すばるの雑談

健康に関する情報をメインに、趣味や日常など幅広いジャンルでお届けするブログです。

スポンサーリンク

男性の生理があるって本当!? 4人に1人が抱えている問題

”生理”と聞くと、多くの方は女性特有のものと考え、男性には無縁のものと考えますよね。

 

しかし、実は生理中に女性の方が体験する

  • メンタルが落ち込みやすくなる。
  • 疲れ・だるさを感じやすくなる。
  • 体調が悪くなる。

などのいろいろな変化、これらが男性にもあるのでは?ということが言われてきています。

 

そこで今回は、『男性の生理』というテーマについて、お話していきたいと思います。

 

 

イギリスのウェブサイトによる調査

f:id:subaru7s:20191112133649p:plain

予め断りを入れておきますが、当然、男性である以上、実際に生理が起きるということはありません。

しかし、ホルモンバランスの変化による体の不調(生理によく似た症状)が男性にも起きるというのが、調査によって明らかになっています。

 

イギリスのウェブサイトが、2,412人を対象にしたアンケートによると、男性の約26%が月に1回程度女性の生理によく似たホルモンバランスの変化による体調不良に悩んでいることが分かっています。

※学術的調査でないことは予めご了承ください。

 

具体的に挙げられている症状としては、

  • 疲れ・だるさを感じやすい
  • イライラしやすくなる
  • メンタル状態が不安定に
  • 甘いものを急に欲するようになる
  • 空腹を感じやすく、食欲増進

このような感じで、いわゆる”生理”の症状と非常に類似していますよね。

 

26%というデータをどう見るかは人それぞれですが、個人的にはかなり高い数値だと思っています。
(もちろん学術的調査によって%の変動は十分考えられますが)

4人に1人が、知らず知らずのうち、周期的な体調不良を感じているということですから。

 

もし、みなさん(男性)の中に、周期的に上で挙げた症状を感じる方がいれば、それはホルモンバランスの変化によるものかもしれません。

 

以下、この対策についてお話していくので、ぜひ参考にしてください。

 

 

鍵を握るのはテストステロン値!?

f:id:subaru7s:20200102124927p:plain


さて、このホルモンバランスの変化による体調不良の原因は、専門家の間で様々な議論がなされていますが、その中で、特に有力なものにテストステロン値の減少が挙げられています。

テストステロンというのは、男性ホルモンの一種で、

  • 筋肉がつきやすくなり男らしい体つきになる。
  • やる気を上げてくれる。
  • メンタルの安定が図られる。

 なとと、いいとこ尽くしのホルモンです。

 

「できる男(人間)」のホルモンとも呼ばれているテストステロン。

このテストステロンの値が減ることで、上で挙げたような体調不良が起きるとされています。

 

そのため、テストステロンの値を上手にコントロールすることで、”生理”と類似した症状を防ぐことができるのでは?というのが専門家の見解です。

 

 

具体的なテストステロン値をコントロールする(増やす)方法としては、次のようなものが挙げられます。

  • 筋トレや運動をする。
  • 太陽光を浴びる。
  • 勝負事で勝つ。
  • ストレスを溜めない。
  • 十分な睡眠を取る。

とりわけ、能動的にできることとしては、運動・筋トレがオススメです!

 

詳しくは下記の記事にて。

www.subaru7s.com

 


まとめ

f:id:subaru7s:20191010135234p:plain

男性にも”生理”によく似た症状は起こる。

ホルモンバランスの乱れによる周期的な体調不良を感じる人は26%

 

これらに悩む方(心当たりがある方)は、その時期を記録し、周期を予測するとともにテストステロン値のコントロールをすることで、改善を目指しましょう。

ぜひテストステロンを増やし、活力ある毎日を!