すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

のどに痛みを感じた際の対処法5選

みなさん、こんにちは。すばるです!

突然ですが、みなさんはこの時期にのどの痛みを感じることはありませんか?

 

のどの痛みを引き起こす要因は

  • ウイルス
  • 乾燥
  • ストレス
  • 声の出し過ぎ(カラオケ等)

など様々なものが考えられます。

 

人によっては、のどの痛みくらい放っておけば治るだろうと考える方もいますが、のどに痛みが生じている状態は、ウイルス等が付着しやすく、風邪を発症しやすいです。

そのため、のどの痛みを感じた際は、適切な対処をしてあげ、症状が悪化しないようにすることが大切です。

 

とは言え、のどの痛みを感じたときの対処法って何すればいいの?という方もおられると思います。

そこで、今日はのどの痛みを感じた際の対処法を詳しくご紹介していきます。

のどを痛めやすいという方は必見の記事ですよ!

 

 

とにもかくにもうがいをする。

のどの痛みを感じた際に、まず意識すべきことは「うがい」です。

のどの調子が少しおかしいなと思ったら、まず1度うがいをするとともに意識的にうがいを行う頻度を増やしていきましょう。

 

うがいはのどを洗浄して潤してくれるとともに、

  • 粘液の分泌を促す。
  • 血行促進
  • 病原体やほこりの異物を外に出す。

といった効果も期待できます。

 

冒頭でも述べたように、のどに痛みを感じる状態はウイルスが付着しやすくなっている状態です。

頻繁にうがいをしてあげることで、ウイルス(病原体)を体の外に出すようにしてあげましょう。

 

また、うがいを行う際は、塩水によるうがいも非常に効果的です。

炎症部分の水分が浸透圧によってにじみ出ることで、痛みが和らいでいきます。

 

とりわけ、即効性を期待したい場合には、塩水によるうがいは有効です。

※塩水によるうがいで痛みがひいたと感じても、その後ものどのケアはしっかりするようにしましょう。

 

なお、塩水はぬるめのお湯(水でも可)100ml程度にスプーン4分の12分の1程度の塩を目安に作りましょう。

効果を期待して塩を加えすぎると、逆にのどの粘膜を痛める原因になるので注意が必要です。

 

 

マスクや加湿の徹底

のどの痛みを感じたら、室内・室外に関わらず、まずはマスクを着用するようにしましょう。

マスクを着用することで、ほこりや冷気を吸い込むことを防ぐとともに、口内の乾燥を防ぐこともできます。

乾燥はのどの痛みを加速させる大きな原因なので、特に注意しましょう。

 

その他、乾燥を防ぐために、加湿こまめな水分補給にも注意を向けていきましょう。

飲み物に関しては、緑茶生姜湯ココアなどが効果的です。

 

普段の水分補給に加えて、これらの飲み物の中から苦手でないものを意識的に飲んであげると良いでしょう。

 

 

 

ネックウォーマーの着用

のどに痛みを感じたら、室内でもネックウォーマー(マフラー)を着用してあげ、のどを温めるようにしましょう。

 

ネックウォーマー着用のメリットとしては、

  • 温かい空気を吸い込んで気道を温める
  • 体温を上げて免疫力アップ

この2つです。

 

とりわけ、体全体の体温を上げるために首を温めるというのは非常に有効です。

体温が上がれば、それに伴って免疫力も上がるので、ウイルスが付着しても撃退してくれるようになります。

 

即効性は期待できないものの、やっておいて損はなしです。

 

〇コラム:のどを温めるより冷やす方がいいのでは?

のどに痛みが生じているとき、多くの場合は炎症が起きています。

炎症を抑えるという意味では、のどを氷などで冷やすというのは有効的であると言えます。

そのため、即効性を期待する場合は、のどを冷やして痛みの緩和を図るというのもありです。

 

しかしながら、人によってはのどを冷やすという刺激から、症状が悪化してしまうケースもあります。

加えて、のどを冷やすことで、体温が下がり、免疫力の低下にも繋がっていきます。

 

以上のことから、即効性を求める場合にはのどを冷やすのもありですが、それ以外の場合は基本的に温める方向でケアしていくことをオススメします!

 

 

ガムを噛む

のどを痛めたらのど飴という方も多いと思いますが、個人的にはガムをオススメします。

これは単純に飴が舐め終わったら効果が終了するのに対し、ガムは噛み続けている間、『だ液の分泌を促してくれる』からです。

 

だ液には殺菌効果保湿効果があり、のどのケア、風邪予防に非常に効果的に働いてくれます。

ガムの持つ詳しい効果は下記の記事から

www.subaru7s.com

 

※もちろんのどの痛みが激しいときは、のどの痛みに効果があるのど飴トローチなどもOKです。

 

 

ツボをカイロで温める

のどの痛みから風邪に発展させないためには、ツボのある場所にカイロを貼って温めてあげるのも有効です。

オススメのツボは風門命門です。

 

〇風門

 風門は、背中上部、両方の肩甲骨の間にあるツボです。

”風が侵入する門”とも言われ、この門を温めてあげることで、風邪の侵入を防ぎ、風邪予防をしてあげることができます。

また、肩や肩甲骨の血流促進効果もあり、体のこわばりも緩和してくれます。

 

風邪の予防、風邪のひき始め、風邪をひいてしまったとき、風邪をひいた後、全てのときにオススメのツボです。

t12-01b

 

 

〇命門

命門おへそのちょうど反対側にあるツボです。

全身を温めるのに非常に効果的なツボで、冷え対策に持ってこいです。

免疫力のアップにつながることからも、風門とセットで温めてあげたいツボです。

https://www.kracie.co.jp/kampo/kampofullife/wp-content/uploads/2016/11/T12-01c.jpg

 ※画像は『Kampoful Life』のサイトより引用

 

風門と命門の位置を確認した後、衣服の上からカイロを張ってあげ、これらの場所を温めてあげましょう!

なお、就寝時のカイロは低温やけど等の恐れがあるので、就寝時のカイロはNGです。

 

 

最後に

のどの痛みを感じた際の対処法をご紹介してきましたが、どれも身近なアイテムで簡単にできるものばかりです。

簡単なものではありますが、これらをしっかりしてあげることで、症状の悪化や風邪を防ぐことができます。

 

ぜひ、のどの痛みを感じた際には実践してみて下さい!

特に、ツボにカイロはなかなか知らない人もいますが、とても効果的なので覚えておいて損はなしです。

 

その他、十分な睡眠時間の確保や刺激物を口にしないこと、禁煙などものどの痛みを感じた際は心がけていきましょう!