すばるの雑談

健康に関する情報をメインに、趣味や日常など幅広いジャンルでお届けするブログです。

スポンサーリンク

2019年、一番の失態と幸せが同時に起こった日の話

みなさん、こんにちは。すばるです!

今日は、今週の振り返りと小話以外では久々となる、日常系の記事を書いていこうと思います。

 

書く内容は『12月15日のS(僕の好きな人)とのデートの話』

僕にとって良い意味でも悪い意味でも忘れられない一日となり、2019年、一番の失態と幸せが同時に起こった日となりました(笑)

 

詳しくは本編にて!

 

 

楽しみにしていたプラネタリウムデート

11月の終わりに、Sとのラインでプラネタリウムが話題となり、そこから一緒に行こ~という話になりました。

 

お互いの用事等の関係で、12月15日に行くことに決まりましたが、プラネタリウムデートの予定が決まってからはもうそれだけを楽しみに毎日頑張ってきました。

寒い日の1限も、補講も、レポートも、楽しみがあると不思議と頑張れました。

 

更に、当日スムーズに案内できるようにと下見まで完璧に。

僕はやや方向音痴気味なところがあるので実際に現地まで一度足を運んだり、ネットで館内の様子を調べたりと、もうこれでもかというくらい準備を完璧にしていました。

 

 

また、この日に、Sに自分の気持ちを伝えられたらと思っており、プラネタリウム後に近くの公園で告白したいとも考えていました。

 

まあ、そんなこんなで、楽しみいっぱい、緊張いっぱいで12月15日のプラネタリウムデート当日を迎えたわけですが…

そこでやらかしちゃうのが僕すばるなんですよね(笑)

 

 

2019年最大の失態

12月15日当日、時間にルーズな僕ですが、きちんと集合時間の10分前につくことに成功。

そこからSが来るまでは緊張でいっぱいでしたが、Sが来てからは緊張感より安心感が勝り、いつもの自然体な自分でいられました。

 

当初の僕のプランでは、すぐに科学館に向かい、適当に館内を回った後に、時間が来たらプラネタリウムといった感じでした。

しかし、その数日前にSからいろいろ相談事を受けていたこともあり、カフェで少し話した後に向かおう!と提案しました。

(↑おそらくこれがやらかしの始まり)

 

僕の行きつけのカフェで、Sからの相談にのったり、いつも通り雑談を楽しんだり。

気付けば時間は刻一刻と過ぎていき…

 

Sが突然、「ねぇ、時間(笑)」と一言。

 

最初、僕はその意味が分からず、みたいなかんじでしたが、時計を見ると…

なんと既にプラネタリウム開始時間を過ぎている(というかもう終わりを迎えようとしている)のです。

 

 

プラネタリウムデートのはずが、肝心のプラネタリウムに行く時間を見逃す。

もうこの瞬間ほど絶望したことはありませんね(笑)

 

というか、デートでこんな失態をする男性、他にいますか?

 

言い訳させてもらうと、やっぱ楽しい時間って過ぎるの早いじゃないですか。

30分くらいしか経っていないかなと思っていたら、とっくに2時間以上過ぎてるっていう…
(頼むから講義もこのくらい早く経ってくれ)

 

あと、僕、デート中はスマホを全然触らないんですよね。

そのため、時間を見る機会が少なかったみたいな…

 

まあ、全部、言い訳なんですけどね(笑)

 

 

いや~、もう必死に謝りましたね。

普通に幻滅されてもおかしくないレベルの失態でしたが、それでもSは「いやいや、気付かんかったうちも悪いし、プラネタリウムじゃなくても〇〇と過ごせたら楽しいよ!」と神のフォロー。

 

この言葉にどれだけ救われたことか。

そして、そこから30分近くはもうお互い笑いっぱなしでした。

 

2019年、最大の失態もこうやって笑い合える。

こんなとこも、いいな~って思っちゃいましたね。

 

なお、やらかした失態はしっかり反省したいと思います(笑)

 

 

2019年最大の幸せ

そんな失態もあり、3時間近くカフェで過ごしてしまうことに。

すると、突然Sから「〇〇のイルミネーション行ってみらん?」と提案が。

 

Sが喜んでくれるならと、20分くらいチャリを漕ぎ、二人でイルミネーションのきれいな場所に行きました。

幸い、クリスマス前ということもあり、人はそこまで多くなく、比較的スムーズに歩いて回ることができました。

 

幻想的なイルミネーションを見ながら、好きな子の隣を歩く。

こんな幸せなことはありませんね(笑)

 

 

1時間近くイルミネーションを堪能し、すっかり冷え切ってきたこともあり、そろそろ帰ろうかという話に。

 

チャリを漕ぎながら、「予定とは違ったけど楽しかったね」と2人で話しつつ、心の中ではやっぱりSに気持ちを伝えたいなと考えていました。

 

そうこう考えているうちに気付けばSの家の近くに。

そして、気持ちを伝える恥ずかしさより、気持ちを伝えたいという思いが勝り、その場で呼び止め気持ちを伝えました。

 

人生初告白ということもあり、途切れ途切れの告白となってしまいましたが、一つ一つの言葉を頷いて聞いてくれたS。

「ずっと好きでした」の言葉と共にOKをもらうことができました。

 

 

その後、手を繋ぎ、2人で「全然見えないね」と言いながら星を探したのはいい思い出です(笑)

 

大失態もありましたが、最後は幸せを感じることができ、忘れられない一日となりました。

終わりよければすべて良しということで!

(めでたしめでたし)

 

プラネタリウムにはまた今度行こうと思います。

 

※全国の男性のみなさん、くれぐれも僕と同じ失敗はしないように!