ブログ関連

【seo対策】E-A-Tとは? E-A-Tを高めてGoogleに好かれる記事を目指そう!

GoogleE-A-Tとは何か? E-A-Tを高めてGoogleに好かれる記事を目指そう!
ケロ君
ケロ君
ペン先生、seo対策にE-A-Tが大事って聞いたんだけど、E-A-Tって何?
ペン先生
ペン先生
うんうん、E-A-Tはseo対策に大事だね!
ペン先生
ペン先生
よし、今日はE-A-Tについての話をしていこうか。
ケロ君
ケロ君
はーい、お願いします!

 

Googleが重要視している記事の要素の一つE-A-T

ぜひ本記事を読んでGoogleから好かれる記事、サイトを目指していきましょう。

 

本記事では、

  • E-A-Tとは何か
  • E-A-T要素がない記事の問題点
  • E-A-Tを高める方法

について解説していきます。

 

Google E-A-Tとは何か?

E-A-Tとは?

Google E-A-Tとは、

  • E:専門性
  • A:権威性
  • T:信頼性

この3単語の頭文字を取ったもので、Googleが重要視する記事の要素になります。

 

以下、一つずつ解説していきます。

 

Expertise:専門性

E:専門性とは、記事が専門性に長けているかどうかです。

そのため、自分の専門分野、もしくは自分が深い知識を持っているものについて記事を書くと記事は伸びやすくなります。

 

実際に、医学系や美容系の検索上位記事は、病院や美容クリニックなどが書く記事が占めていることが多いです。

ユーザー側からしてみても、

A:「男子大学生が勧める肌荒れ改善のお薬」

B:「美容クリニック〇〇が勧める肌荒れ改善のお薬」

ではBの方が圧倒的に知りたいと思いますよね。

 

Authoritativeness:権威性

A:権威性とは、他人からの信頼があり、記事の信憑性が認識されているかどうかです。

 

例えばですが、『風邪予防に効果的!寝る前の〇〇で風邪知らず』といったタイトルの記事が2つあったとします。

このとき、

  • 現役内科医師でメディアでも多数取り上げられた実績があるAさん。
  • ほとんど記事がサイトに存在せず、どんな人か全くわからないBさん。

みなさんはどちらの方が書いている記事を読みたいと思いますか?

 

間違いなくAさんの記事を読みたいと思いますよね!

 

現役内科医という肩書+メディアで取り上げられた実績と、信頼もあるAさんの情報なら知りたい、信用できるとなるはずです。

逆に、Bさんの情報は(仮に本当であっても)「え、その情報本当なの?」「そんなんで本当に効果が出るの?」と疑いたくなりますよね。

 

これが、まさしく権威性にあたります。

 

Trust Worthiness:信頼性

T:信頼性とは、サイト運営者が信頼できるかどうかです。

 

専門性や県異性と似たような感じになりますが

  • サイト運営者のその記事に対する専門性が高ければ高いほど
  • サイト運営者の本人情報(プロフィール等)が詳細であればあるほど

信頼できます。

美容記事であれば美容の専門家の記事の方が信頼できますし、ビジネス関連の記事なら当然実績を公開しているようなサイトの記事の方が信頼できますよね。

 

 

さて、ここまででお気付きの方も多いと思いますが、このE-A-T(専門性・権威性・信頼性)というのはバラバラのものではなく、それぞれが複合的に絡み合っている要素と言えます。

つまり、簡単にまとめると、Google E-A-Tとは『その記事が信頼に足る記事がどうか』を判断する要素であると言えます。

 

 

E-A-T要素がない記事の問題点

EATない記事の問題点

まず、GoogleはE-A-Tを「記事の品質面において、E-A-Tは非常に重視する観点である」と位置付けています。

searchqualityevaluatorguidelines.pdf 19,20 「E-A-T」部分より要約抜粋)

記事の質というのは検索上位を取るための最重要要素と言えるので、必然的にE-A-Tもseo対策において重要であるということが伺えます。

 

そのため、E-A-T要素がない記事というのは、それだけ検索上位が取れない(検索流入が見込めない)記事になってしまうというわけです。

 

特に、YMYL領域(Your Money,Your Life)と呼ばれる、健康やお金といったユーザー側の将来に大きな影響を与える分野全般では、E-A-T要素の無い記事は評価されない傾向が強くあります。

〇YMYL領域の具体的な領域

・財政:投資や税金など
・政治関連:法律、憲法など
・健康関連:薬、美容など
・人間関係:性、障がいなど
・ニュース:国際問題、上記に纏わるニュースなど
・その他(転職、人生選択等)

