健康・ストレス

睡眠に関するQ&A|睡眠に関する正しい知識を身に付けよう!

睡眠 Q&A

ぐっすり寝たい!質の高い睡眠を取りたい!

誰しもがこのような願いを持っていると思いますが、そのためには「睡眠に関する正しい知識」が必要です。

 

そこで今回は、睡眠に関する疑問をQ&A形式で答えていこうと思います。

ぜひ、今回紹介する知識を、自身の睡眠の質向上に役立てて下さい!

 

睡眠に関するQ&A

睡眠 Q&A


Q、睡眠時間って何時間が適切なの?

 

A、ショートスリーパーやロングスリーパーと呼ばれる人を除く、バリアブルスリーパーと呼ばれる人たち(全体の約9割がバリアブルスリーパーにあたります)。すなはち一般的な睡眠タイプの人たちにとっては、7~8時間の睡眠が適切であるとされています。

睡眠不足、特に6時間以下の睡眠は徹夜と同程度とされる研究もあるくらい危険で、その他、病気等のリスクも跳ね上がります。

一方で、寝過ぎも睡眠の質の低下やメンタルへの悪影響を引き起こすため、 注意が必要です。

睡眠時間
睡眠についてよく知ろう! ~睡眠時間編~みなさん、こんにちは。すばるです! 突然ですが、みなさんは最近ぐっすりと眠れていますか? 寝つきが悪い 朝...

 

寝過ぎ 悪影響
体がだるい…その原因は「寝過ぎ」にあり!?寝過ぎで体がだるくなる理由たくさん寝たのに何だか体がだるい… 朝からずっと体のだるさが抜けない… このような悩みを抱えている方はいませんか? ...

 

 

Q、22時~2時は睡眠のゴールデンタイムだから、その時間までに寝ないといけないって本当?

 

A、巷でよく耳にする話ですが、これは半分本当で半分嘘です。

というのも、これは統計上このような結果になっただけで、実際は人によってかなりの個人差があります。

睡眠のゴールデンタイム=寝入ってから3時間が正しい情報で、22時~2時が多くの人にとっての寝入ってからの3時間にあたっていたため、「22時~2時は睡眠のゴールデンタイム」と言われるようになったのです。

そのため、22時~2時に無理に寝るのではなく、自身が寝入ってから3時間に質の高い睡眠を持ってくることが大切というわけです。

レム睡眠・ノンレム睡眠って何?
レム睡眠・ノンレム睡眠って何?睡眠のメカニズムを理解してより良い睡眠を!みなさんはレム睡眠・ノンレム睡眠という言葉をご存知でしょうか。 睡眠のメカニズムに深く関係するものであり、それぞれが睡眠における重...

 

 

Q、どの時間帯に睡眠を取るのが良いの?

 

A、早寝早起きが良いというのはよく耳にする話だと思いますが、全ての人にとってそれが適切かどうかは別問題になってきます。

というのも、私たちは遺伝子によって、(半分近く)適切な生活タイプというのが決まっています。そのため、朝型の人間が夜更かしするのは良くないですし、夜型の人間が早起きするのも適切とは言えません。

結論としては、自分の生活タイプに合った睡眠の時間帯が適切であると言えます。

クロノタイプ 自分に合った生活スタイルを!
あなたはどのタイプ?自分に合った生活タイプを見つけ、パフォーマンスを最大化しよう!朝早くに起きて一生懸命「朝活」をする人 夜遅くまで必死に作業をする人 それ、本当にあなたに合っていますか? 実...

 

 

Q、寝る前のお酒って良いの?ダメなの?

 

A、寝る前のお酒、いわゆる寝酒ですが、結論としては控えた方が良いです。

というのも、寝酒は寝つきを良くする効果がありますが、その反面で睡眠の質を下げてしまう、中途覚醒(睡眠の途中で目が覚める)を引き起こしやすくなるという大きなデメリットが存在します。

加えて、寝酒を繰り返すことで、「お酒を飲むと寝つきやすい」から「お酒を飲まないと眠れない」に変わっていき、アルコール依存症に陥りやすくなります。

お酒は就寝の2時間前に終えることをオススメします!

