてあげてください。

過敏性腸症候群になると、ついつい何事もネガティブに捉えがちになりますが、優しく素敵なあなたの周りには良い出来事がたくさんあるはずです。

 

 

日記を書くことの良さについてですが、幸せの心理学としても知られるものに3:1の法則というのがあります。

これは、ネガティブな感情に対して、ポジティブな感情3以上を持つことで、幸せになれるという法則です。

そして、一定期間ポジティビティ比3:1以上をキープできると、幸せは加速していくとされています。

ポジティビティ比とはポジティブな感情とネガティブな感情の比のことです

www.subaru7s.com

 

日記を書くことで、意識的にポジティブな考え・感情を持つようにしましょう。

そして、自己肯定感を上げるとともに幸せの加速を目指していきましょう!

 

 

 

また、日記には発作が起きたときのことを書くのもありです。

というのも、発作が起きたときのことを記録しておくことで、次に同じような状況になった際のストレス緩和が図られるからです。

 

以前、このような方法で治まったというのを知っておくことで、気持ちは非常に楽になります。

自分が書いていて辛くなければ、そのときのことを記録して次につなげるのも良いです。

 

なお、辛かったこと(ネガティブ)を書いた日は、その3倍以上の良かったこと(ポジティブ)を書いてあげましょう!

 

 

ストレス解消の時間を設ける。

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/85/852ebb9ba56ddd01ce095b703cf4fd0d_t.jpeg

忙しい現代人は、抱えているストレスを解消することなく、毎日を過ごしがちです。

そこで、1日数分~数十分休日に数時間程度、ストレスを解消するための時間を作ってあげましょう。

 

何をするかはあなたの自由です。

散歩に出かけるも良し、好きな音楽を聴きながらゴロゴロするも良し、ゲームを楽しむも良しです。

とにかく、自分が心の底から楽しめるものを行ってあげましょう。

 

また、可能であれば1日数分程度で良いので、瞑想を行ってあげましょう。

瞑想を毎日行うことで、自身のストレス耐性がアップし、発作が起きにくくなります。

www.subaru7s.com

 


最後に

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/19/193e259a135935da1153c5ee2073502f_t.jpeg

過敏性腸症候群を治していくためには、生活習慣の改善をしていくとともに、ストレスとうまく付き合える自分を目指していきましょう。

 

また、過敏性腸症候群のときは、自律神経を整えてあげることも大切です。

今回紹介した方法ももちろん自律神経を整えてあげるのに有効ですが、他にツボ押しなども有効です。

 

簡単にできるツボ押しとしては、指の爪の付け根を、反対の手の親指と人差し指で数秒つまんであげるを繰り返しましょう。

なお、この際、薬指だけは除いて、親指から小指まで両手共にやってあげるようにしましょう。

※薬指は交感神経を優位にするため、逆効果となる場合が多いです。