すばるの雑談

健康に関する情報をメインに、趣味や日常など幅広いジャンルでお届けするブログです。

スポンサーリンク

習慣化するための最強テクニック『if-thenプランニング』って何者!?

〇〇を習慣化したいけど、なかなか継続できない…

 

習慣化は目標達成に大きく貢献してくれますが、その反面で、上記のようにどこかで挫折してしまう人が多いのも事実です、

そこで今回は、習慣化するための最強テクニック『if-thenプランニング』なるものをご紹介していきます。

 

 

if-thenプランニングって何者?

f:id:subaru7s:20200224180807p:plain

習慣化するための最強テクニック『if-thenプランニング』

やり方は非常に簡単で、「〇〇したら、△△する」と決めるだけです。

 

例えばですが、

  • 夕食を食べたら20分読書する。
  • お風呂から上がったらストレッチする。

 

このように、「〇〇には古い習慣(普段からやっていること)、△△には新しい習慣を入れてあげ、何か紙などに書いておく。

たったこれだけのことで、習慣化の成功確率が2~3倍になることが分かっているのです。

 

if-thenプランニング恐るべしですよね!

 

 

コロンビア大学の研究

f:id:subaru7s:20191112133649p:plain

if-thenプランニングは数多くの研究によって、その効果の高さが認められていますが、ここではコロンビア大学が行った実験の方をご紹介します。

 

本実験では、「運動を習慣化したい」という人を次の2グループに分けました。

※なお、運動は習慣化が難しいと言われるジャンルに分類されます。

 

A、自分で目標を設定したグループ

B、if-thenプランニングを行ったグループ

 

その結果はどうだったのか?

 

Aの自分で目標を設定したグループ31%が習慣化に成功し、69%が習慣化に失敗しました。

一方、Bのif-thenプランニングを行ったグループは、習慣化に失敗したのがたったの9%で、91%もの人が運動の習慣化に成功したのです。

 

つまり、普通に運動の習慣化を目指そうとした際、約3割しか成功しなかったのに対し、if-thenプランニングを行った際は、9割近くの人が習慣化に成功したのです。

 

 

なぜif-thenプランニングはここまですごいの?

f:id:subaru7s:20191117121821p:plain

if-thenプランニングがここまで習慣化に効果を発揮する理由。

ずばり、そのカギは”脳”にあります。

 

脳というのは「if-then」が大好きで、私たちは無意識のうちに行動のほとんどをif-thenで決めているのです。

 

よく例に出されるのはライオン。

  • お腹がすいたら、狩りをする。
  • 狩りをしたら、食べる。
  • お腹がいっぱいになったら、寝る。

 

このように、if-thenが脳にインプットされているからこそ、彼らはそれに忠実に行動しているのです。

 

人間もライオンや他の動物などと同様に、

「if-then」を脳にインプットしてあげることさえできれば、それに忠実行動できる(習慣化できる)ようになります。

 

実際問題、私たちが普段何気なく行う

  • 朝起きたら顔を洗う。
  • 食事をしたら葉を磨く。
  • 信号が赤なら止まる。

など、これらは全て「if-then」です。

 

習慣化=「if-then」を脳にインプット

直接習慣化を目指すのも良いですが、脳の大好きな「if-then」を経由して目指してあげることで、習慣化のハードルが下がるというわけです。

 

 

if-thenプランニングまとめ

f:id:subaru7s:20191010135234p:plain

「〇〇したら、△△する」

これを脳にインプットしてあげることで、一気に習慣化が目指しやすくなります。

 

気を付けるべきポイントとしては、

  • 「〇〇したら、△△する」を紙に書いておく。
  • 習慣化は1つずつ行うようにする。
  • いきなりハードなthenは設定しない。

この3つです。

 

ぜひ、if-thenプランニングを活用し、習慣化、そして自身の目標達成に近づいていきましょう。

 

 

 ⇓やめたい習慣があるかたはこちらも参考に!

www.subaru7s.com