 

 

Q、週末の寝溜めってOK?NG?

 

A、平日になかなか睡眠時間を確保できず、休日は午前中まるまる寝て睡眠時間を調整という方は少なからずいると思います。

しかし、このような寝溜めで”睡眠不足”を解消することはできません。

『体が一日に必要とする睡眠時間より40分短い睡眠を長時間続けたために溜まった睡眠負債を返済するのに、毎日14時間×3週間もの時間を要した』という実験があるくらいです。

睡眠時間は平日・休日問わず、コンスタントに確保することを意識しましょう。

 

 

Q、しっかり寝ているはずなのに疲れが取れないのはなぜ?

 

A、

  • 成長ホルモンの分泌が少ない。
  • メラトニンの分泌量が少ない。
  • 交感神経のまま就寝に。

などの原因によって、睡眠の質が多く低下していることが考えられます。

睡眠は量×質によって決まるので、睡眠時間だけでなく、睡眠の質にも目を向けていきましょう。

詳しい改善方法については下記の記事から。

睡眠
「寝ても疲れが取れない…」の原因は睡眠の”質”にあり!?しっかり寝ているはずなのに、なかなか疲れが取れない… このような悩みを抱えている方はいませんか? もしかしたらそれ、睡眠の”...

 

 

Q、起きたい時間より早くに目が覚め、眠れなくなるのはなぜ?

 

A、不眠症の一つである早朝覚醒ですが、

  • ストレスに対するケアを行う。
  • 不規則な睡眠をやめて体内時計を整える。
  • アラームが鳴るまで時計を見ない。

というのが対策法としてオススメです。

早朝覚醒 原因と対策
早朝覚醒の原因と対策 ~不眠症を克服し、快適な毎日を!~突然ですがみなさんは、早朝覚醒という言葉をご存知ですか? 不眠症のタイプの1つとされており、『朝早く目覚めてしまい、また眠りたいの...

 

 

Q、なかなか寝つけないとき、どうすれば良い?

 

A、入眠は10分~16分程度が理想の時間と言われており、極端に入眠に時間がかかる方は『シャッフル睡眠法』と呼ばれる入眠法がオススメです。

詳しくは下記の記事を参考にしてみて下さい。

シャッフル睡眠法
スムーズな入眠が可能となる『シャッフル睡眠法』って何!?突然ですが、みなさんは、眠りに付くまでにどのくらいの時間がかかりますか? 入眠にかかる時間は、睡眠の質を見る1つの指標であり、10...

 

 

Q、睡眠の質を上げるために日中できることは?

 

A、睡眠の質を上げるために日中できることととしては様々なものが挙げられますが、実践しやすいものに『4-6-11の法則』というものがあります。

これは起床後4時間以内に太陽光を浴び、起床から6時間後に目を瞑り(昼寝をし)、起床から11時間後に体を動かすというものです。

非常にシンプルなので、ぜひ実践してみて下さい!

4-6-11の法則 睡眠の質を上げる
『4-6-11の法則』で睡眠の質を簡単に上げよう!とある3つのことを守るだけで、良質な睡眠が手に入る。 睡眠に悩みを抱える人によって、何とも興味深い話ですよね。 今回...

 

最後に

睡眠に関する疑問をQ&A形式で答えていきました。

その他、睡眠に関して「これどうなの?」と思うことがあれば、ぜひコメントで質問してください。

僕の知識で答えられる範囲内で答えていこうと思います。

 

今後も本記事は随時更新予定なので、睡眠に関して興味を持ってくださった方はブックマーク等しておいて頂けると喜びます。

ぜひ、良い睡眠で毎日を快適にしていきましょう!

こちらの記事もオススメ!