すばるの雑談

大学生すばるの考えていることや日常の出来事、ちょっと役に立つ知識を発信していくブログです。

スポンサーリンク

友人の存在価値は計り知れない!?今、身近にいる友人を大切にしよう!

みなさん、こんにちは。すばるです!

突然ですが、みなさんは「友人(友達)」というものについて、どのような考えをお持ちですか?

 

・たくさんいた方が楽しくて良い。
・本当に仲の良い友人が数人いれば良い。
・自分は1人が好きだから友人なんていらない。

などなど、様々な考えが出てくると思います。

 

ちなみに、僕は2つ目のものに近い考えですかね。

 

「友人」に対する考え方は人それぞれで良いと思いますが、実は「友人」に関する面白いデータが存在します。

今日はそちらを紹介するとともに、「友人」が私たちにもたらしてくれる効果を解説していきます。

 

 

ブリガムヤング大学の研究

f:id:subaru7s:20191104114246p:plain

ここでは、2010年にブリガムヤング大学が行ったメタ分析についてご紹介していきます。

こちらの研究では、過去に行われた「孤独と健康」に関する研究から31万人分のデータ精査を行い、人間の寿命を延ばす効果が高い要素を抜き出しました。

 

その結果、どのようなことが分かったのか?

 

・「良好な社会関係」の数字がずば抜けており、孤独だった人に友達ができた場合は最大で15年寿命が延びる傾向がある。
・「良好な社会関係」によりエクササイズやダイエットの効果は約3倍になる。
・禁煙よりも「友人」の方が影響が大きい。

 

つまり、このメタ分析から、「友人」という要素は、人間の寿命及び健康に大きな影響を与えることが分かったのです。

 

 

ハーバード大学の研究

f:id:subaru7s:20191112133649p:plain


次に、1939年からスタートしたハーバード大学「成人発達研究」をご紹介します。

 

これは、約80年間にわたって、724人の人生を、全員が10代の学生だった頃から記録し続けたものです。

  • 定期的に体調や幸福度を尋ねる。
  • かかりつけ医からカルテを手に入れる。
  • 家族との会話をビデオで収める。

などと膨大な労力が本研究には注ぎ込まれました。

 

参加者の行く末は非常に幅広く、彼らの多様な人生を全てパッケージ化したうえで、「人間の幸福にとって最も大事なものとは?」の答えを数字で割り出しました。

 

そして、研究リーダーのロバート・ウィルディンガー教授は次のような言葉を残しています。

「彼らの人生から得られた、何万ページにもなる情報から明らかになった事は何でしょう? それは富でも名声でもがむしゃらに働く事でもありません。私たちの体を健康にし、心を幸福にしてくれるのは『良い人間関係』です。これが結論です」

 

確かに、いくら富や名声があろうとも、身近な人との関係が悪ければ、そこに「満足」は生まれません。

結果、手に入れたものは全て無に変えるというわけです。

 

 

その他、「成人発達研究」のデータから、人間関係が悪い人に比べて、良い友人関係が多い人は3倍も仕事で成功しやすく、年収も高い傾向があるということが分かったのです。

 

また、ロバート・ウィルディンガー教授は次のような言葉も残しています。

「良い人間関係は私たちの脳も守ってくれます。周囲との良い関係を80代までキープできた人や、何か困ったときに助けを求められる相手がいる人は、はっきりした記憶を長く持ち続けられます。しかし、困ったときに頼る相手がいないと、早い段階で記憶力が低下し始めるのです」

 

孤独から来る炎症で体調が崩れ、さらに脳の機能も衰えてしまうのだから、仕事のパフォーマンスが下がっていくのは当たり前ですよね。

 

 

本研究から、「友人」という要素は、健康及び仕事のパフォーマンスに大きな影響を与えることが分かったのです。

 

 

2つの研究から見る「友人」の存在価値

f:id:subaru7s:20191112133527p:plain


ブリガムヤング大学
及びハーバード大学の研究から、「友人」は単にその場を楽しませてくれる存在だけでなく、寿命、健康、仕事などに長期的にプラスの影響を及ぼしてくれる存在とも言えます。

 

つまり、今、あなたの近くにいる友人は

  • あなたを長生きさせてくれる。
  • あなたに健康な日々をくれる。
  • あなたの仕事パフォーマンスを上げてくれる。

そんな存在でもあると言えます。

 

 

冒頭でも述べたように、「友人」に対する考え方は人それぞれでOKだと思います。

 

しかしながら、「友人」という存在が、富や名声以上に私たちに幸福をもたらしてくれるというのも事実です。

このように考えると、今、あなたの身近にいる「友人」を大切にしないという選択肢はありませんよね?

 

『友達を大切に』という言葉は何ともありきたりな言葉かもしれませんが、「友人」というのは、私たちにとってそれだけ存在価値が高いものなのです。

 

ぜひ、今、近くにいる「友人」を大切に毎日を過ごしていきましょう!