 

簡潔にまとめれば、E-A-T要素がない記事=Googleから評価されにくい記事と言えます。

※特に、YMYL領域と呼ばれる分野ではその傾向が強い。

 

Google E-A-Tを高める方法4選

E-A-T 高める方法

ここまでで、「E-A-Tとは何か」、「E-A-T要素がないと何が問題なのか」ということは話してきました。

ここからは、実際にseo対策としてGoogle E-A-Tを高めるための方法を4つほどご紹介していきます。

  1. 語尾の変更
  2. 引用を用いる。
  3. 数字や実績を用いる。
  4. SNS運用

 

以下、それぞれ詳しく解説していきます。

 

①語尾の変更

語尾が「~だと思います。」

僕自身も時々やってしまうのですが、このような主観的な文章に権威性や信頼性は生まれません。

 

例えば、

A:seo対策としてリライトを行えば、PVアップが見込めると思います。

B:seo対策としてリライトを行うことで、PVアップが見込めます。

どちらの文章の方がインパクトを受けますか?

 

間違いなくBの文章の方が権威性や信頼性を感じ、「seo対策としてリライトって有効なんだ!」と思い、行動に移したくなりますよね。

細かな違いのようにも感じますが、「~だと思います」、「~でしょう」といった語尾ではなく、「~です」「~ます」といった断定的な語尾に変えて、権威性や信頼性を高めていきましょう。

※不確定な情報を断定するのは、逆に信頼性を落としかねないので注意しましょう。

 

②引用を用いる。

自分自身にその分野の権威性がなかったとしても、引用を用いて権威性を借りることで、説得力ははるかに増していきます

例えば、医学分野の記事を書く場合であれば、論文を引用することで一気に説得力は増していきます。

 

権威性のところであげた例でいえば、「現役内科医〇〇も勧める風邪予防に効果的な方法」などと記事に書けば、自らが医学の専門家でなくても説得力を生むことができます。

世間からの認識が強いものからの引用ほど、権威性・説得力は高まるので、ぜひ活用していきましょう。

〇効果的な引用サイト

・Wikipedia
・書籍や論文
・専門家のサイト
・国家や世界的機関

なお、権威性を高めようと引用ばかりになっては、オリジナル性が失われてseo的にはマイナス評価です。

あくまで自分の文章を主としたうえで、上手に引用を使いこなしましょう。

 

③数字や実績を用いる。

自らがその分野で何らかの数字実績を持っている場合は、それらを公開するすることで権威性や信頼性が生まれます。

 

例えば、僕であれば

  • 月間pv3万ブロガー
  • 月間収益5桁ブロガー
  • ブログ二年目
  • 過去に毎日更新一年以上の実績あり。

ブログに関してこのような数字を持っています。

 

もちろん、これらをすごいと思うかどうかは人それぞれですが、「少なくともそれなりにブログを続けてきた人が書いたブログ関連の記事なんだな」ということは分かりますよね。

なお、より数字や実績を強調したい場合は証拠となるもの(画像等)を載せておくとより効果的です。

 

④SNS運用に力を入れる。

多くのブロガーは、ブログとセットでSNS(主にtwittwr)をやっていますが、SNS運用非常に効果的です。

というのも、フォロワーが多ければそれだけ信頼のある人(何かすごい人)だという証明になりますし、RTが多ければそれだけ有益な記事だという証明になります。

 

そのため、SNSで権威性や信頼性を獲得し、それをブログに生かすというのも最近の主流になりつつあります。

興味のある方はぜひブログとセットでSNS運用も頑張ってみましょう。

 

 

まとめ

まとめ

E-A-Tって何?

専門性・権威性・信頼性をまとめた造語で、Googleが非常に重要視するもの。

 

E-A-T要素がない記事はGoogleからの評価を受けにくい…

特に、YMYL領域の記事は要注意!!

 

E-A-Tを高めるには…

  1. 語尾を断定的なものにする。
  2. 引用を上手く使いこなす。
  3. 数字や実績を公開。
  4. SNS運用をセットで行う。

ぜひE-A-T要素を高め、Googleからの記事の評価を高めていきましょう。

 

⇓seoの基礎知識やリライト術はこちらを参考に

検索流入に悩むブロガー必見!検索流入アップを狙えるオススメリライト術!ブロガーであれば、誰しもが自分のブログを多くの人に見てもらいたいものですよね。 ブログのpvを上げる方法はいくつかありますが、代表...

 

こちらの記事もオススメ!