すばるの雑談

健康に関する情報をメインに、趣味や日常など幅広いジャンルでお届けするブログです。

スポンサーリンク

好きなタイプは98%もの高確率で変わる!?その恋愛、諦める必要ありませんよ!

相手の好きなタイプが自分とは違った…

このような状況に直面してしまうと、ショックを受けたり、恋を諦めたりしてしまいそうになることありますよね。

 

しかしながら、相手の好きなタイプは高確率で変わることが分かっています。

 

そのため、相手の好きなタイプが自分ではないからと恋を諦める必要はありません。

何より自身が相手の好きなタイプでなくても、恋に発展する可能性は十分にあります。

 

 

好きなタイプは高確率で変わる!?

f:id:subaru7s:20200125163506p:plain

経済学者Marco Francesconiが出した男女の出会いに関する論文によると、好きなタイプは98%もの高確率で変わるということが分かっています。

つまり、背の高い男性がタイプだった女性が、そこまで背の高くない男性を好きになったり、料理のできる女性がタイプだった男性が、そこまで料理上手でない女性を好きになったりすることは高確率で起こりうるということです。

 

そのため、相手の好きなタイプが自分とは違うからといって、ひどく落ち込む必要はありません。

 

 

では、好きなタイプが変わる条件とは何か?

 

ずばり、周囲との比較による自分の評価です。

 

例えばですが、180cm以上の高身長男性しか無理という女性の周りに、170cm前後の男性しかいなかった場合、必然的にその中で身長が最も高い人をタイプとして認識するわけです。

つまり、好きなタイプという理想こそあれど、実際にはその人自身の周り人たちとの比較で、より最適な人を選ぼうとしているだけということです。

 

そして、98%もの人が、好きなタイプ=絶対条件ではなく、好きなタイプ=相対条件であり、周囲の人候補者によって簡単に自分の好みが変わるということが上の論文で分かっています。

 

 

好きなタイプは環境と候補者によるもの

f:id:subaru7s:20200311154004p:plain

好きなタイプ=相対条件という話をしましたが、このことから伺えることとして、その集団の中で、自分がどの部分で比較優位性を発揮できるかを考えることが大切ということです。

 

 

結局のところ、ほとんどの人にとって理想はあくまで理想であるため、大切なのは相手の理想との勝負ではなく、周囲の候補者たちとの勝負です。

そのため、相手の理想に対して見栄を張るよりも、周囲の候補者たちとの中で、自分のアピールできる部分をアピールした方が良いということです。

 

もちろん、そのアピール部分が相手の好きなタイプの条件に入っていればなお良しです。

※集団の中で、相手の好きなタイプに最も当てはまっていると、それだけで一気に印象が良くなります。

 

 

ちなみに、これに関連した合コン等のテクニックとして、「系統の違うメンバーをそろえる」というものがあります。

 

これは系統が似たメンバーだと、どうしてもアピールポイントが被ってしまい、一人の人に人気が集中してしまいやすいからです。

その点、系統の違うメンバーだと、それぞれが比較優位性を発揮しやすく、各々が上手くいきやすいというわけです。

 

 

 

好きなタイプを気にし過ぎる必要はない

f:id:subaru7s:20200311153659p:plain


合コンやパーティー等であれば、周りの候補者に合わせて自分の比較優位性をアピールしていけばいい。

 

でも、普段の恋愛で、相手の好きなタイプと違ったらどうすれば…

このように思う方も多いと思います。

 

たしかに、高身長がタイプの女性に対して、明らかに低身長かつ周囲比較もしようのない状況だとなかなかに難しいですよね。

 

ですが、安心してください。

 

繰り返しになりますが、ほとんどの人にとって好きなタイプというのは絶対条件ではありません。

あくまで候補者たちの中から付き合う人を選ぶ際の一つの指標に過ぎません。

 

そのため、好きなタイプに当てはまっていることがプラスに働くことはあっても、好きなタイプでないから恋愛対象外ということはほとんどありません。

 

そもそも好きなタイプというのは、相対条件としてどんどん妥協されていくものであり、非常に移り変わりしやすいのです。

事実、好きなタイプではなかったけど、アプローチされたり、付き合ったりしてから好きなタイプそのものが変わったというのはよく聞く話です。

 

・イケメン好きの人がフツメンと付き合う。

・付き合う前は微妙だったけど、誠実性に付き合ってから強く惹かれた。

・あまりタイプじゃなかったけど、付き合ってから家庭的な一面に惹かれてタイプが変わった。

などなど

 

だからこそ、自分の持つ武器(アピールポイント)で好きな相手にアピールしていけば、それでOKなのです。

むしろ、自分は相手のタイプじゃないから…と考え過ぎて、アピールできないことの方がマイナスです。

 

相手の好きなタイプはあくまで指標程度に留め、気にし過ぎないようにしましょう!

 

 

 

まとめ

f:id:subaru7s:20200308141257p:plain

ほとんどの男性(女性)にとって、好きなタイプは絶対条件でない。

⇒そのため、98%もの高確率で好きなタイプが変わる。

 

好きなタイプ=相対条件だからこそ、

  • 集団の中で、自分の比較優位性を発揮できるものをアピールすることが大切。
  • 好きなタイプが自分と違うといって、気にし過ぎる必要なし。

です。

 

ぜひ恋愛の参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 ⇓恋愛に関する記事はこちらも参考に!

www.subaru7s.com

www.subaru7s.com