ブログ関連

strongタグの使い過ぎはSEO的に危険!?太字の正しい使い分けを徹底解説!

strongタグ 使い過ぎ SEO
悩む人
悩む人

・strongタグの使い過ぎがSEO的に危険って聞いたけど本当?

・太字を使いたいときはどうすれば良いの?

このような悩みを解決します。

 

結論から言えば、strongタグの使い過ぎはSEO的に悪影響であるとされています。

本記事の結論は上の通りですが、更に深堀して

  • そもそもstrongタグって何?
  • strongタグの代わりに使える強調タグについて
  • 太字の正しい使い分け方法について

これらを徹底解説していきます。

 

本記事を読むことで、正しい太字の使い分けが可能になり、記事のSEO評価アップへと繋げることができます。

「strongタグって何?」「SEOについて全然知らない…」こういった方ほど必見の記事ですよ!

 

strongタグってそもそも何?

strongタグって何?strongタグとは、文字を太字にして強調できるタグのことを指します。

「strongタグなんて初めて聞いた!」という人は、普段使っている太字のことだと思ってもらえれば問題ありません。

 

strongタグの役割としては、

  1. ユーザーに対し、文字の強調
  2. 検索エンジンに対し、重要キーワードを伝える

こちらの2点になります。

簡単に言えば、読者と検索エンジン(Google等)に「この部分が重要だよ!」と伝える役割を持っていると言えます。

 

strongタグの使い過ぎはペナルティの恐れあり

strongタグ 使い過ぎ ペナルティ
このstrongタグですが、使い過ぎると検索エンジン側に「あのキーワードもこのキーワードも重要だよ」と伝えることになります。

検索エンジン側からすれば、「どれが本当に重要なキーワードなんだよ!」となり、SEO面で悪影響に繋がる恐れがあるというわけです。

検索エンジンが重要キーワードを見極めてくれないと、狙ったキーワードで上位表示することは難しいです。

 

色ペンだらけのノートだと重要箇所が分かりにくくなるように、strongタグだらけの記事も何が重要か分からなくなってしまいます。

strongタグは1本の記事に3つ程度までが良いとされているので、その程度に留めておくように心がけましょう。

 

strongタグの代わりに使える強調タグ

strongタグ 代わり 強調タグstrongタグは検索エンジンに重要キーワードと伝えてしまう恐れあり…

でも、太字は使いたい!

 

そんなときにオススメのタグがこちらです。

〇HTMLコード

<span class=”bold”></span>

〇CSSコード

.bold{
font-weight: bold;
}

このspanタグであれば、文字の装飾(太字)が行え、かつユーザーにのみ文字の協調をすることが可能です。

 

なお、本コードは多用すること間違いなしなので、WordPressの方であればプラグイン「AddQuicktag」に登録しておくことをオススメします。

「spanタグ」以外にも「bタグ」も同じく太字用のタグとして推奨されています

しかしながら、「strongタグもbタグも同じように扱う」とされているので、個人的には「spanタグ」の方を推奨します。

※bタグも検索エンジンに重要キーワードを伝える機能はないので多用すること自体は問題なしです。

 

太字を上手に使い分けてSEO評価アップを!

太字 SEO評価アップ 

SEO評価的にも太字の使い分けというのは非常に大切です。

・検索エンジンに伝えたい重要キーワード
⇒strongタグ

・読者に強調したい部分
⇒spanタグ

というのを意識していきましょう。

 

とりわけ、

  1. 長文にstrongタグは使用しない
  2. キーワード以外にはstrongタグは使用しない

この2点は気を付けるようにしましょう。

 

ぜひ上手に太字を使い分けてSEO評価アップを目指しましょう。

 

こちらの記事もオススメ!