すばるの雑談

健康に関する情報をメインに、趣味や日常など幅広いジャンルでお届けするブログです。

スポンサーリンク

頻繁なスマホチェックはものすごく危険!?あなたのQOL下がっていますよ!

現代人が頻繁に触るスマホ

スマホは非常に便利なものですが、実は、頻繁なスマホチェック(主にメールチェックやSNSチェック)が私たちのQOLを低下させるということが分かっているのです。

 

今回は、スマホチェックに隠された罠についてお話していきたいと思います。

気付けばスマホを触っているという方は要注意ですよ!

 

 

ブリティッシュコロンビア大学の研究

f:id:subaru7s:20191112133649p:plain

ここでは、ブリティッシュコロンビア大学が行ったメールチェックとストレスに関する研究についてご紹介します。

 

本研究では、対象者を以下の2グループに分けました。

A、メールチェックを普段通りにしてもらうグループ

B、メールチェックを1日3回までに制限したグループ

※Bのグループは通知もならないようにし、決まった時間にのみチェックを行いました。

 

そのうえで、2週間の経過観察をしたところ、Bグループは大事な仕事時の緊張感や毎日のストレスが和らぎ、仕事において大きな成果を出すことができたのです。

また、ストレス軽減によって、仕事だけでなく、プライベートの人間関係充実幸福度アップも見られたそうです。

 

つまり、メールを見る回数が増えれば増えるほどストレスが増大し、反対にその回数を減らせばストレスが減少し、仕事の成果アップやプライベートの充実が図られるということが本研究で分かったのです。

 

※本研究ではメールチェックでしたが、SNSチェック(LINE、twitter、インスタなど)に関しても同様の現象が起きると考えられます。

 

 

まとめると、

メールの頻繁なチェック

⇒ストレスが激増

⇒仕事の生産性ダウン

⇒更なるストレスや不安、不満が溜まることに

⇒プライベートにも悪影響が…

といった感じで、頻繁なメールチェックから負のスパイラルにハマってしまうというわけです。

 

これを断ち切ってあげることで、人生は大きく充実するのでは?というのが本研究から伺えることです。

 

 

マルチタスクQOLを下げる!?

f:id:subaru7s:20191229163148p:plain



さて、メールチェックないしはSNSチェックが、なぜここまでの悪影響を及ぼすのかということについてお話していきたいと思います。

 

答えはずばり、これらがマルチタスクになってしまうからです。

 

人間というのは、集中している時間が長い、すなはち、雑念なく一つのことに取り組んでいる時間が長いほど幸せになります。

その反面で、時間が細かく分断され、いろいろなことをあれもこれもという状況は、私たちの幸福度を大幅に下げていきます。

 

この時間を細かく分断するものの正体こそがマルチタスクであり、メールチェックSNSチェックはその最たる例です。

 

 

そもそもみなさんは、自分が一日にどのくらいスマホをチェックするかを認識していますか?

もちろん個人差は大きくありますが、平均すると1日に150回程度と言われています。

 

仮に、一時間あたり10回スマホをチェックしたとしましょう。

このとき、私たちの集中力はおよそ6分に一回程度切れていることになります。

 

もうお分かりだと思いますが、スマホチェックは想像以上に私たちの時間というものを細かく分断してしまうのです。

そして、スマホチェックの中でも、とりわけ頻繁に行ってしまうものが、メールチェックおよびSNSチェックです。

 

「気付けばtwitterやインスタを開いている」

「ことある度にメールのチェックをしてしまう」

このような方はきっと多いですよね。

 

 

スマホチェックによるマルチタスク

 

これは私たちの幸福度を大幅低下させるとともに、

  • 一度スマホチェックを挟むと、元の集中状態に戻るまで約25分かかる。
  • マルチタスクで作業をすると、生産性は40%ダウン。
  • マルチタスクで作業をすると、作業効率が低下し、作業時間は集中状態の1.5倍に。
  • マルチタスクで作業をすると、作業ミスが50%増加。

といったことも引き起こすというのが、様々な研究により言われています。

 

このようなことを踏まえると、マルチタスクQOL(人生の質)を下げるというのも納得ですね!

 

 

マルチタスク対策で人生を豊かにしよう!

f:id:subaru7s:20200209120706p:plain


人生を豊かなものにしていくために、ぜひともマルチタスク対策を行いましょう。

 

具体的には、

  • チェック時間を決める。
  • 通知をオフにする。

というのがオススメです。

 

チェック時間を決める

「この時間にSNSやメールのチェックをする」というのを決めてあげるようにしましょう。

例えばですが、各食事の後に一度ずつチェックしてあげるというのでも良いと思います。

 

一回当たりのチェック時間が少々長くなっても問題ないので、極力頻度を減らす方向で考えてあげるのがポイントです。

 

そして、チェック以外の時間はスマホを手の届く範囲に置かないことをオススメします。

これにより、一日のうちに一つのことに集中できる時間を強制的に作ってあげることができ、人生における幸福度アップが図られるというわけです。

 

※可能であれば、朝は極力チェック時間から外すことをオススメします。

朝は最も高い集中力を持って作業に取り組めるため、そこをスマホチェックで邪魔してしまうのは何とももったいないことです。

 

 

通知をオフにする

作業に集中していた時に、「LINEの通知がきて作業中断…」といった経験がある方は少なからずいるでしょう。

 

LINEに限らず、様々なSNSやメールの通知というのは、私たちの集中をよく阻害します。

ちなみにこれは、通知から実際にチェックしたかどうかに関わらず、通知に気付いた時点で集中力は大幅ダウンすることが知られています。

 

研究者の中には、通知をオフにするだけで、1年は12ヶ月から13ヶ月に伸びるのでは?といった考えを持つ人もいます。

それだけ通知というのは恐ろしいものであり、私たちの集中力と時間を奪っているのです。

 

心当たりのある方は、ぜひこの瞬間から通知をオフにすることをオススメします!

 

 

 

 ⇓QOLを上げたい方は、こちらの記事も参考に!

www.subaru7s.com