すばるの雑談

健康に関する情報をメインに、趣味や日常など幅広いジャンルでお届けするブログです。

スポンサーリンク

なぜ恋愛が長続きしない!?良い恋愛が続く5つの習慣

人間関係の悩みというのは現代人につきものです。

友人関係、恋愛関係、家族関係…

 

とりわけ、友人関係や家族関係は良好だけど、恋愛は長続きせず、良い恋愛関係をうまく保てない…という悩みを抱える方は少なからずいると思います。

そこで、イリノイ大学が行った12,273人のメタ分析によって明らかになった良い恋愛が続く5つの習慣をみなさんにご紹介していきます。

 

〇この記事を特に読んでほしい方

・なかなか恋愛が長続きしない方
・今の彼氏・彼女と長続きするか不安な方
・パートナーと良い関係を保ち続けたい方

 

 

イリノイ大学のメタ分析

f:id:subaru7s:20191112133649p:plain

 

今回紹介するイリノイ大学の研究は、12,273人のデータを用い、人間関係維持に関する研究の中から恋愛に関するものを35件程度集めて行ったメタ分析です。

そのため、非常に信憑性があり、参考になるものだと思います。

 

このメタ分析をもとに、良い恋愛関係を保つためのポイント(習慣)が5つ明らかになったので、ぜひ以下紹介するポイントを頭に入れておきましょう!

 

①2人の関係における透明性

簡潔に言えば、お互いの感情を相手を傷つけることなく伝えあうことができるかということです。

 

例えば、彼女が風邪をひいて、デートをドタキャン。

そのとき、彼氏が「体調管理くらいきちんとしろよ。せっかく時間作ったのにほんとがっかりだわ」と彼女に言ったとします。

 

彼氏はデートできなかったことに対する”不満”という感情を彼女にぶつけたわけですが、おそらく、いや間違いなく彼女は傷つきますよね…

 

このようなシチュエーションは破局を生みやすいというわけです。

 

 

上の例はかなり大げさでしたが、

  • カップルの内どちらかが感情をぶつけてばかり
  • 相手の顔色を窺い、うまく感情を伝えられない
  • 相手の感情を分かった気になっている

このようなカップルは意外とたくさんいるものです。

 

人間の心はそんな簡単に分かるものではないからこそ、きちんとお互いの感情を伝えあうこと、伝えあえる状態を作っておくことが非常に重要です。

相手のことを一方的に分かった気になったり、お互いに感情(本音)を言えなくなったりしたら、それは黄色信号点滅のサインです。

 

 

②ポジティブ感

これは、お互いが一緒にいて楽しいか、笑いがあるか、幸せを感じられるかということです。

 

みなさんの周りに、イケメンじゃないのになぜかめちゃくちゃモテる人っていませんか?

 

誠実性がある、面倒見が良いなどの一面でモテているケースもありますが、多くの場合、彼らがユーモア性を持っていることにあります。

芸人さんがモテる理由も実はここにあるんですよね。

 

ユーモア性を持っているということは、それだけ一緒にいて楽しく、気分が良い状態を維持しやすいです。

自分を楽しませてくれる相手なら、ずっと一緒にいたいと思いますよね!

 

 

ちなみに、自分ユーモア性なんて自信ないよ…という方も安心してください。

 

良い恋愛関係を保ちたいというのであれば、要は相手と笑い・楽しいのツボが合えばそれでOKです。

無理に自分が面白いことをしなく(できなく)ても、同じ時間を笑って過ごせる関係であれば、それは非常に良い関係性であると言えます。

※多くの異性からモテたいというのであれば別ですが。

 

 

③保障があること

これは、二人の関係が長く続くということをお互いに考えているとアピールし合えることです。

つまり、ずっと一緒にいたいのなら、きちんと言葉で伝えようということです。

 

「言わなくても分かってほしい」「口にしなくても分かるだろ」、これらはエゴや身勝手というものです。

相手のことを本当に大切に思っているなら、好きという気持ちや日頃の感謝の気持ちは言葉にして伝えなければいけません。

 

よく、「ありがとう」がすっと言い合える関係は長続きすると言われますが、これはきちんと感謝の気持ちを伝えているからです。

 

ちなみにこれは、結婚がどうこうではなく、長く続く関係であることをお互いに認識しておくことが重要ということです。

 

 

④タスクシェアリング

簡単に言えば、お互いの責任や役割等が公平になるように分担することです。

 

男性は〇〇するもの△△は女性がすべきといった風習は少なからずありますが、これらをうまく分担していくことが良い恋愛関係を保つためには重要です。

 

例えば、デート代は男性が支払うべき問題、家事は女性が率先して行うべき問題。

これらはよく話題に挙がるカップル(夫婦)間の問題ですよね。

 

実際のところ、男性の方が稼ぎがあるケースが多い、女性の方が家事スキルが高いケースが多い、というのは事実です。

しかし、だからといってそのタスクを相手にだけ押し付けてしまうと、不満が溜まり、破局の原因となりやすいです。

 

 

とは言え、タスクを完全に半々に分担するというのは、実際にはかなり難しい問題です。

そのため、お互いがフェアだと思えるラインで、うまく相手を助けながら分担することが大切です。

 

 

ソーシャル・ネットワーク・シェアリング

これは、パートナーと自分の友達や家族を繋いだり、パートナーの友達や家族を紹介してもらったりすることが大切ということです。

 

パートナーに自分の友達を紹介しないと、相手の信頼度が次第に下がるというデータもあります。

そのため、実は、相手の人間関係に興味を持つこと、相手に自分の人間関係に興味を持ってもらうことは大切です。

 

二人きりで過ごすのももちろん良いですが、たまには友人も交えて遊んでみるというのも良いでしょう。

お互いの人間関係が共有されることで、周りから応援されやすいカップルにもなり、別れにくくなります。

 

 

まとめ

f:id:subaru7s:20191010135234p:plain

良い恋愛関係を保つ5つのポイントを簡単にまとめておきます。

  1. お互いが感情をうまく伝えあえる。
  2. 一緒にいてポジティブな気持ちになれる。
  3. 好きや感謝の気持ちを口に出して伝える。
  4. タスクをフェアなラインで分担する。
  5. お互いの人間関係を共有する。

 

長続きしない恋愛関係に悩みを持つ方は、ぜひこれらを意識していきましょう。

 

また、今回紹介したものは恋愛についての人間関係ですが、人間関係維持の研究がもとになっているので、その他の人間関係においてもこれらの要素は重要であると言えるでしょう。