健康・ストレス

暑くなると急に疲れやすくなるは腸内環境に原因あり!?【早めの対策を!】

暑くなると急に疲れやすくなるは腸内環境に原因あり!?.

気温が高くなり夏が近づいてい来ると、

  • 急に疲れやすくなる…
  • バテるような感じがする…
  • だるさや倦怠感が出やすくなる…

このような悩みを抱える方は多いと思います。

 

これらの悩みの原因は、暑さに慣れていないことが一番に考えられ、栄養バランスの取れた食事・十分な睡眠・適度な運動などが対策として考えられます。

しかしながら、実は上記の悩みは腸内環境に問題があるのでは?ということが言われてきているので、今回はそちらについてご紹介していきたいと思います。

 

 

腸内環境と慢性疲労症候群について

ちょっとした気温の変化からすぐに疲れやすくなってしまうという方は、慢性疲労症候群の可能性が非常に高いです。

実際にコーネル大学が2016年に行った研究を見てみると、ちょっとした暑さ(夏バテ)に弱くなる慢性疲労症候群というのは確認されています。

 

とりわけ、現代の日本人は38.7%の人が慢性疲労症候群を抱えていると言われており、その原因の大部分は腸内環境にありという見解が強いです。

というのも、現代の日本人は

  • 野菜不足
  • 食物繊維不足
  • 発酵食品等の不足

などの問題点が挙げられており、これまでにないほど腸内環境の状態が悪いとも示唆されています。

食物繊維の一日の目安量20~27グラムに対し、現在の日本人は13~17グラムしか摂っていないとされています。

 

腸内環境が悪いと慢性疲労症候群の悪化に!

 

腸内環境改善のために摂るべき食事

慢性疲労症候群の原因の大部分を占めているのではないかと言われている腸内環境。

腸内環境改善のためには、

  • 食物繊維の摂取
  • 発酵食品の摂取
  • カロリーの質の高い炭水化物の摂取

これらが重要であるとされています。

 

具体的には、食物繊維摂取のために野菜を普段の2~3倍程度食べること、納豆・キムチ・ヨーグルトなどの発酵食品をしっかり食べることをまずは実践しましょう。

発酵食品は一つのものばかり食べるのではなく、複数のものを摂取する方が腸内環境改善に効果的です。

上記に加え、カロリーの質の高い炭水化物(米、理想は芋)も腸内環境を整えるのに効果的ですので、毎日積極的に摂るように心がけましょう。

 

慢性疲労症候群かも最近暑さで疲れを感じやすくなっているかもという方はぜひこれらを意識しましょう。

これらの実践がなかなか難しい方は、プロバイオティクスサプリビオフェルミンなどの適度な摂取をオススメします!

 

ジャンクフードには要注意

反対に腸内環境改善を目指す際に気を付けるべき食事として挙げられるのが、ジャンクフードです。

いくら上記で挙げた腸内環境に良い食事を気を付けていても、数回ジャンクフードを食べただけで水の泡になってしまうことが知られています。

 

ジャンクフードは基本的に高脂肪+乳製糖の食べ物のため、腸内環境へのダメージが非常に大きいです。

また、その他にもジャンクフードは、生活を怠惰にする・脳にダメージを与えるといった悪影響も確認されています。

【関連記事】ジャンクフードがもたらす悪影響とは?

 

腸内環境を整え、暑さに負けない体つくりをしたいという方は、最低一週間、できれば一ヶ月程度はジャンクフードを避けるようにしましょう。

 

まとめ

  • 暑くなってきて疲れやすくなった
  • これから来る本格的な夏に備えて体作りをしたい

こういった方は、腸内環境の改善を行うことをオススメします!

 

腸内環境の改善は一ヶ月程度継続することでその効果を強く実感できますので、ぜひ根気強く続けてみて下さい。

もちろん、適度な運動と十分な睡眠をセットで行ってあげるとなお良しです。

睡眠
「寝ても疲れが取れない…」の原因は睡眠の”質”にあり!?しっかり寝ているはずなのに、なかなか疲れが取れない… このような悩みを抱えている方はいませんか? もしかしたらそれ、睡眠の”...

 

こちらの記事もオススメ!