すばるの雑談

健康に関する情報をメインに、趣味や日常など幅広いジャンルでお届けするブログです。

スポンサーリンク

過去の辛い経験は未来の糧に、大きな財産になるって話

みなさん、こんにちは。すばるです!

 

先日、僕の恩師とでも呼べる方とお会いし、お話をさせて頂く機会がありました。

その方は、僕が高校時代に肩を怪我して人生に絶望していたとき、前を向くきっかけをくださった方です。
(肩の怪我は今は大丈夫です)

 

今日は、その方との対談を通じて印象に残ったことを記事にしていきたいと思います。

※その方の名前は米田さん(仮名)とさせてもらいます。

 

 

米田さんとの対談を通じて学んだこと

f:id:subaru7s:20200114194838p:plain

過去の辛い経験は未来の糧になる

過去に辛い経験をしてしまったとき、その過去は、今どうあがいても変えることはできない。

だけど、過去の見方を変えることはできる。

 

そのつらい経験があったからこそ、この先、同じ境遇の人と出会ったとき、彼らに寄り添ってあげることができる。

怪我で辛い思いをしたなら、怪我で思い悩む生徒(選手)に出会ったとき、彼らの辛さに共感し、一緒に前を向いていく手助けができる。

 

「選手としての後悔はあるかもしれんが、指導者としてならその経験はいつか大きな財産になる。

いい指導者を目指せよ!」

米田さんのこの言葉にどこか救われた。

 

 

過去があるから今の自分がある

楽しかったこと、嬉しかったこと、辛かったこと、悲しかったこと。

過去のどんな出来事・経験も今の自分に繋がっている。

 

今、生きているってことは、これら全ては決して無駄なことではない。

 

楽しかったことがあったから笑え、辛かったことがあったから成長できた。

過去に”無駄”なんてことは一つもない。

 

もしあるとしたら、今を生きることを諦めたときだけだ。

 

 

過去のためにではなく、未来のために

今でも、当時のことを思い出し、ただ闇雲に走ることがある。

走っているときは辛い過去のことを忘れられるからだ。

 

けど、米田さんに言われた。

「過去を清算するために今を生きるな。

未来に向けた努力をし、今を生きろ。」

 

本当にその通りだなと思う。

今の自分にできること、未来のためにできること、これらを今一度考えてみようと思った。

 

 

何かを頑張れることはそれだけで幸せ

勉強が辛い、部活が辛い…

〇〇が辛いっていうのは山ほどある。

 

たしかに何かを頑張ることは辛いし、努力をするのは大変だ。

 

でも、本当に辛いのは頑張りたくても頑張れない状況に立たされることだ。

何かに向かって努力できること・頑張れることは何も当たり前のことじゃない。

 

何かを頑張れることはそれだけで幸せなことだ。

そして、その状況に感謝しなければならない。

 

 

最後に

米田さんには、数時間という短い時間でしたが、本当に多くのことを学ばせてもらいました。

この学びを生かし、自分の夢や目標に向かってまた一段と頑張っていきたいと思います!

 

辛い過去の経験を持たれている方、今が辛いという方。

その”辛い”という経験(状況)は必ず自らを強くし、成長へと繋げてくれます。

 

一緒に前を向いて生きましょう!