すばるの雑談

健康に関する情報をメインに、趣味や日常など幅広いジャンルでお届けするブログです。

スポンサーリンク

作業効率を上げてくれる色があるって本当!?作業に合った色選びを!

「作業するときは、〇色を見ながらした方が良い」

「勉強するときは、〇色のペンを使った方が効率的」

などといったこと、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

実際問題、作業効率を上げたり、頭が良くなったりする色というのはたしかに存在し、様々な研究で明らかになっています。

しかしながら、一括りにこの色で作業効率アップ・頭が良くなるというよりは、「〇〇系の作業の時はこの色、△△系の作業の時はこの色」といった感じで、作業の種類別に適切な色があるということが分かっています。

 

今回は、特にという2つの色に注目し、色による作業効率アップ効果についてご紹介していきます。

 

 

ブリティッシュコロンビア大学の研究

f:id:subaru7s:20191112133649p:plain

ブリティッシュコロンビア大学が行った、赤色青色についてのおもしろい研究をご紹介します。

 

本研究では、600人の男女を対象に、全員に頭を使うようなテスト(神経衰弱やアナグラムなど、計6パターンの様々な脳の機能を使うテスト)を行ってもらいます。

その際、パソコンの壁紙を真っ赤の場合と真っ青の場合の2つのグループに分けて、その差や偏りを調べました。

 

その結果、どのようなことが分かったのか?

 

〇赤い壁紙で作業を行ったグループ

注意力や観察力等を必要とするテストにおいては、青のグループの2倍の成績が出るという結果に。

 

〇青い壁紙で作業を行ったグループ

思い付きやひらめき、創造力といったものを必要とするテストにおいては、赤のグループの2倍の成績が出るという結果に。

 

このように、なんと色の違いによって、2倍もの成績の差が現れたのです。

色の効果恐るべしですよね!

 

 

注意力の赤とクリエイティブの青

f:id:subaru7s:20200212175548p:plain


さて、なぜ赤と青という色の違いだけで、上のような結果が現れてしまったのかについて解説します。

 

まず、ですが、これは警戒を意識させる色です。

 

分かりやすい例で言えば、赤信号やパトカーです。

これらを見ると、みなさん、ついつい警戒しちゃいますよね?

 

日常生活の中で、私たちは赤が視界に入ると、無意識のうちに警戒を強め、周囲に注意を払うようになります。

結果として、注意力や観察力のアップに繋がる一方で、目の前のことだけに集中してしまいやすくなるので、クリエイティブさは落ちるというわけです。

 

 

一方のですが、これは落ち着きをもたらす色です。

 

海や空を想像してもらえれば分かりやすいと思いますが、これらを眺めていると、次第に心が落ち着いてきますよね。

 

このように、青が私たちの視界に入ることで、私たちは緊張(集中)状態から解き放たれ、一歩引いた視点で物事を見ることができるようになります。

結果として、程よく注意力が拡散され、目の前のことに対する注意力や観察力は低下するものの、クリエイティブさは上昇するというわけです。

 

※赤色は一点集中で注意力(集中力)が上昇、青色は全体的に注意力(集中力)が上昇といった感じです。

 

つまり、

目の前のことに注意して作業しなければいけないときは、赤色を見る状況を作りながら作業をした方が良い。

新しいことを思いついたり、何か革新的なアイデアが欲しかったりするときは、青色を見る状況を作りながら作業をした方が良い。

ということです。

 

たかだか色と思わず、ぜひ作業に合った色選びを、可能な範囲でしてみて下さい!

 

 

⇓その他の色の心理学についてはこちらから

www.subaru7s.com